蛾と葉が共に地を転がり
匙の足跡をなぞりゆく
雨は止む
音は残る


水が叩き
水が呼ぶ
目の痛みが
もう一度降る


夜の火は覚め
水は起きる
銀 ....
空を哭き仰ぐ朝があり
磨く価値もない宝がある
砕象 砕象
底に敷いたもののかたち 


午睡の白は塩の白
窓にたたずむひとりの白
何ものにも染まらぬ花嫁の白
帰る ....
夜明けに立つけだものが
空を掴んでは離している
虹の足音
虹の足音


月は森に居て
径は光に流され
まぶたは眠り
さらに 昇る


何もない昼の空
 ....
硝子が
黒く空をゆく
映るのは音
変わりゆく音


真昼の霊が幾つかの影を
円く短く
花のかたちに置いてゆく
笑う背中に乗せてゆく


手足の指が
痺 ....
月に降る
塵の息を踏み
無言 震わせ


空のはざまが膝を落とし
再び立ち上がる
脚をくすぐる布の闇


二 三 五 六と言葉を拾い
左足と右手の小指の寒 ....
眠りの手からこぼれては
目覚めの音に降りつもる
光むく横顔から生まれ落ち
此処がまだ午後と知る


真上より
少し北に下がる月
うろうろと
川を流れる


空の ....
鏡を上に向けすぎた昼
映らない
何も
映らない


雪が径をすぎる
さかな ふるえ
背びれ 夕刻
自ら 光の個のほうへ


応えをしまい
さらに しまう
 ....
椀に触れたことのないくちびる
樹液のにおいのくちびる
人を知らないくちびる
ひとりを生きてゆく手のひら


人の姿をした冬の
はじまりと終わりが並んで立ち
木々が途 ....
小さく丸く遠い曇が
月よりも明るく輝いている
夜の陽の白
草はまわる


暗い工場
巨大な 機械の足
逃れようとするたびに
増えてゆく階層


ひとつは昇り
 ....
雨粒が描く横顔
花弁 花芯 青空 花嫁
緑の浪に吼えるもの
朽ちた舟に咲く光の輪


星の渦のなかの横顔
誰にも到かない微笑
空は動かない片翼
分かれては出会う分かれ ....
宝という宝を
隠してまわる
乳とくちびる
紙の拘束具


科学から きらきらと
こぼれ落ちるもの
分度器と海辺
浪あおぐ 風あおぐ


噛みつかれないよう
互いにふわ ....
暮れの空に 巨きな曇が
ひとつ浮かんで動かない
街を隔てる径のむこうに
家より高い鉄の樹がある


街へ 光へ
到くもの 到かぬもの
降りそそぐ 機械の星
花の星
 ....
星の底の星
海を焼く夜
はるか下の白い崖には
風が暗く渦まいている


虹に近づいてゆく気持ち
虹から降りそそぐもののなかを
歩いてゆく気持ち
虹に染まる気持ち
 ....
痛みを持たない笑顔から
毒も疫病もない広場へと
脈打つ雫が落ちて来て
紙の上には無い言葉を晒す


今は誰からも忘れ去られた
早死にの国から群れは来て
陽に焼けた影の落 ....
何も無い荒野から
無いものの無い荒野へと
言葉を言葉に放つ指
言葉を言葉に散らす指


腕の先 拳の先
曲線 放物線
吸い込まれてゆく
泪とともに生まれる花

 ....
もっと大きくてもいいのか
火山に生えた翼がつぶやく
流れ下るもののすべてが
草と星雲の踊りを照らす
頭の頂に毒を揉み込む度に
地を踏み抜き
空を裂く器の音が
途切れることなくつづく
月のまぶしい
天気雨の夜
雨と星を
月と海を混ぜる指


岩と水と樹
斜めの夏
痛みと窪み
路地を飛ぶ影


螺子 廻る方へ
廻る光
下へ 土へ
水の ....
もうひといきだ
ひともどきまで
もうひといきだ
しかし骨が光になってゆくのは
水たまりが渇くより早いものだ

















 ....
瓶はこちらを向かなくていいのだ
羽をたたみ 地に降り立ち
夜のむこうの夜を見ていればいいのだ
線を踏んで 花の内
爪先立ちの 花の内
花を 花を
他から多へ


掴もうとする手の反対側へ
しずくは落ちて 落ちてゆく
膝を折り 倒れる鏡
映るものは空と地ばか ....
夜の泡の音
虫も草も聴こえぬ径
遠く流れる星の瀧
夜の泡の音


欠けた鏡
隠れた鏡
持つ手が映る
夜も映る


発つ光
着く光
手のなかの氷
 ....
またたき またたき
またたきの音がする
しびれているのは 右か左か
どちらの目なのか
両方なのか



左足を咬まれて
愉快でたまらない
左足の内に 咬んだものが潜 ....
考えても仕方の無いことを
考えても仕方が無いのだが 考えてしまう


考えて書けってなんだ


書くことは常に
考えの外に在るのだ







 ....
見えないものが膝の上に居て
明けてゆく空をみつめている
むらさきの径 つじつまあわせ
陽を呼ぶ声 目をふせる声


指のすぐ上を廻りつづける輪
まばたきすると赤くにじむ輪 ....
水に押された風が
屋根の上を梳き
かがやきを降らせ
音を降らせる


光の羽の子と光の蜘蛛の子が
どうしたらいいかわからずに
ずっと見つめあったままでいる
風の螺旋が ....
白い肌の巨大な魚は
まだ窓際に横たわっていた
今になって気付いたことは
目だと思っていたところが模様で
模様だと思っていたところが目だということと
魚は最初から
こちらを見 ....
空に生えた逆さの地から
何かが幽かに降りつづく
鉄の網目を埋める鳥
花の名を鳴く 花の名を鳴く


暗がりの奥を転がる音
崖から指まで 静けさに紛れ
時おり色になり ....
窓際に横たわる巨大な魚
陽の光よりも白い肌
そばを通るたびに目が合い
目が合うたびに消え現れる
廊下に机を並べてもよいか
と 紳士が言う
あわてて廊下に出てみると
既にたくさんの人が着席している
窓の外の雪景色は
常に上下に動いている
階段の照明は 
意図的に消され ....
木立 悟(2306)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
ノート文書グループ20/11/4
降り来る言葉文書グループ20/6/17
1986年の詩文書グループ06/9/22
三華遠季節文書グループ06/5/30
「吐晶」より文書グループ06/4/24
照夜文書グループ06/1/21
連輪の蛇文書グループ05/8/14
投稿作品
幽霊 器を持つ虹自由詩121/11/4 21:57
秘名 降りつもる色自由詩221/9/14 10:59
左目 この世の果て自由詩1021/8/14 10:27
午後 山は飛び ひとりを歩み自由詩521/6/23 8:41
三と常自由詩321/5/16 21:32
終わりは 居る自由詩521/4/13 10:53
あかり くらがり自由詩621/3/12 10:06
こがね みどり いのち自由詩421/2/13 9:00
掌波響震自由詩221/1/23 22:08
八季巡夢自由詩421/1/1 22:58
雨無白音自由詩420/12/14 9:14
夜 迷 灯自由詩520/11/29 20:35
鉱に繁る水自由詩220/11/3 20:04
はじまり はじまる自由詩420/10/8 20:31
持たざるもののための水自由詩320/9/28 9:58
ノート(軸と光)自由詩120/9/28 9:55
ノート(頂)自由詩120/9/28 9:54
空と行方自由詩220/9/16 8:31
ノート(骨)[group]自由詩220/9/16 8:30
ノート(瓶)[group]自由詩420/9/16 8:29
夜と歩いて自由詩320/9/5 8:46
抄えずに 抄えずに自由詩3+20/8/14 19:30
ノート(またたき)[group]自由詩320/8/14 19:29
ノート(考え)[group]自由詩620/8/14 19:28
しずく指す先自由詩320/7/24 19:32
空と虹彩自由詩820/7/3 21:09
ノート(57Y,6・21)[group]自由詩220/7/3 21:08
棄園約定自由詩320/6/17 9:21
ノート(57Y,6・5)[group]自由詩220/6/17 9:19
ノート(57Y.6・3)[group]自由詩320/6/17 9:18

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「幽霊 器を持つ虹」から「ノート(57Y.6・3)」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.36sec.