1番楽しいとき
それは、始まる前にあれやこれやと想像を巡らしているとき
そうだよ
この鼓動
始まる前のドキドキワクワク


まだ忘れてなかった
失ってなかった
僕の中に確かに息づ ....
叫んでみると、
言ったまま音信普通になり
慌てふためいてあちらこちらに片っ端からお問い合わせした日々がしばらく見ぬうちに
「セピアになりました」と、真夏の春宵から殊勝なことづて


 ....
誤魔化すのはなしさ
これ以上はなしさ
さあ 君は君をもっと信用して   君は僕をもっと信用させて
さあ 君は君をもっと活用して   君は僕をもっと惹きつけて



落込んでばかりだ ....
輝くセピアを掻き消そうとして
焦るばかりで行動が伴わない矛盾螺旋な日々



狂おしく焦がれたのはいつまでだったかな
ともに、揺れていられたのは現実に過ぎなかったのかな     わから ....
隣に座った      ちょっと久しぶりに
隣に座ってくれた    ちょっと久しぶりに
緊張して慌てて     なんでもない すまし顔モードへ


ドキドキ速くなっていく
ときどき伺おうと ....
感覚器官償却完了
了解
復活折衝までには概算の直しを頼む  AM2:00を目安ということで




今日も流れていく
体系的な文書が
中枢を
電子とかネットワークとかなかった ....
「 こんなはずじゃなかった 」って    
初めからわかっていたくせに
何を今さら言っているのって思うのも、その掌での手拍子に過ぎないのかな



狂おしく流れていたような風の日々に
 ....
どうせなら、金曜の夜に死にたい    仕事終わりに
どうせなら、金曜の夜に死にたい    区切りのいい感じで
どうせなら、金曜の夜に死にたい    ドラえもんがやる時間帯に
どうせなら、金曜の夜 ....
一位
 「 すいません 」



二位
 「 ごめんなさい 」












声を詰まらせ

測定器は述べた









 ....
奏できれぬ想い率いて
果てしなき泉を探りにゆこうか
枯れかけぬうちに  まだ途切れぬうちに



加速する君
飛び跳ねる夜
置いていかれる僕
転び跳ねる朝



風景は流れ
 ....
「 綺麗な顔だね 」



ドラマのようなセリフ



飾り気なく零す



眼差しに



ぐるーぷわーく上の空
komasen333(281)
タイトル カテゴリ Point 日付
ドキドキワクワク自由詩012/1/8 11:43
用意した朝自由詩0*12/1/7 12:27
上昇螺旋自由詩2*12/1/6 10:46
白と黒による形式的分割上映自由詩1*12/1/5 10:00
フェイク・スリーピングバス自由詩1*12/1/4 9:28
テクノクラート自由詩3*12/1/3 0:34
グルーヴィン棘自由詩012/1/1 23:47
どうせなら、金曜の夜に死にたい自由詩1*11/12/31 12:09
最終ランキング自由詩1*09/4/9 18:44
時期時会 自由詩009/4/2 17:13
綺麗な顔だね自由詩009/3/22 18:50

Home 戻る 最新へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「ドキドキワクワク」から「綺麗な顔だね」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.21sec.