三角柱の一面は
相変わらずでしゃばっている
白も
相変わらず踊っている

思いきり
死んでしまうほど長く見あげているうちに
目覚ましは鳴りやんだ

かつて
足りないと思っていた美し ....
あついあなたを貪った
わたしはもっとつめたくなった
月はいつだって
最適な摘み取り方を教えてくれる

誰かの白を滴らせるあなた
もう見当たらない
わたしの赤はどこですか
破瓜の夜はどこ ....
それなりにしおらしく
包丁でうまいこと裂いてしまった指先
はがすものがなくなって
柔らかな
ぎざぎざとした表皮が波立つばかり
もう覗きこまれない
もう声をかけられない
もう遊べない
つ ....
摩訶不思議な自然にぐるりと包囲されて
板ばさみ
三分の一
いや、二分の三

なんだか無性にガリガリ君が食べたくなってきた、と言って
わたしはわためかな、と返して
あの雲はきっと竜の巣だと ....
蝋燭ではものたりないから
うるさいシャンデリアなんかを
線香ではものたりないから
大輪の花火なんかを
菊ではものたりないから
何百という百合なんかを

むかし
現在、過去、未来
いま ....
あれがやってくる

あれの足音が聞こえると心が乱される
あれの姿を目にしてしまうと頭が煙る
あれはひどく美しい
あれはひどく醜い

あれはなかなかに有名なようで
あれを有名にさせたあれ ....
好きなことをやりなさい

幼いころから言い続けてきた当人は
ちょうど十時間前にツングースカへ
それから五時間
やっぱり心配だからと
いつものように母は後を追いかけて
十分ほど前には
ち ....
輝く身体を滑らしながら
じゃあ、と
ぜんぜん悪くないじゃん、と
顔の傷痕は唾液で満たされた
腕のそれには
唾を吐きかけ踏みにじるであろうことを想像する

くすんだ紫のパンジーに
行こう ....
じんべえで濡れ縁
お猪口に波立つ
打ち上げ花火を飲みながら
浴衣のきみは
どこですか
そこにぴったりとはまっている

高々に
自傷癖を語る姿
喜々として
薬名を羅列する姿

底からすくいあげることに疲れ果てていた
何より腹を立てていた
隠すのが遅れ
本音のしっぽを捕 ....
路地裏の傘傾げ
死ぬときは
風邪をこじらせてと決めていた
かんざしではないことを不運に思いながら
奥さん、
こっそり呼びかける
その塗箸は
やはり孤独でできているのですか
冷蔵庫のなか
ひときわ目を引くふたつの色
重なり合う
あなたのバッカス
あたしのレミー

縦横無尽
その巧みさを知っているがゆえ
余計に腹が立つ
今までに
少しでも考えてみたことは ....
こわごわ伸ばした手をそっとリボンにかけた
伝えるため
逃げるのはむずかしく
逃げ続けるのはもっとむずかしい
やがてあらわにさせたその硬さは
罪悪感を駆り立てる

しっていた
あなた
 ....
電話のベルが鳴り響き
今日も結局ドアがひらく

面と向かってきらいという
あなた
三島みたい
笑みをこらえきれない
わたし
太宰みたい

近親憎悪が絡み合い
今日も結局床がきしむ
薄暗くほこりっぽい店の窓際
そっと外を眺める姿に
ひとすじの涙を見つける

はじまる前に終わっていた過去があふれ
秒針が
左回りを始めた
きっと今なら
部屋の引き出しに異空間への入口が ....
ふぞろいな前髪は
純白が染められることを拒んでいるようでした
もう二度と届かない
それでもあなたは
いまだに昨日をうたっているのですね
生ぬるい図書室での坊主めくりだった
なぜ蝉丸がいちばん人気だったのか
わからない

輪に違和感なく溶け込み
無遠慮にかがんで微笑むあなたの胸もと
気になって
腹が立って
仕方がなかった
毎朝、
米とともに炊きあがる不満
届がこの時間でも受理されることを
無能な君は知らないでいる
くすんだ赤い鞄を背負って
空色の自転車に笑顔でまたがる

じゃあ、また明日ね

当面やるべきことは
化粧をしたライオンに
命を吹き込むということ
照明が降り注ぐ舞台上で
コンタクトを ....
溺れる姿に溺れているだけ
両の手足をへし折って
ひざ下の失望に溺れる

ぷかぷか浮き始めるその前に
そっと抱き上げ
かわりに暗く深い本音を沈めた

やさしい眼
やさしい耳
やさしい ....
暗闇降りしきる草いきれ
最強のネズミに狙われながら
小型かつ軽量
持ち運び可能な大惨事

プア・ホワイトの白ウサギ
遠い故郷
働き者の日本人を思いだし
受けた命に異を唱える

輝く ....
見つかっても
怒られることはもうなくなった
飾り気のないドアが壁となる
十五時からの十分
煙草二本のあいだ

椅子に浅く腰かけて
窓枠に肘ついて
外に目をやりながら紫煙を燻らす
そん ....
扇風機が
静かに首を振っている
かきまぜている

ソファに座って本をひらいている
あなた
この作家は、
攪拌という言葉が好きみたい
と、本をパタンととじながら

あなたが
静かに ....
切り刻んで袋に入れた新聞記事は
目を離したすきにもぞもぞ動きだしていた

記憶と考古学
預言者と未来

それぞれ近づいたところを
手のひらで思いきりたたきつぶして
遅ればせながら
宣 ....
そこから
すべてがなくなりつつある

流しの前に立つもの
窓からの鋭い陰が
刺すように滑る
残されたのは
貴重品、
だったという塩

たぶん、
きっと、
大丈夫
ふりかけてみ ....
育ててるの、なんて腑抜けたことをほざいている生き残り
沈黙は
届かなくて、効かなくて、意味がなくて
面と向かって言ってやった

それはお前好みに調教してるだけだ

ますますばかっぽい、ぽ ....
沿線に建つ安普請のアパート
かたかた揺れて
かき消されたラジオからの古い曲に
毛布にくるまりながらそっとツッコミをいれた

いいえ、わたしは東京に住んでいました

やっぱりまぶしい時期
 ....
誕生日というものをくれたひと
新しい湯呑み茶碗を贈った

そういうことかと
電話越しの妹は苦笑していた
本当に贈りたいものは
第二 ではなく 二度目
きっとうなずいているであろう妹は
 ....
眼と手をきつく結び
踏みだした一歩は鋭く響く

そのひとがもらした嘆息は
とても深く
とても暗かった

ひざまずき
そっと指先でなぞり合う
ハーケンクロイツ

悲運を思いながら
 ....
銃を
彼女は手に取った
筆を
彼は手に取った

人差し指と筆先
どちらもが
せわしく動いて
どちらもが
同じことを叫んで

語りは美麗
語るは無粋
FUBAR(236)
タイトル カテゴリ Point 日付
下に自由詩7*10/4/16 9:01
生平自由詩5*10/2/15 1:52
自由詩8*09/7/14 3:20
耳もとの代弁者自由詩7*09/6/25 2:47
Squall自由詩6*09/6/16 3:23
今はだめだけどそのうち仲間にしてあげる自由詩4*09/5/26 2:29
かくも、こうも自由詩6*09/5/13 4:25
低い月自由詩4*09/5/5 2:10
ある曲、についてのこんな自由詩2*09/4/28 3:06
あいつ自由詩5*09/4/16 3:59
模倣自由詩7*09/1/21 5:42
生平自由詩4*09/1/13 7:20
つぶやき自由詩4*09/1/7 8:38
テロリスト的アンブッシュ自由詩4*08/12/25 7:54
インスタント自由詩3*08/12/11 7:25
くるみ割り人形自由詩2*08/12/2 7:26
熱病を切り刻む自由詩3*08/11/25 5:20
悪色自由詩1*08/11/18 5:59
つぶやき自由詩3*08/11/12 6:20
あいつ自由詩4*08/10/31 4:15
サタデーナイトスペシャルで処刑を自由詩1*08/10/22 3:50
れもんさわー自由詩6*08/10/4 6:40
生平自由詩8+*08/7/30 5:39
反応自由詩5*08/7/22 6:37
がらんどう自由詩5*08/7/16 6:09
Nice Kill自由詩3*08/7/8 5:50
自由詩7*08/7/2 5:22
ある曲、についてのこんな自由詩3*08/6/25 5:38
未返却自由詩4*08/5/27 6:02
つぶやき自由詩5*08/5/21 5:15

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「下に」から「つぶやき」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.57sec.