邂逅、一瞬  だからこそ、駆けようとするんだろう
邂逅、一瞬  だからこそ、綴ろうとするんだろう
邂逅、一瞬  だからこそ、描こうとするんだろう



邂逅
何よりも、誰よりも


 ....
19までは10代を満喫。
10代を懐かしむのは21まで。



29までは20代を満喫。
20代を懐かしむのは31まで。



39までは30代を満喫。
30代を懐かしむのは41 ....
「陰謀論」を発見する人
「陰謀論」を発信する人
「陰謀論」を流布する人
「陰謀論」を擁護する人
「陰謀論」を否定する人
「陰謀論」を拡散する人
「陰謀論」を検証する人
「陰謀論」を趣 ....
蒔きに行く
東へ 東へ 東へ



蒔きに行く
西へ 西へ 西へ



蒔きに行く
南へ 南へ 南へ



蒔きに行く
北へ 北へ 北へ






 ....
もしかして 
もう1度くらいはあるかも
だからこそ
この身体は
この心象は
今日も張り切って飛び込んでいける


なんとなくでも
勘違いでも
大きくなったり
小さくなったり
 ....
現実は文字を待っている
文字は単語を待っている
単語は言葉を待っている
言葉は文章を待っている
文章は詩篇を待っている
詩篇は文学を待っている
文学は芸術を待っている
芸術は理想を待 ....
泣きじゃくる年頃でもなくて
もがき苦しむ精神でもなくて



だから余計に
わざわざ もがきたくなって
わざわざ 泣きじゃくったりしたくて      

 

そこにいてくれ ....
迷う時は王道へ振り抜け
悩むときは異端へ駆け抜け



書かないとしっくりとしない
描かないとくっきりとしない
作らないとすっきりとしない
そうした意味では病的であると自覚済み
 ....
延々と吸収できると
思い込めるうちは
若さを自覚しなくても
若さを体現していける少年。



永遠に吸収できないと
気づき始めてからは
限界が明確になくても
限界の尊さを実感し ....
君って綺麗すぎ
いちいち伝えずにはいられないほど


君っていじらしすぎ
いちいち伝えずにはいられないほど


君ってかわいすぎ
いちいち伝えずにはいられないほど


君って芳 ....
怖くていい
恥ずかしくていい


怖くてもいい
恥ずかしくてもいい


怖がりながらでもいい
恥ずかしながらでもいい


怖がりのままでもいい
恥ずかしがりのままでもいい
 ....
10秒で書く詩もあれば
10年かけて書く詩もある


10秒で届く詩もあれば
10年かけて届く詩もある


時間の長短は
内容と比例しない



10秒で書ける詩もあれば ....
揺らめいている心象図が手に取るように見える
だけど何一つ
気が利いた言葉が紡げない


少しでもいいから
紡ぎ続ける繊細さが僕にもあればと
想い焦がれては項垂れる夜が積み重なっていく ....
わたしにはないもの
持っているあなただから
自然と惹かれていったのかな


あなたにはないもの
持っているわたしだから
自然と惹かれてくれたのかな


補うように惹かれ合って
 ....
僕は まだ ここにいる
君は まだ ここにいる
皆は まだ ここにいる



ふと思い出す 当たり前のこと
ふと思い出す ごく当たり前のこと
ふと思い出す 当たり前ではないということ
 ....
練りに練った詩
今からここで 淡々と 放っていく



一貫性はない 
論理にかけるかもしれない
かといって 
「感性が爆発」 
というほどの内容でもないかもしれない


 ....
眩しかった
眩しすぎた


鮮やかだった
鮮やかすぎた


会えた
それだけでよかった


話せた
それだけでよかった


戻れない季節
戻せない季節
描いても ....
思い出しながら
描き続けている


朝、窓から太陽を見上げるだけで
ほら、鼓動はこんなにも単純に息づいていく    


注ぐ太陽が
振り返る向日葵が
昨日のネガティブもポジテ ....
何を目指しているのか。
集団的自衛権の行使容認?
日米同盟の強化?
米軍への軍事的支援拡大?
憲法改正の代替手段?
憲法改正への地均し?
海外での自衛隊活動の拡大?
紛争や対テロ戦争にお ....
変えようぜ 
まだまだ遅くはない



変えようぜ
まだまだ腐っちゃいない



考えすぎることなく 
迷いすぎることなく
今を この今を 
もっとフラットに もっと柔軟に
 ....
ハンバーガー屋は減り
コーヒーショップは増えた
2015年9月中旬の街。




空き家は減り
コインパーキングは増えた
2015年9月中旬の街。




牛丼屋は減り ....
いてくれたから
保っていられた
どうしてこんな簡単なことがいえなかったんだろう



くれた景色を
一つ一つ紐解いては紡ぎ直す日々
繰り返す戯れ  
相変わらずの鼓動
どこに行 ....
人生に意味はない。
毎日に意味はない。
考えれば考えるほど
その想いが強くなってくる。
長く考えてしまうほど
深く考えてしまうほど
その想いが強くなってくる。


人生の
無意 ....
綺麗に堕ちていく
そんな映像ばかり  
繰り返しイメージしては耽って眠る


戸惑いや疲れや迷いや痛みは
すべてすべて気のせいなのだと言い聞かせて


木漏れ日  健やか
眩し ....
強い雨。
ひどい風。
霞む夢。
それでも
それでもに
それでもを注ぎたして歩んでいく未知。



強い雨。
ひどい風。
それでも
宮沢賢治の詩にあるような
激しさと優しさを心 ....
並ぶ。
猛暑日に並ぶ。
炎天下で並ぶ。
そんなに食欲もないのに並ぶ。

話題の店だとすすめられたから並ぶ。
暑いけど並ぶ。
暑すぎるけど並ぶ。
やっとのことで店内に入る。

満員。 ....
言えばよかった  過ぎ去ってみてから気づく
言えばよかった  過ぎ去ってみてから後悔を噛み締める



過ぎ去る随分前から
きっときっと後悔するのだと
わかっているのに
動けた例がない ....
「ありがとう」が
必要なくなったって
ニュースは聞いたことがないな



「あいしてる」が
必要なくなったって
ニュースを聞くことはないだろうな



自然に溢れる
「あ ....
その視線があったことで、どれほど心高鳴ったことだろう
その優しさがあったことで、どれほど心高鳴ったことだろう
その声があったことで、どれほど心高鳴ったことだろう
その温もりがあったことで、ど ....
苦しくて仕方ないとき  
割とよく思うもの
この視界という世界に飛び込んでくる
木々のざわめきや車の排気ガスとかすべて   
無性に消し去りたくなる


苦しくして仕方ないとき  
 ....
komasen333(276)
タイトル カテゴリ Point 日付
邂逅、一瞬一瞬一瞬自由詩1*16/2/18 21:09
10代を懐かしむのは21まで。 自由詩1*16/2/12 11:14
陰と謀と論と 自由詩1*16/2/4 9:51
段々と 淡々と 蒔く自由詩2*16/1/14 14:25
きっと ずっと なんとなく勘違い自由詩4*15/12/29 19:23
ことばは わたしたちを 待っている。自由詩3*15/12/22 21:44
気づけば もう、あの大切な君自由詩4*15/12/18 16:59
王道な異端な真昼みたいな真夜中 自由詩3*15/12/11 6:41
延々とできる季節から 永遠にできない季節へ自由詩3*15/12/6 13:48
君って総体は自由詩2*15/12/2 22:32
怖くて 恥ずかしくて 良い自由詩3*15/11/12 12:50
10秒物と10年物自由詩5*15/11/12 1:13
滲んだ抽象際彩色自由詩3*15/10/28 9:56
わたし不足 あなた不足 自由詩3*15/10/24 21:19
未完成な 実存な 不完全な 延長自由詩3*15/10/19 14:32
練りに練った詩自由詩1*15/10/8 14:39
いつかどこかの風の便りで自由詩4*15/10/8 14:39
ときめき思い出、どきどき向日葵、きらきら太陽自由詩2*15/9/24 13:59
何を目指し、誰を見つめ、今国会での成立にこだわったのか 自由詩3+*15/9/19 1:04
変新だぜ自由詩4*15/9/15 13:11
転がる2015年9月中旬の街。 自由詩2*15/9/15 11:34
未練 保存 螺旋自由詩2*15/9/14 20:01
無意味に据える夢と目標 自由詩3*15/9/7 12:52
再起上映自由詩1*15/9/4 21:24
微風が吹く 雨上がりの虹と橋自由詩3*15/8/27 21:03
猛暑の行列 辛いライ雷カッ~ 自由詩2*15/8/24 14:16
素直瞬間自由詩4*15/8/22 12:48
巡り巡る「ありがとう」&「あいしてる」模様自由詩2*15/8/20 15:24
苦し紛れのオブラート自由詩2*15/8/20 15:22
マバタキパラダイムホホエミ自由詩2*15/8/12 13:05

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「邂逅、一瞬一瞬一瞬」から「マバタキパラダイムホホエミ」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.5sec.