昼が翻る。

靴が覆る。

夜が、甦るときに。
だれかの言葉について考えることが、ぼくにとっての詩だった。

耳を澄ますこと。きみが笑ってみせること。

いつかは消える声がここに届いて、

星の光がすきだと思った。

詩を書くと、あ ....
僕らの時空は伸びたり縮んだりしても繋がっていて、
気付かないうちに遠い時空の自分を助けていたりもするんだろう
きみが恋になったみたいで、
ぼくの心がずっと変。
私たちは、星と星とを線でつないで、名前を付けることができる この世界で君が笑った 感情が歩けないまま暮らしてる

あの海へ静かに向かう白い雲

欲しいもの沢山あって、悲しくて

きみの紙ひこうきが未だ刺さってる
吐く息は気体になった私です

人間と機械のあいだに吹いた風

未来には、今より多い過去がある

誰もみていないテレビが寂しそう
開店とともに回転するお寿司

コーヒーのホットを飲むとほっとする

カッコいい恰好をして学校へ……
あのひとが「いいね」を押してくれたからずっと消せずに、残るつぶやき みんなへ挨拶するみたいに風が笑った お金じゃ買えない、掛け替えのないものを、私はきみから貰ったんだよ。 世界には、まだ誰も知らない素敵なものがたくさんあることを、私は知っている 深海の音がきこえる夜の風

目をとじて遠くのきみを思い出す

夜の空で無数の宇宙が瞬いた
あなたがいない日々は、まるで余白みたいだ 弟に飴をあげたら喜んだ ちなみに私に弟はいない

冒険が好きなあの子は非自明なことに瞳を輝かせている

この家に猫といっしょに住んでいて、ときどき本を買ったりしている
あの頃の僕には星にみえたんだ

ゆっくりと夕陽に染まるユートピア

くらやみに光を描いてくらそうか
僕の部屋は、散らかってなんかいない。
たくさんの物で満たされていて、入れないだけ。
「ゆ」という平仮名は魚の形に似ている
銭湯の暖簾は、人がくぐるとはらりと泳ぐ
世界中の笑顔の全てが、威嚇を起源にしているとは感じられない。
あの子のけらけら笑う姿に、敵がいるとは思えない。
こころが空っぽになったので
なにも考えずに眠った
この星にある夜の余白へ静かな星を書き足してった

気付いたときには気付いてたんだ無意識的に意識していた

生き物たちが暮らしてるからこの世界には声があるんだ
文字のなか 遠い誰かの空がある

満月は昼のひかりを知っている

少しだけあなたみたいになれたんだ
昨年とおなじ惑星で暮らしてる

メモ帳を持って散歩に出かけます

おっちゃんが犬と全力で走ってる
生きてれば、きっと毎日が誕生日

雨の日に何故かあなたは晴れやかだ

少しずつ冬の私に変わってく
僕は、君が喜ぶような冗談をずっと考えている。
冗談を君と言いあう時間が、冗談みたいに楽しいから。
笑いながら楽しそうに話をする君が冗談みたいに大好きで、
その気持ちは、冗談にしたくないなと思う。
宇宙へと想いを馳せる宇宙人

詩のような話をしてる待合室

無邪気さを隠せていない男の子
世界より大きな夢をもっている

おやすみの後でめちゃめちゃネットする

来世でもしょうゆラーメン食べたいな
朝焼けを見ながら食べた卵焼き

この風に去年も触れた気がしてる

青色がのんびり過ごす晴れた空

夕焼けに町はほんのり大人びる

真夜中が夢のむこうで待っている
音楽に身を預けている電車内

生き物としてこれからを暮らしたい

視力など使わなくても視えるもの
水宮うみ(493)
タイトル カテゴリ Point 日付
明日自由詩3*20/1/20 17:37
詩と自由詩3*20/1/18 6:14
流しそうめん自由詩2*20/1/13 19:52
ずっと自由詩1*20/1/11 17:31
光年自由詩3*20/1/10 18:07
自由詩0+20/1/4 17:43
歩きかた川柳2+*20/1/1 15:42
この固体川柳2*19/12/28 18:11
日々の光川柳1*19/12/28 18:09
つぶやき短歌4*19/12/25 6:18
そういう風自由詩1*19/12/23 17:16
かえない自由詩2*19/12/23 11:31
未知の知自由詩2*19/12/19 17:01
夜は星川柳1*19/12/11 10:44
詩集自由詩1*19/12/8 8:37
身近な短いうた短歌1+*19/12/7 16:52
夢ゆき川柳1*19/12/6 22:02
満室自由詩1*19/12/6 18:28
自由詩3*19/12/5 9:22
無敵自由詩1*19/11/29 22:54
そうした自由詩1*19/11/26 9:17
明るい自由詩4*19/11/19 16:48
穏やかなひかり川柳1+*19/11/16 16:31
走ってる川柳1+*19/11/13 16:08
つづき川柳2*19/11/11 18:47
冗談自由詩4*19/11/9 19:56
名前を知らない川柳3*19/11/8 19:17
予定川柳2*19/11/7 18:18
一つの一日川柳5*19/11/5 19:48
生き物として川柳4*19/11/4 20:06

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「明日」から「生き物として」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.34sec.