ツナのおかげで 和えれるマヨネーズ
故意のおかげで 逢えないメモリーズ


気づく前から
とっくに恋

築く前から
どんな愛よりも愛


飽きること知らない展開
飽 ....
大・長・多は
開放と回帰を実現する。

意図としても
印象としても
両極ではあるが
構造や物語が強くなるか
多様や分散が濃くなる。

視線の獲得か
刺激の喪失かの差しか底に ....

だからって
古いって
発想自体が古い古い



だからって
新しいって
感覚自体が荒い荒い


捨てに捨てて
身軽になって自覚


削り削り
気軽に慣れて実 ....
エロスパンデミックダンス
パンデミックダンスエロス
ダンスエロスパンデミック


罪悪までも 
消化しきれる 芸術進行

誰も彼も
消したくなる
白昼であっても
白昼であっても
 ....
「帰りたい。
 もう一度帰りたい」
顔を合わせるたび 口に出る台詞

帰れない
当分、帰れない
下手すれば 一生、帰れない

わかっているから
なんとなくでもわかっているから
 ....
梅雨を経て
伸びに伸びきった芝生
さすがにそろそろ刈らなければと
精を出した
真夏手前の土曜日

芝刈り機を
買うほどでもないスペースに身を屈め
剪定バサミで
チョキチョキ、こつ ....
時の問いかけに
とまどいながらも
特別な大切と

ため息つき
躊躇いつつも
試す尊さを


真っすぐな祈り 
今こそ もう一度

祈っても 
変わらなくても 祈らずには  ....
すれ違わない街角
風を切って歩く寂寥

大衆がいなければ
孤独も思うように味わえないと
身をもって知る4月下旬

ふいに出会っても
立ち話さえもそそくさと
アンドロイドよりも
 ....
過ごした青い春
再生し続けては
つれない想像に火をつける

どこまでも
どこまで出来るのか
試すように
確かめる歩みを


香る樹木
訪れ始めた鬱蒼

今年もまた
 ....
ピッピッ
淡々と読み込んで

ピッピッ
段々とのめり込んで

ピッピッ
資料IDの読み込み。


じっと
じっくりと
左から右へ確かめて

じっと
じっくりと
 ....
投げられた 
デモ隊から

投げられた
信念に満ちた火炎瓶が


撃たれた
警官隊から

撃たれた
牽制に満ちた催涙弾が


じりじりと
じりじりと
進む学生たち
ゴ ....
続ける
同じようで
根本的に違う継続の方舟を


無我夢中の宇宙で
もう一度
確かめるように出逢う
親愛なる孤独と


書きまくれライター
書けなくても
感じるままに

 ....
一気に書き始めました
はい、この詩をです


誤字脱字は直しつつも
改行したり
し直したりしつつも
基本的には片道列車です


忘れかけていた衝動を
もう一度
思い出せるように ....
お試しでOK
気軽に感じてくれない?
問いかけるクリエイティブ
問いかけるパフォーマンス
問いかけるイマジネーション


想像してみれば
創造してみれば
勝ち負けじゃ語れない次元 ....
水族館で
観賞するような恋に
落ちていく
落ちていく


水面下へ
ゆっくりと 
ゆっくりと


波紋は
ゆるやかに
ゆるやかに


優雅に泳いで
赦すように 微 ....
追い風が有利とは限らない
向かい風が不利とは限らない



スキージャンプでは
ウインドファクターとして
追い風は不利なので加点される
向かい風は有利なので減点される



 ....
孤立は
人に頼り
人に甘えることからも
自分に頼り
自分に甘えることからも
自分を遠ざける。



孤独は
身体と自分を
感覚と自分を
感情と自分を
心象と自分を
思考と自 ....
お読みいただき
誠にありがとうございます。
以下についてお願い申し上げます。



(1)賞味期限のない詩
    消費期限のないポエム
    となっておりますので
     ....
心を込めて
力を入れれば
際立つやさしさ



心を込めて
力を抜けば
際立つ美しさ



心を放して
力を入れれば
際立つ激しさ



心を放して
力を抜け ....
一瞬で書く一行
一瞬で書ける一行


一秒で書く一行
一秒で書ける一行


一分で書く一行
一分で書ける一行


一時間で書く一行
一時間で書ける一行


一日で書く一 ....
現実的
悲観主義
に寄りすぎると
理想が見えにくくなる世



理想的
楽観主義
に寄りすぎると
現実が見えにくくなる世



大航海時代を越えて
大高快時代を越えて ....
恋に落ちていく
姿を見ているうちに
恋に落ちて いった いった


まさかの真っ逆さま
すんなりと落ちて いった いった


周りは
「何がいいの?」
なんてリアクションだったけ ....
これまでに
書いたような気がする
同じような詩を
似たような詩を


これからも
書いていくような気がする
同じような詩を
似たような詩を


まあ 気にしないよ
もう 気に ....
出すもの出して
スッキリしたのなら 
もう行かなくちゃ 行かなくちゃ


片づけるもの片づけて
くっきりしたのなら 
もう行かなくちゃ 行かなくちゃ


世界は待っているよ
驚か ....
しどろもどろでも
かければよかったんだ    
この声を


趣くままに
肩肘張らずに   
かけるべきだった声で
もがいている今がある


最後の最後まで
自信らしい自信を ....
インプットが
アウトプットを
くすぐってくれる。

アウトプットが
インプットを
くすぐってくれる。


インプット
するための時間。

アウトプット
するための時間。

 ....
すばらしかった  
誰よりも



たぶん
これから
出逢うだろう
誰よりも



それだけ  揺るぎない   感覚
それだけ  揺るぎない   記憶



なんで出 ....
現状維持は
現状更新を通じて
現状行進を通じて
成り立っている。




現状更新がなければ
現状行進がなければ
現状維持はおろか
現状後進は避けられない。




 ....
ああ うんち。
また うんち。



たぶん いつもの奴。
たぶん 近所の野良。



ああ うんち。
また うんち。



また 新聞紙で
また 包むのさ。
ま ....
「 石の上にも3年 」
が退屈なら
「 石の上にも3か月 」でいい。



「 石の上にも3か月 」
が退屈なら
「 石の上にも3週間 」でいい。



「 石の上にも3週間  ....
komasen333(296)
タイトル カテゴリ Point 日付
ツナのおかげ  【参考】RADWIMPS「夏のせい」自由詩020/9/13 9:43
点あふれ 天ありふれ あまねく愛と哀自由詩1*20/9/1 21:26
渇き咲き 叫び裂く自由詩2*20/8/25 21:33
野心のエロス 欲心のタナトス 腐心のエートス ~ エロスパン ...自由詩020/6/26 14:04
帰れない帰りたい自由詩2*20/6/25 11:39
土曜日の虹自由詩1*20/6/22 14:37
あの海へ飛ぶ鳥 あの空へ泳ぐ魚  【参考】 LUNA SEA ...自由詩020/5/10 21:33
静寂の街自由詩1*20/4/24 16:22
香る想像に 齧り創造に自由詩020/1/2 22:09
Zone / Shot / Take it自由詩1*20/1/2 22:03
火炎瓶と催涙弾 ~ 2019年香港民主化デモ ~自由詩1*19/11/27 23:55
継続の方舟に持続の揺り籠 ~ Repetition Insp ...自由詩2*19/4/28 21:45
処詩術自由詩1*19/3/24 13:15
OK Name your price GO自由詩1*19/1/29 19:55
水族館な観賞恋 映画館な鑑賞愛自由詩018/6/27 22:36
不利な追い風も 有利な向かい風も自由詩2*18/2/13 20:25
孤独で 孤高を 孤広へ自由詩018/2/13 14:10
詩の ポエムの 読者様へ自由詩2*18/2/3 0:07
心を放して 力を抜いて やわらかに自由詩2*18/1/3 20:39
一瞬で書ける一行 一生で駆ける一行自由詩1*17/11/30 20:30
大広快時代 ~ 理想的悲観主義 & 現実的楽観主義 ~自由詩2*17/10/29 22:39
ヘビーメンタル 自由詩2*17/9/18 17:03
同じような 似たような 詩自由詩017/9/16 22:55
待ち望んでいるよ、感性完成自由詩017/7/15 17:48
強く焦がれ 強く漕がれ自由詩017/7/13 14:59
インプット20 アウトプット20 インアウトプット20自由詩017/3/31 23:09
エピローグ4月 プロローグ2月 自由詩1*17/2/25 17:22
Update Now ~ 現状維持 更新曲第3番 コ淡調 ~自由詩1*17/2/16 21:36
運値自由詩017/1/20 13:39
石の上にも3秒自由詩2*17/1/14 21:27

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「ツナのおかげ  【参考】RADWIMPS「夏のせい」」から「石の上にも3秒」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.26sec.