すべてのおすすめ
静かな風が吹き始めます。感情は涙の滴り。イバラの花びらはぼくらを遠くに抱きます。ようやくちいさな春がきましたが、ようやくきたちいさな春は、白い舗道の悲しい小学校に続いていました。香りの道にそって、夏の ....     私の瞳は濁った緑
    私の指は三本しかなく
    私の髪は闇の捨て子だ
    私へ向かうすべての心は
    空の貝のようにねじくれている
    本当の心は ....
通勤電車から見えるいつもの煙突
15時になると渋滞するバス通りの十字路
新幹線の車窓をすべる田園風景
飛行機から望む眼下の蛍火
きみは今なにしてるだろう

日常を台風一過
剥げ落ちたシャ ....
何年も
荒れはてていた庭に
野菜の苗が植えられ
植木鉢の
マリーゴールドが置かれた


母と父が水をまいて
コンクリのように
馬車道のように押し固まった土を
いくぶんか、柔らかくさ ....
庭先にバイクの部品
雨に遊ばれて
貝が話す声を聴く

雲はただ
自在さに気づかず
恵む心が溢れて
太陽を説く

転がる部品が
小さな光を生むことをやめ
ただ風が吹けばいいと
雫 ....
どうでもいい、が腐っていく。干乾びた太陽がぼくを揺らして、さよなら?
口調を真似てしまったがために、思い出した。
要らない、から好きだよ、までをフォローして下さい。そして出来るならあの坂道の全てに ....
生ぬるい屋根裏にあがると何かのぬけ殻がそこにある。
僕が入れそうなくらいにそれは大きい。
「入ってもかまわんのだよ」とぬけ殻は言う。
僕は少し考える。
やはりそれは間違ったことだ、と思い遠 ....
「ノーミスの人生なんてつまらない」

という川柳なんだかアフォリズムなんだかわからない
しかし断じて詩ではない
言葉、を
得意になって語る人を
先生、と
呼ぶ身にもなってくれ

 ....
冬からようやく春になります
夜空がもう春になりました たぶん
桜がもう芽吹いています
知っていますか
東京、よりも半月も遅い


川の流れは順調です
これ以上ないほど順調です
その先 ....
桜の下のあるあるさんとこの探検隊の


桜の下の
あるあるさんとこの
探検隊の
住んでいるマンションで
三番目にかわいい女の子
大学四年生になりましたが
これからも
歩い ....
鍵盤は指で叩けば
直ぐに音を出してくれるのですきです
キーボードも
カチカチカチとなります
ピアノは
気分のとおりの音を択べば
わたしの自己満足を満たしてくれる
便利で受身な道具です
 ....
東京へ行くはずだった

駅の構内アナウンス
上りの新幹線に乗るために
開かれた空間
私にも開かれている
コツ コツ コツ..
自分の靴音を聞いて
自動改札をぬける毎に少し緊張
ホーム ....
  人間は
  一生をかけて
  彫刻刀で
  自分の名前を  
  彫りつづけるのだ

  死後にその
  印鑑は輝き始める

  だが彫り続けているときこそ
  花なのだ

 ....
 太陽の光りを吸って
 干された布団は気持ちがいい
 ぬくぬくしている
 ぽかぽかしていいる
 ご飯を食べると眠くなる日々
 午後はかなりきついのだ
 睡眠薬で2時間ほどしか眠れないので ....
 濡れた雨が体に浸み込んでくる。浴びるように天の恵みに身を晒していると、やがて重みを増した黒髪がしとり、と肩を滑り落ちた。濃い土の匂いが全身を突き上げ、雲を叩く雨音の余韻を響かせていく。うねる草原に慈 .... なんだろうねえ
きっとねえ
たおれるねえ
わたしは

うたがっても
どこまでも群青は
消えなかった



ひにくって
躊躇もしないで
にんげんのその肌の
かんしょく

 ....

今日、
東京タワーの先っちょに座布団を敷いて
Tシャツとパンツ1枚のまま膝をかかえ
みつからないよう過ごすバイトをみつける
そこで見えた色んなことを書きとめると
次の朝の電車1台乗り過 ....
男の昼はネギで始まると信じているわけでもなかろうに
君は駅のホームでネギを振り回している
君が普段ネギを買えるほどの暮らしをしていないのは
君のその身なりからすぐに推察できるけれど
駅 ....
もはや目覚めていられないほどのモルヒネが姉の血管を巡っていた
ほんの少しだけこちら側に戻ってきて、彼女は何か呟いた
 ラ・ファ・ミ  ラ・ファ・ミ
何度も何度も聞き返した僕は、それが「ロバさん、 ....
僕は、いつものように、
かのん、と救急車に乗っていた。
かのん、は三つで
救急車はキライで
でも、救急車のおじさんはヤサシイ、
って言う。
透明な酸素吸入マスクのゴムがきつくて
イヤイヤ ....
この世界のどこかに
わたしにならなかったわたしがいて
やはり ひとりで歩いているなら
おそらく わたしは
声をかけることができないので
せめて すぐ前を歩いてゆく
少しで ....
夜の霧の街灯の脇から
ほんとうに小さなものたちが湧いている
きぃきぃと
ほんとうに小さな声を上げている

いられなくなったのだねと
手を差し伸べると
爪の先から入り込んで
 ....
クローバーさんの未詩・独白おすすめリスト(22)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
落陽の標本箱- 青色銀河 ...未詩・独白505-9-14
ノート(25Y・11.7)- 木立 悟未詩・独白305-8-20
夏休みの宿題- yozo未詩・独白205-7-27
初夏の庭- フユナ未詩・独白8*05-6-24
空中回転- 木葉 揺 ...未詩・独白6*05-6-16
Y- 船田 仰未詩・独白505-6-6
柔らかい殻- Monk未詩・独白405-6-6
まだ早い- いとう未詩・独白3*05-5-3
閉ざされているような- フユナ未詩・独白12*05-4-15
戯言050410- あおば未詩・独白105-4-10
侘び錆- 蒼木りん未詩・独白3*05-1-26
東京へは行けなくなりました- 蒼木りん未詩・独白4*04-12-27
時には郵便配達夫のように- 天野茂典未詩・独白5*04-12-21
太陽の光りを吸って- 天野茂典未詩・独白304-12-11
雨と原- 斗宿未詩・独白104-12-9
海にいこう- 未詩・独白6*04-10-26
付箋七月- yozo未詩・独白404-7-28
昼、ネギを持った男が- いとう未詩・独白1104-7-13
こと・きり- クリ未詩・独白3*04-6-26
『ヤサシイ救急車のオジサンと一緒に』- 川村 透未詩・独白35*04-5-30
ノート(どこかに)- 木立 悟未詩・独白704-5-23
私に名前を授けてください- いとう未詩・独白1004-4-1

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。