絵のような明るい窓に君がいる

くすくすとくず湯を飲みながら笑う

雪なんて降らなくてもいい冬がある
もう、曇ることのない空が、
心のなかで泣いている。
なんどでもあの子のように笑うんだ

この星は月といっしょに生きている

未来でも未来へ夢をみていたい
友達を笑顔にできたらうれしいね

海だって一人になりたいときもある

あたらしいさよならとして雨がふる

僕達の部屋は明るい夜でした
進歩などしていないけど、歩いてる

目指される人になることを目指さない

いい夢を見れますようにと夢みてる

親愛なる手紙へ手紙を綴ろうか
君と私に世界はなかった 。
口を開いて世界を閉じて私も君も異なった話し方で世界を外れた言葉が声が異なるのほんとね 。
消えていく私が君に消えていく君が私に話したこと世界にない。。 綺麗だから消えな ....
君が笑うと僕の寿命が伸びるから、
僕はどうやら長生きしたいようです。
おしまいの先で出会った物語

文脈で星を繋げる帰り道

余白のなか 猫がすやすや眠ってる
だれもいない実験室に雪がふる

可能性ゼロにはなれずに暮らしてる

良いことがなんにもなかった日のココア
すこしだけ君が笑顔になれた町

本当の大丈夫になるための旅

星空を初めて家族で眺めてる
夢を見るために毎日眠るんだ

目の前の地下鉄がチカチカ光る

少しずつ自分の夢を知ってゆく
大切に 消えてしまうかのように読む

絵の中であの娘が冬を描いている

風邪気味の風とマフラー半分こ
切り札の星空をつくる傘を差す

泣き止んだあとの無限色のひかり

あたらしい なつかしい飴を買ってみる
さよならは綺麗だったね。
少し季節がおとなになるような、私達にだけ吹く風だったね。
だけどそんな風を、私は知りたくなかったよ。
美しく物語めいたさよならなんか、別れとの出会いなんかいらない。
 ....
あなたは完成品にはなれない。
あなたを、鑑賞することはできない。
どれだけ頑張っても、あなたはずっと不完全なままで、
その毎日は決して完成品にはならない。

だからどうか、誰かが何か言ったっ ....
初めての恋をしているひとの声

ものすごく笑顔なわたしになっている

ゆうがたの猫にささげるかつおぶし
ひかりを知らないわたしはただ、あなたの風景になりたかった。
あなたを少しも知ることのない、言葉として。
好かれなくても好きになれなくても構わないけれど、
知らないままで通りすぎるのは嫌だった。
 ....
あの街でわたしは月を待っていた

空想が列車になって旅になる

なんどでも君の笑顔へ恋をする
あなたには雨は全然似合わない

水底に綺麗でかなしい夜がある

傘を差す 君の涙を守るため
目をとじて夜を待つから大丈夫

街の中 想像力が暴れてる

とりあえず次の駅まで起きててよ
画用紙に緑でおとうさんを描く

ひまつぶしに雲のかたちで遊んでる

きみの日はきみに出会えた日のことだ
歩いてく良い子の眠るこの星を

きみが来た晴れた夜からまっすぐに

現実と夢のあいだの空だった
僕たちの声を僕らが聴いている

あなたへの恋にわたしは従うよ

樹みたいに綺麗な色でそよいでる
あの夜の彼の涙をみてた星

十年も経てば未来が今になる

太陽のような黄色い傘をさす
いっせいに糸を離したわたしたち

電灯がおやすみなさいと僕に言う

生きていく為にあなたに恋をした
可愛くなることで生き延びた君が、いつか、
醜く泣けますように。
可愛さ以外も、愛されますように。
振り返ると夕焼けだった。
鼓膜を揺らす色。
青が茜に、茜が藍に移ろっていく。

未来できっと私は、いまと違う音でピアノを弾く。違う耳で曲を聴く。
その風景は、いまもピアノの内で眠っている。
 ....
水平線を描く、言葉のない雑談。
色が飛んでいく、星のような瞬き。
風の夢が漂う。丸くねむる夏。
朝のにおい。

君の絵に出会って初めて、絵に出会って、君に出会った。
世界をわすれて、ずっと ....
いつものようにとなりに座る


夕焼けのなかさよならをした


時はゆっくりふたりを変える


すべてのような恋をしていた
あたしは、もうなにもしない。
きょうこそ、かならず、なあんもしない。
勉強もピアノも、いぬの散歩もなぁんにもしない。
あたしはっ! なにもっ! ひとつもっ! しない!!
ぜったい! ぜっったい ....
水宮うみ(493)
タイトル カテゴリ Point 日付
冬に笑う川柳2*19/11/3 21:01
晴天自由詩1*19/10/31 10:33
憧れ川柳2*19/10/30 22:44
日々の中川柳1*19/10/30 22:39
愛への愛川柳1*19/10/30 22:37
ね 。自由詩1*19/10/28 15:31
長生き自由詩2*19/10/26 18:16
読書川柳6*19/10/26 2:20
ないではない川柳3*19/10/23 17:59
川柳3*19/10/19 18:42
知らないものを見る川柳2*19/10/19 18:39
お大事にする川柳3*19/10/18 16:56
光る雨川柳2*19/10/18 10:00
さよならをしたくなかった自由詩4*19/10/18 4:49
あなたとおやつを自由詩2*19/10/15 7:35
ゆうがた川柳2*19/10/13 17:02
あなたの風景自由詩4*19/10/13 6:49
あかるい月になる川柳1*19/10/13 6:47
みずいろの夜川柳2*19/10/11 21:47
現実で眠る川柳1*19/10/11 19:38
きみの日川柳2*19/10/10 20:25
あいだ川柳1*19/10/10 19:29
川柳2*19/10/9 18:49
太陽のような川柳1*19/10/9 7:58
空の命川柳1*19/10/6 18:10
可愛さ以外自由詩2*19/9/13 6:03
ピアノ自由詩3*19/9/7 7:44
君の絵自由詩3*19/8/31 7:51
またね自由詩4*19/8/22 3:51
なにもしない日自由詩4*19/8/19 17:07

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「冬に笑う」から「なにもしない日」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.47sec.