にぶく青の詰まった脳細胞から
あしたがうまれてくるのを
僕はずっと待ってる

なにかとなにかがごつんこ
している僕の頭の中では
今しがた白鯨が飛んでたところだ

這いずり回 ....
裸で種をまく裸婦 彼女はきっと売春婦だろう。
僕の手から落ちた木炭が弧を描いて床に衝突する

透き通るカーテンを捕まえてその中に顔をうずめる
までの時間の間じゃ何も悟りきれない

 ....
つむじ風 ふらふらり。
徒歩、徒歩、と泣く
みじかく息を吸えば吸うほど
僕の胸は最大浸透圧に耐えられなくなって

空が広いのはなぜですか

隠してる命のその数か
真綿に首を絞められてい ....
名も知らない鳥が空を切り裂いて飛んでいく
(あ、鳥だ)
隣に立っている人が言う
声の無い声

(本当だ、でもあの鳥が何と言うのか私は知らない)
想像空間上の問答

そうだったらロマンチ ....
空に 浮かぶ

心臓の ひとつひとつ は燃焼して

その光の 落穂 から 聞こえる リズム

確かに 囁き 唄う 

あたしは  あの声を 聞いていた

一 ....
 



 

 人間の心臓には

 部屋がいくつあるのだろう

 あたしは今日も 生まれたんだ

 小さな部屋の中に

 身体の中で
 
 赤く

 動いて

 ....
あたためて 少しだけ

おかしいでしょ こんなのは

あたしはあたししか愛していないって

誰が言うの

あたためてよ 冷たい毛布

壊れる少し前に望んだ空の色が

煤 ....
絶え間なく 揺れ動く 空間

絶え間なく 生まれ変わる 情熱

一秒一秒 どの時も 細切れの時間の中に

産み落とされては 腐っていく 感情

ほら また生まれて

泡のよ ....
ねえ 聞いてよ

とても素敵な 夢を見たの

上手くは まだ言えない けれど

あの ただひたすら続く 心地よい 感触


ああ ね あたしは 一人の 人間で

それでも 良く  ....
窓を 開けて

雨雲が 遅れた子供の 手を引いて

流れて 行くよ

短い 指で 数えた 夢は

濡らされて 確かな物など なくなった

 外は 声枯らしの 風が 吹いている
 ....
氷で出来た 女の子は

暖かい掌に 乗せられると 融けてしまう

透きとおった ものへ 還って

無くなって しまう

もし あたしが あたしである ままを 望んでくれるのなら
 ....
音楽って 素敵

この 身体が 有る事を

あたしが あたしでしか 無い事を

暫くの間 忘れていられるから

もし 理想郷が あって

何でも 思いどうりに 造りかえる事が 出来 ....
黄緑色の 幻想達

食い尽くされた 穴だらけのキャベツ畑の辺で

取り残された 蛹 は唄う 昨日までに見た夢を

甘い花の蜜の匂いも 此処までは届く事は無く

青くて冷たい匂いのす ....
遠い 遠い 冬の国

もし誰の足音も 届かない様な

そんな国が 在るのなら

一人 足跡も無く 消えてしまおう
 
其処に 生きる白くて無機質な 父の木の

固く閉ざされた 蕾の ....
赤く 深く

人の罪を知った瞳

青く 煙り

瞼の上で錆びついた空想




冷たい犬のように

空見上げて感化される事をとめて

今度こそ本当に

溶け出そう
 ....
i don't wanna so much pain.
i don't want to konw more tears.
'cause i can't hold it any more.... ....
まるで琥珀の空気
空間の上澄みに
自我は存在しなかった

あの空の色と
嗚咽を繰り返す
空間の心臓
それこそ この
肉体 初めから
存在し 無かったもの


ここよりはじまり、 ....
感情の底を 
両手に掬い
泥の船を捏ね
漕ぎ出でようと仰ぎ
ソラを象る繊維は翻る
そこに歪む黄金の
虚ろな一つ目鬼が
無邪気な一人遊び
指差しごっこ
あの第二関節に
止まっている極 ....
ながれるものを受け止める時
砕かれる自我と知らぬ顔のミミズク
其の目に見入られる真空の闇だ
内泣く子抱きて己が頬叩き
細胞沸く熱 夜を灯す


イタイ イタイ イタイ
最大浸透圧の手前
咽喉より吐シャ物もしくは胃
 
−何も知らないコバルト・ブルウな鳶色に嫌われてしまうよ −

大車輪の自転車追いかけてる
あの女の子本当はピンクが好きな

そして夢
 ....
100円ドロップ
100円ドロップ・アウト
円ドロップ・アウト・サイダー
 
忘れた頃に 蝿
飛んで火に落ちる夏の虫
何も無い 何すら無いよな
ピンク色した 唇


咽喉から 吐く ....
赤い感情線と
青い感情線の
交わる先で
蛍光灯に揺らめく 影

まるでだれも気付いていない
まるでだれも存在を認めない

寄生することをゆるさない
この 手のひらの
翻されたときに ....
自我の無欲を知れ
何者でもない声を発する
雪と似た咽頭音
一点の曇りも無く
降り積もれ

欲望の先
掲げられた理性の
希薄なる存在感

撃ち砕け
己が身の希薄さを
水銀にも似た ....
コップしかない家
水とともに夜を
飲み干す家族

幸せでしかない事
テア・ドロップ
みたいな形

月が風に
たなびいて
夜明けのいろした
足長を待っている。
自分が残して死ぬだろうもの
自分が生み出して死ぬだろうもの
されとてやがては死に行く

私の内臓を喰らいなさいと
母は嘯く。

されとて死に行く者どもよ

無駄に唄うな
徒に打たう ....
太陽が驚くほど白い
狂という非
今日という日
それは
抉り出された
罪と空腹

服を着ないで歩く
その目から
濁った流線型
黒いかかと
にらみつけたブーツ
鉛のようにぶつかって ....
手つなぎ鬼がぐるぐるまわってこっち見て笑う
鬼はどちらかなんて分からないと答えると
かけた歯を見せてうれしそうに笑う
ぼくにはそれがとても無邪気に思えた

鬼さんこちら手の鳴る方へ

小 ....
僕の喉は小さな箱に入っていて
それはきっと小さなことだろうと思う

君の喉は箱には入っていないんだね
はじめて見たものをは、じ、め、て、
って声に出来るの?

夜になると夕焼けが歩道橋を ....
水底にそっと触れると感情線が走っていて
僕の過去は沈むたびに息継ぎをしている
腫瘍のような実を実らせてる昼間の空気

(そうですか、から会話は始まって)

何も無いという事を研究し ....
夜が色彩を放ちながら
あめふらしを待っている
鍵をなくされた僕は
近づいても遠ざかっても
同じ場所にいる

牛の頭骨をかぶった
悪魔が迎えに来るよ
君と同じ足取りとそのテンポ
ゆ ....
ねろ(37)
タイトル カテゴリ Point 日付
にぶい青:僕らの考察自由詩009/7/29 23:04
最後の夜自由詩109/7/19 1:41
春の殺人者自由詩109/5/29 17:35
無題22(敬具)自由詩108/5/21 9:40
無題21自由詩308/4/1 23:24
無題20自由詩108/4/1 23:22
無題19自由詩208/3/24 7:59
無題18自由詩108/3/24 7:55
無題17自由詩308/3/12 0:13
無題16自由詩308/3/12 0:10
無題15自由詩008/3/3 20:35
無題14自由詩008/3/3 20:33
無題13自由詩008/2/4 23:17
無題12自由詩008/2/4 23:15
無題11自由詩008/1/25 20:35
無題10自由詩008/1/25 20:34
自由詩008/1/21 21:47
無題09自由詩008/1/21 21:45
無題08自由詩208/1/13 5:06
無題07自由詩108/1/13 5:04
無題06自由詩208/1/12 2:56
無題05自由詩108/1/12 2:47
無題04自由詩008/1/12 2:45
無題03自由詩208/1/10 20:38
無題02自由詩008/1/10 20:36
無題01自由詩1*08/1/10 20:35
手つなぎ鬼の足音未詩・独白7*07/7/13 18:02
ギグル未詩・独白3*07/7/3 3:59
髭剃り いろんな人間の平日未詩・独白6*07/4/28 9:47
逃避未詩・独白5*07/4/21 23:49

Home 次へ
1 2 
0.52sec.