幸せは
仕合わせと
書くのだと
誰かに聞いた

自分から努力して手に入れるのが
仕合わせなのだと
言いたいような顔をして
ところてん売りのお兄さんは
鉢巻きをしてバイク ....
煽る役
煽られて
炎が立って
こんにちは
ご機嫌よう
では、では
なんて
曖昧なことを言いながら
ゆらゆらと揺れて
揺れていることも忘れて
下重
なんて言ってみる
シモジュウ
 ....
猫の子
暢気に
歩いてく
なめすぎた
手足を引っ込めて
片袖を風になびかせて
夕立のように
跳ねてった

イノシシの仔
猫の仔

鬼界ヶ島に
流されたという
俊寛


 ....
舌なめずりしている猫
毛繕いをして
なめすぎて唾液が足りない
それだけで
とくになにも
難しいことは
なにも考えていないのかな
一瞬、
野獣の顔を見せてから
ぷいと ....
約束の
5分前には
来てください
もし
1秒でも
遅れたら
あなたの
首を
刎ねますよ

首を刎ねらられたら
人は
死ぬのです
だから
私の家に来 ....
ギャーと言えば
ギャー

ギャーと言え
ギャー

ギャーギャー

うるさい蛙の声に
おい、黙れと
太い声がして
石が飛んできた
頭をかすめて
向こう側にすっ飛んでゆく
音速 ....
なにも知らないふりして
黙って下を向いて
箸を手に取り
黙々と食べていると
見たこともない
アホウドリの影が
急降下して
隣家の大屋根が
まっぷたつに割れる
ガラガラと瓦が落ちる
 ....
グーチョキパーの
あめんぼう
虹の彼方に飛んでゆく

とんでったのは
僕の意識と
見た目の悪さ

あめんぼう
あめんぼう
人を見つけに
雨上がり
グーチョキパーと
滑ってる
 ....
始まりの始まり

ゼロから始まり
ゼロに終わる
古びた社に幣を手向ける
立ち去る背に蝗の姿
農夫ということばも無い時代に
立ち去るという観念
喪失という確信
すべては幻想の下に始 ....
朱鷺色のお腹を見せて
金次郎が腹鼓を打っていて
鼓腹撃壌の由来を思い出す

金次郎の満足そうな
お腹の色は朱鷺色で
今にも欲ではち切れて
臓物汚物を噴き出して
雲の裳裾を紅くする
 ....
ヒダリノマナコ
ごろごろ
太鼓が鳴るよ
ごろごろ
猫が鳴るよ
のどが

渇くよ
水が
乾くよ
洗濯物が
ひらひら
飛んでゆくよ
蝶々が
空高く
 ....
放射冷却の夜に
ひとりでいると
冷えすぎて困る
ふたりでいると
せますぎて困る
自転車操業の夜
瓦版を刷ったと
横町のご隠居が
素っ頓狂な声を
壁に貼っている
下手な声も貼る

 ....
緑色した大地の果てに住む
保護色の蛙たちが
人でなしにつかまって
赤い入れ墨で
標識番号を付けられて
無線チップを埋め込まれ
開け放たれた大地に
放射冷却の暮色を迎え

子煩悩の ....
完爾として
泡沫候補が
手を振る
ドライバーが急ハンドルを切って
横町に突進していく
地方選挙の時代だと
大見得を切る
大ボス小ボスに
一泡吹かせてやりたいと
立候補した叔父さんは
 ....
キーポイント
キーポイント
ブレーキを掛けながら
クルマが喚く
チョークで
殴り書きしながら
先生が喚く

試験にでるよと
言われても
試験を受けられないのだから
カンケイないじ ....
シュールなショールを引き裂いて
モンゴリアンが走る
エイゴリアンが続くと
猫が鳴く。

これでおまんまが食えると思ったら
涙が出てきた。

夢でよかったと
思ったら
ほんとに涙 ....
まあ、いいか
あんこの味見をしながら
番頭さんが呟く

怖い顔の番頭さんが
甘そうな顔をして
店の向こうを見るときは
お嬢さんがやってくるのだと
知らない人はいない

手代になって ....
ん?
うん
 ん

ううん

お蚕ぐるみの
コバンザメに
たかられたんだぁ〜

だぁ〜!

ひゑぇ〜

かちどき橋を渡る
小型機が墜落する

舟が出た後で
だれ ....
5分前に着いた

時の記念日の声に
桜草の声に
促されて売り出された
音の出るテレビと
絵の出る絵本を追い払い
螺旋階段のある駅ビルに
不思議な国の子供たちを
氷詰めにして持って来た ....
お天気がよいから
ぼんやりと
窓の外を眺めていたら
あれが伊豆の大島だと
若い人が
得意そうに教えてくれた。

太ったサツマイモを
横に置いた
そんなのっぺりした形が
遠く ....
金属バットの表面でなぞる
裏面でスライダーを弾く音

 船端で聞いたどよめきは
 確かなものであったのだが
 護送船団が沈められて以来
 運ぶものが居なくなり
 声を聞くとも ....
世界のかたちを考える。

世界のシクミをかんがえて
ネコノココネコノコノコと
カタクチイワシを追い求め
ワレタイロシタガケップチ
月夜の仔猫は行き止まる。

打ち砕け!
壊れた色 ....
99番目の総括
死んでしまった仔猫を生き返らす計画
今ならねと
再生可能を信じる人たちも現れて
体細胞クローンを夢見て
生まれた赤ん坊ネコの黒い目が
じっと見つめるど真ん中
命中した猫い ....
ツーツー・トン
トントン・ツー
っーっーとん
とんとんとん
おいしそうな音がする

わくわくっっっ
トンネルをくぐると
其処は、
恐ろしい地獄だった

っっっ、と舌を出し ....
囓りかけのパンを
置き忘れて
二人は立ち上がった

九官鳥の羽根を身に纏い
新月の夜は巡るのだと
顔だけを空に向けて
歩く

垂れた電線を潜り
蛇が
鎌鼬のような顔をして
平行 ....
水鉄砲を空に放つ


リアス式海岸を
走る

気動車
機関車
各駅停車の
車両達
それぞれが
異なる
ジョイントの音を立てて
走る



水鉄砲を携えて
 ....
技術
 技術外れの季節に
議会を解散したかったのだが
主権者の端くれとしては
クレマチスが良かったわ
と言ってくれるまで
くるり棒を振り回す
麦秋の徒に
陰口
影女
悪巧み
古狸 ....
空中章魚を
紐で吊して干して炙る
焦げる匂いにねこといぬ
鳶がアブラゲ落っことし
財布の紐をつまんでた

春になると
誰も来なくなるから
凧を揚げてみるのだ

ギギギ
ギギギのギ


ギー
ギー
ギーギーギー

ギギギ

ギー

ギーギー
ギギギ
ギギ
ギギ
キギギギ
ギー

ギー

ギー

ギ ....
階段を降りてくるものは
オバケだけではなくて
できたてのおやつを目当てに
降りてくる人類の営みのような気もして
それが文化だと
中学生の時
教頭先生から聞きました。



 ....
あおば(1462)
タイトル カテゴリ Point 日付
冬虫夏草自由詩8*06/10/30 5:48
小田急電鉄のトフ自由詩4*06/10/29 0:54
イノシシが知事公邸の裏庭を駆け回る自由詩3*06/10/27 1:08
自由詩4*06/10/25 22:55
私の家に来るときは自由詩2*06/10/24 23:54
開門自由詩6*06/10/23 22:34
野原自由詩11*06/10/22 0:28
じゃんけん自由詩7*06/10/21 1:30
前世紀自由詩4*06/10/17 0:24
鼓腹撃壌自由詩2*06/10/15 11:02
左の眼自由詩7*06/10/15 1:17
放射冷却自由詩2*06/10/14 20:26
保護色の蛙自由詩1*06/10/14 20:18
カステラ一皿平らげる自由詩3*06/10/14 20:02
啄木自由詩1*06/10/14 1:04
ねこみたような自由詩4*06/10/14 0:10
お嬢さん自由詩2*06/10/13 23:56
未詩・独白1*06/10/12 23:48
たそがれ駅17時05分発未詩・独白6*06/10/9 1:53
大島未詩・独白6*06/10/7 23:06
水面を知らない未詩・独白6+*06/10/4 22:49
カタクチイワシの仔猫たち自由詩5*06/10/1 23:55
引かれ者の小唄未詩・独白2*06/9/29 23:45
自由詩4*06/9/29 0:00
水力電気未詩・独白4*06/9/27 1:34
海岸線自由詩8*06/9/24 3:38
外周人自由詩5*06/9/24 2:22
空中章魚自由詩6*06/9/23 1:21
未詩・独白0+*06/9/19 21:33
無量大数未詩・独白6*06/9/18 3:47

Home 戻る 最新へ 次へ
15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 
0.08sec.