あの日、初めて握った君の手は、
夕焼けのように温かかった。
僕らはなにも話せずに、ただ歩いた。
夕焼けが、やけに綺麗な空だった。
君の頬が夕焼け色していた。

夕焼けを見るたび、君のことを ....
君と話すのはいつだって楽しい。
図書室のなかで、校庭のすみで、僕らはたくさん話をした。
君は僕の疑問へ無理に答えを与えたりはしない。
君は、分からないということを風に揺れる風鈴のように愛している ....
君の瞳が不思議。

君の声が不思議。

君の笑顔が不思議。

君の強さが不思議。

君の美しさが不思議。

君の優しさが不思議。


野良猫みたいに不思議。

夕焼けみた ....
僕は人間的でありたいなんて思わない。
人類の一員という言葉が、あまり好きではないから。
僕は僕らしくありたいなんて思わない。
僕らしさが、僕を窮屈にしてしまう気がするから。
僕は風でありたい。 ....
格好つけるのはやめた。
小難しい詩を書くのはやめた。
都合の良い言葉で本心を隠したり、思想で自分を強くみせたりするのもやめた。

仮面としての言葉を捨てて、心から君と話したい。
武器としての ....
忘れっぽいので損をしている気がする。
すごく良い言葉を思いついたのに忘れてしまった。
その忘れてしまった言葉で良い詩が書けたはずなのにと悲しくなる。

だけど、忘れてしまうからこそ思い出すこと ....
君が歌だったら、いつまでも君を聴いていられる。
君が絵だったら、いつまでも部屋で眺めていられる。

だけど、君が人間でよかった。

僕の想像を越えていく、
歌にも絵にも留まれない君でよかっ ....
私は、書かない。一文字たりとも書かない。何があろうとも、絶対に、絶対に書かない。

あの春の出会いについて書かない。
あの夏の思い出について書かない。
あの秋の大喧嘩について書かない。
あの ....
君と一緒に夜空を見上げる
まだまだ青い地球を照らす、白い宝石のような光たち
証明する必要もないくらい、世界は美しい
誰もがきっとその笑い方を知っている
今日、君に会うことができて、
明るい夜 ....
音に揺れる木々。言葉も知らずに、歌を歌っている。
わたしもまた、歌を歌っている。歌うことで歌の意味が分かるような、そんな歌を。
生きる意味もまた、生きることでしか見つからないのだろう。
そん ....
今日は詩を書きたい気分なのです。
今日はとても良い詩が書けそうな、
書いているうちに、なにか新しいことを思いつきそうな、
そんな気がするのです。

そんな気がするけど結局書けませんでした ....
朝陽の「おはよう」って声に「おはよう」と返す。
雨の日にカエルの人生相談に乗ってあげる。
自分の身体より大きなパンケーキをみんなで食べる。
そんな絵本みたいな暮らしがしたい。
僕たちは、また新しい朝陽に出会うだろう。

僕たちは、また新しい夜空に出会うだろう。

僕たちは、また新しい言葉に出会うだろう。

僕たちは、また新しい自分に出会うだろう。

僕た ....
題名のない詩には、名前がありませんでした。
題名のない詩は愛されました。題名がないというだけで、読者にとっても、作者にとっても、なんだか特別になるからです。
題名のない詩は、名前が欠けているという ....
僕らは世界の中心に立っている。誰もが世界の中心に立っている。
無数の世界の中心は同じ場所へと繋がっていて、だから実はみんなとっても近くにいる。離れ離れになんか、なれない。
君の瞳の中で、世界が ....
僕たちの生活を越えて軽やかに言葉が飛んでいくのを見ていた


宝石のような言葉ひろい集め短歌という名の首飾りにする


聞いたことないような言葉ふと呟くあの人にずっと憧れている
詩を書きたい。
はじまりを告げる詩を書きたい。
安心を与える詩を書きたい。
温もりのある詩を書きたい。
おわりを惜しむ詩を書きたい。

誰かの心に少しでも住めるような、そんな詩を書きた ....
「僕だけのものだ」って言葉思う度虚しくなるので君にもあげる

僕たちは言葉の種を温めてこの寒い季節乗り越えていく

絵に描いたみたいな空を飛んでいく飛行機に乗る人が見る空

手をつなぎ ....
僕は、変われないと思っていた。
変われないことが、悲しかった。

僕は、変わった。変われた。変わってしまった。
それでもたまに、悲しいこともある。

変われないと思っていた僕の手を、今 ....
ビー玉とは不思議なものである。人工的なもののはずなのに、オーロラのような、雪のような、星のような、魂のような、そんな雰囲気を漂わせている。
ビー玉は、ロマンチックで、霊的で、生きていくうえで ....
空に落ちて行きながら君の夢を見ている。


「あなたもちゃんと笑って生きるのよ」
君はそう言ってかなしく笑った。


さようならが嫌いな少年は無言で下を見る。


どんな本でも ....
月の見えない夜に川岸にいる
水面にはさかさまの空が微かに映っていて
まるで鏡の世界にいるみたい
水の音に耳をすませば
鏡の向こうから声が聞こえた気がした
月は、地上から見えなくたって雲の ....
夜、あなたは夢と現実を行き来する
目を瞑っても、光が見えるのは何故だろう
あなたの瞳のなかを星々が流れ
夜空は瞼を閉じた
かつて仲の良かった人たちとは、夜空の星たちのようにちりぢりに離れた場所で暮らしている。
一緒にいた頃のことを懐かしんでいると、寂しくもなるけれど、別にそれでいいのだ。
きっとみんなどこかで光っ ....
桃太郎読み聞かせつつ桃食す

月食をひとり眺めるかぐや姫

約束の通りに開けない玉手箱

シンデレラ灰のなかから蘇る
僕は、シンプルになりたかった。ひらがなになりたかった。
ひらがなになれたら、悩むことはないだろう。苦しむこともないだろう。
悩みはなやみに、苦しみはくるしみになって、隣の文字たちと混ざり合って ....
夏休み明けの初日、登校すると椎名の背中から虹が生えていた。
「天使かな?」
「たっくんいきなり何!照れるじゃんー」
「いや、可愛いということの比喩的表現じゃなくて、超常的な存在かな、の天使かな、 ....
何故だろう君と一緒に居るだけで曇っているのに街が輝く


遊園地テンション上がりすぎた君地球にはない言葉を叫ぶ


「教科書を食べれば賢くなれる」と言う君はバカだなほんとに好きだ
真っ白なノートの世界に降り立って黒鉛の羽根をばら撒き進む

いつの日かあなたに褒めてもらうため僕はこうして詩を書いている

短歌書く女の子から溢れだす音と言葉と愛と眼差し

花のように ....
君に会えたら、どんな話をしよう
自然体で話せるような
つまらない笑い話がいいな
水宮うみ(435)
タイトル カテゴリ Point 日付
君みたいな夕焼け自由詩3*18/1/12 19:27
夏の話自由詩5*18/1/9 17:53
不思議自由詩3*18/1/8 21:03
自由詩3*18/1/6 11:44
やめた自由詩2*18/1/4 20:25
すごく良い言葉を思いついたのに忘れてしまった自由詩4*18/1/1 19:31
リンダ自由詩1*17/12/30 10:26
書かない。自由詩10*17/12/22 20:30
明るい夜自由詩017/12/17 9:20
たましいは風に乗って自由詩1*17/12/13 6:23
今日自由詩017/12/12 19:19
暮らし自由詩2*17/12/2 18:59
出会える自由詩4*17/11/18 20:54
題名のない詩自由詩3*17/11/16 19:33
せかい自由詩017/11/12 18:17
言歌短歌3*17/11/9 8:06
詩を書きたい自由詩3*17/11/5 17:15
君にもあげる短歌1*17/10/28 12:53
自由詩4*17/10/24 19:26
ビー玉散文(批評 ...6*17/10/11 12:32
きみ自由詩2*17/10/3 15:58
月夜自由詩4*17/9/4 17:33
自由詩0*17/9/3 15:42
僕らはひとつの星座自由詩2*17/9/3 12:57
あるところにて川柳1*17/9/1 19:02
平仮名自由詩12*17/9/1 7:27
天使かな?散文(批評 ...1*17/8/24 19:28
君は天使短歌4*17/8/24 19:27
短花短歌1*17/7/30 13:26
自由詩0*17/7/30 8:34

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「君みたいな夕焼け」から「話」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.6sec.