紫陽花の続く坂道疲れない綺麗な花の癒やしが続く

躑躅見て華やか過ぎて眩しくて初夏の陽射しに悪戯される

観覧車回り回って元の位置恋に魔法をかける空間

大仏の巨大な姿で街を見る見守ってい ....
君に誘われて
始めることにした交換日記

続ける自信はないけれど

何を書けばいいのかな
悩んでしまいすらすら書けない

君は好きみたいで
楽しんで書いている
その勢いに飲み込まれ ....
海と川交わる場所を指差した子の好奇心脈々と湧く

広島の郊外にある植物園子供はあまり行きたがらない

待ち合わせ少し遅れてきたあなた何処に行こうか何食べようか

友達と飲み会開く賑やかに飲 ....
真っ白で綺麗
大きく育ち美味しそう
育てた人も嬉しそう

辛い大根も甘い大根も好き
どちらもそれぞれ美味しい

今年は上手く育った
去年は小さく育ち
物足りなかった

大根おろし ....
海と川交わる場所を指差した子の好奇心脈々と湧く

広島の郊外にある植物園子供はあまり行きたがらない

待ち合わせ少し遅れてきたあなた何処に行こうか何食べようか

友達と飲み会開く賑やかに飲 ....
打ち上げ花火はない
夏にやり残した手持ち花火

子供たちは寒くても
やりたいと言い
家族みんなで庭に出た

想像以上に寒いけれど
寒いとは誰も言わない

子供たちは楽しそう
心な ....
下町の時間の流れ独特で人の生き方学んでみたい

数年で再開発は終了してお洒落一色若者の街

アストラムライン延伸計画が前に進んで工事始まる

家の前高いマンション建設中ベランダからの景色は ....
年明け記念の花火大会
寒くても見物客でいっぱい

気持ち新たに
前に進んで行ける
原動力をもらえたような

一月の花火もいい
寒さを飛び越えた魅力

昔に比べて
見応えのある
 ....
廿日市大野の宮浜温泉の小規模ながら湯は最高

大竹市三分の二は山の中「昔は良かった」その声を聞く

開発が進んだ結果行き止まり再活性化必要な時期

高層のビルに隠れた古い街陽当たり悪くなっ ....
時計は回る
時間は回る

大切な人との時間
グルグル回って
絆が深まり成長していく

時間の流れ
早く感じたり
遅く感じたり

暇を持て余すよりも
楽しい何かをしたい

時 ....
椎茸がたくさん採れてお裾分け大きさだけは何処にも負けない

リフォームをするかしないか話し合う家族五人の二人が反対

満員の電車は嫌い窮屈で平日の朝日本の風景

けん玉で盛り上がる街廿日市 ....
一度作ると
何日も続く
続いても飽きない

和を表している料理
和の美味しさでいっぱい

何処の家庭でも
おでんを作るだろう
それぞれ味が少しずつ違う

外で食べるよりも
自宅 ....
久々に逢った親友白髪増え歳を取ったと互いに笑う

蛍見に行った場所にはもういない子供の頃と環境違う

高台の団地未だに埋まらない魅力に欠ける住環境

まだ何もない山崩し団地出来お勧め出来た ....
島というだけで
温暖な感じがする

大好きな因島
橋が架かってからは
観光客も増え潤っている

住む人みんな温かい
幸せな笑顔が印象的

住みやすいと
住む友達が言う
広島市内 ....
町内の綺麗な庭を見て回るそんなイベント庄原にある

川沿いの道から蛍眺めてる数年前はいなかった川

何もない特に特産品もない過疎の町には勢いがない

町内のキャンプ場に人いない不人気なのか ....
新年を迎えた

すっきり目が覚めた
今年最初の朝を全身で感じた

何もかもが新鮮に見える
新しい世界に包まれた身体

室内の雰囲気
家族の雰囲気
外の雰囲気が新鮮

目標が自然 ....
丁度いい気温にならず蒸し暑い湿気しつこく纏わりついた

今見えた梅雨の入口湿気感髪が乱れる直しても直ぐ

町歩き庭が綺麗な家発見和風洋風上手く融合

最新の絵本を子等に読み聞かせ想像力に限 ....
ドライブする
現時点で何も決めてない
直感に任せてみる

行かないような場所だったり
綺麗な絶景に出逢えたり

色々決めるのもいいけれど
直感に任せてみるのも
楽しいと思う

気 ....
梅雨入りが今年は早いかもしれず長くなるとも言う予報士

梅雨だけに咲いた紫陽花今見頃ただ正確で表現豊か

同じ場所交通事故が多発して改善される動きにならず

蛍見て綺麗と思わず口に出す森の ....
何とも言えない感覚
どのように表現すればいいのか

師走という言葉
白いイメージ
寒いイメージ

師走という言葉が大きくて
それに翻弄されているかのよう

旅行して気分を変えたい
 ....
日本一マツダスタジアム良い球場良い環境で応援出来る

道の駅何処も人気で増え続く良いもの珍しいもの並ぶ

ドライブイン減少の一途たどる今道の駅の面白さ増す

高速のサービスエリア今熱い地味 ....
季節は関係なく
よくいつもの丘に来る
私を待っているかのよう

冷たい風さえも
心地良い風に感じる

あまり都会ではない
自然が多くて
眺めていると楽しい

雪は降らない
今年 ....
棚田見て昔の人の努力知る高い場所から見れば絶景

プロ野球感動的な試合続く選手たちの自信のプレー

缶詰が美味しくなったと母は言う昔のことをしみじみ語る

地図を見てその街を知り興味湧く地 ....
気温が高い
紅葉しているけれど
ゆっくり紅葉している

そこまで厚着しなくても
快適に過ごせている

冬の入口が見える
もうすぐ気温が下がり
寒さがやってくる

紅葉の眩しいぐら ....
農園を好んで巡る生徒たち農業学ぶ鋭い視線

真夜中の静かな時間を満喫し眠れなくなり朝焼けを見る

お土産をどれにしようか悩み中良いもばかり旅先の宿

良い宿と言われていても温泉も料理もイマ ....
良い豆を取り寄せ
ブレンドしたコーヒーが
売られている

他の仕事を辞めて
コーヒーショップを始めたとか

時々コーヒーを飲みに行く
若い人は少ない
熟年夫婦の話し声

忘れたい ....
始まったゴールデンウィーク忙しい休むはずが疲れる旅行

十連休始まってみれば後はもう凄い早さで消化していく

良い天気初夏は明るい花多い気持ち新たに得意を増やす

歩くほど体元気になる感じ ....
子供の頃
あちらこちらで見かけた
今はあまり見かけない

干し柿は美味しい
子供の頃は好きではなかった

開発が進むほど
昔らしさは何処かに消え
寂しさを感じてしまう

味が独特 ....
焼き鳥屋良い匂いさせついてくる財布の紐が緩み始めた

料理自慢お爺さんは料理人斬新でアイデア満載

葡萄狩初体験で新鮮で父はワインの話ばかりする

初めての十連休で問題も初めてづくしで戸惑 ....
君と過ごす時間
安心出来る空間になる
言いたいことを言えて

喧嘩もするけれど
時間が経てば落ち着く

大きな喧嘩はない
些細なことばかり
ちょっとした口喧嘩

基本的な考え方は ....
夏川ゆう(1486)
タイトル カテゴリ Point 日付
魔法短歌524/2/26 13:23
交換日記自由詩524/2/23 14:34
好奇心短歌424/2/19 13:42
大根自由詩324/2/16 10:35
好奇心短歌324/2/12 13:29
二月の花火自由詩224/2/9 13:01
景色短歌124/2/5 13:43
一月の花火自由詩324/2/2 14:19
温泉短歌224/1/29 11:25
時間自由詩424/1/26 14:19
リフォーム短歌124/1/22 11:11
自宅のおでん自由詩424/1/19 12:43
環境短歌124/1/15 11:48
温暖な島自由詩324/1/12 12:11
川沿い短歌224/1/8 13:16
何もかもが新鮮自由詩424/1/5 7:26
町歩き短歌523/12/25 14:51
直感自由詩723/12/22 14:21
表現短歌223/12/18 12:45
師走自由詩423/12/15 11:24
ドライブイン短歌223/12/11 14:08
冬の丘自由詩323/12/8 12:21
絶景短歌423/12/4 13:42
冬の入口自由詩223/12/1 12:16
真夜中短歌223/11/27 14:36
コーヒーショップ自由詩723/11/24 12:47
天気短歌123/11/20 17:50
干し柿自由詩223/11/17 7:52
新鮮短歌423/11/13 14:58
喧嘩しても自由詩323/11/10 11:16

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 
0.11sec.