可愛くなることで生き延びた君が、いつか、
醜く泣けますように。
可愛さ以外も、愛されますように。
振り返ると夕焼けだった。
鼓膜を揺らす色。
青が茜に、茜が藍に移ろっていく。

未来できっと私は、いまと違う音でピアノを弾く。違う耳で曲を聴く。
その風景は、いまもピアノの内で眠っている。
 ....
水平線を描く、言葉のない雑談。
色が飛んでいく、星のような瞬き。
風の夢が漂う。丸くねむる夏。
朝のにおい。

君の絵に出会って初めて、絵に出会って、君に出会った。
世界をわすれて、ずっと ....
いつものようにとなりに座る


夕焼けのなかさよならをした


時はゆっくりふたりを変える


すべてのような恋をしていた
あたしは、もうなにもしない。
きょうこそ、かならず、なあんもしない。
勉強もピアノも、いぬの散歩もなぁんにもしない。
あたしはっ! なにもっ! ひとつもっ! しない!!
ぜったい! ぜっったい ....
ゴーヤが実る光のなかで

君と一緒にパンダをみてた

日々の出口で夜空は暮らす

青いから海になったりもする
みとれていたのは恋をしたから

朝のひかりで空の詩を書く

手紙のように話をしている

風にはきっと心があった

紙ひこうきで何度も出会う
自転車のないなつやすみ

扇風機よりも強そうな人

夜には秘密基地になります

ひと夏を蝉は歌った
君のいない詩を書きたい。
君がいないと書けないようじゃ、僕は僕と向き合えないから。
心の中の君が、ぜんぶ詩になってしまうから。

君から、言葉にならないものをたくさん貰った。
それは僕を詩に ....
君が心をおしえてくれた

今でもたまにCDで聴く

毎日に君の音楽がある

ちょっと浮かんで聴いた新曲
心のなかに雨が降ってる

一人で建てたおとぎ話だ

鉛筆みたいに直ぐに無くなる

心のそとで蝉が鳴いてる
色鉛筆で君を想った

綺麗な夜だ絵画みたいに

あなたを描いたひたすらにただ
愛を言葉にするために未来がある。
そう信じられたのは、きみの歌が好きだったから。
相も変わらず、夜が来る。
日々の最後に灯が消える。
布団の中でラブソングを聴いていた。
ぼくの毎日に朝陽が昇 ....
夜空のように存在している

幻として君がほほえむ

夏が澄んでく 青がひろがる

あなたの代わりにおとなになった
お日さまが毎日沈むのは
きみがぐっすり眠れるように

お日さまが毎日昇るのは
きみがたくさん遊べるように

おやすみなさい、またあした
お日さまが言ってるよ
君の笑顔に星が住んでる

それからずっと星と暮らした

すべての星に神さまが居る

星のあなたが空に手をふる
「すみません、これは、電車という手首、流れる腹で、通常も足、夜に目なのに頬を待ちました、ですか?」
「はい、これは、電車という手首、流れる腹で、通常も足、夜に目なのに頬を待ちました、です」
「あり ....
君を思い浮かべると、君の口笛も一緒に浮かぶ
楽しいとき、嬉しいとき、君は決まって口ずさむ
どこかで聴いたことがあるような、その場限りの人懐っこい旋律を吹く
息とメロディーだけのとっても素朴なその ....
絵本の中で星を探した

月のみえない夜のかみさま

あの子がすこし泣いた日の夜
青色が麦わら帽子に恋をした

降り積もるあなたの愛でねむる姫

サンダルと月夜が似合うお父さん
心が言葉を作った。心と心が、話し合うため言葉がうまれた。
心は心から話す。時折心にもないことを話しつつ、話したいことを話す。話したことが話したかったことになる。
僕はもう、心にもないことは離そうと ....
なんとなく目からビームを出してみる

僕たちはマックに行くのを諦めた

落書きの中で何度も恋をする

ときどきは泣いたりもするお月さま

犯人はきっと我が家の猫ですね

火星へと祈 ....
君が言葉に詰まった、数秒間。
その時間を、僕はきっと死ぬまで忘れないと思う。
僕にとってあの瞬間は、人に心があることの証明だ。
世界が美しいことの証明だ。

悲しみとは未だに仲良くできない。 ....
優しくなりたいとは思わない。優しくなくても、構わないと思う。
人生で人に与えられる優しさには、きっと限りがある。
無理に優しくしようとしても、限度を越えると押し付けになるように感じる。
僕の優し ....
今のあなたは、自分を否定したくなるくらい悲しいんだね。
涙も出ないくらい、つらいんだね。
でも、わたしはあなたが好きだよ。
わたしの心に、あなたが花を咲かせてくれたよ。
あなたがあなたを傷つけ ....
平成の風景を、今でも時々、夢にみる。
あの頃の僕らは、別に輝いてなんかなかった。格好よくなんてなかった。
それでもふいに、あの頃の僕に、会いたくなるときがある。あの頃の君と、話したくなるときがある ....
猫の手に触れてるときだけ良い人です

なにもかも夜にまぎれて寂しいよ

さよならにふわっと花が降ってくる

たんぽぽはずっと消えずにここにある
いつか、きっと忘れていく。
雨雲がときどき、力をかしてくれたこと。
窓の向こうに広がる夕焼けが、美しかったこと。
きみがぼくの心を、やわらかい色に染めてくれたこと。
思い出さなくなっていって、 ....
変な曲ばっかり勧めてごめんね 上手にコミュニケーションがとれないこと。
常に公平な立場ではいられないこと。
自分も他者も完璧にはなれないこと。
ぜんぶひっくるめて、笑えたらいいね。
水宮うみ(438)
タイトル カテゴリ Point 日付
可愛さ以外自由詩2*19/9/13 6:03
ピアノ自由詩3*19/9/7 7:44
君の絵自由詩3*19/8/31 7:51
またね自由詩5*19/8/22 3:51
なにもしない日自由詩3*19/8/19 17:07
愛されている自由詩4*19/8/17 9:55
紙と暮らす自由詩13*19/8/14 3:56
夏のかけら自由詩3*19/8/11 5:42
君のいない詩自由詩2*19/8/10 19:07
君の音楽がすき川柳2*19/8/5 18:38
夏じゃない部屋川柳1*19/8/4 20:49
絵のなか川柳2*19/8/3 15:37
ラブソングの日自由詩019/8/1 17:20
歳をとらない彼女の歌を聴いている川柳2*19/7/30 20:00
お日さま自由詩3*19/7/21 20:55
日々の星川柳3*19/7/11 19:36
いいえ自由詩2*19/6/17 18:28
口笛自由詩1*19/5/29 20:27
ぼくと夜川柳5*19/5/20 18:36
想った所存川柳2*19/5/19 11:41
話す自由詩4*19/5/16 0:10
てってれー川柳5*19/5/12 19:40
自由詩1*19/5/8 7:44
自由詩2*19/5/7 20:09
花とあなた自由詩1*19/5/4 17:35
平成自由詩1*19/5/3 5:45
手を振っている川柳1*19/5/1 19:59
とけていく自由詩1*19/4/28 16:54
恋人へ自由詩019/4/25 20:27
暮らす自由詩1*19/4/25 6:32

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「可愛さ以外」から「暮らす」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.