すべてのおすすめ
mixiより転載。
2008年6月28日に開催した朗読会のお礼の文章です。

*****

お客様には、いやってほど我々の愛が伝わったのではないでしょうか(笑)
もし、お腹いっぱいになっ ....
風が吹く。生きなくてはならない。

教会(という名前の映画館(という名前のゲストルーム))に
僕たち読者は座っていて、目の前のスクリーンに、
それぞれ違った夢を見る。

「それぞれ違う」こ ....
{引用=
ぼくはスケートリンクにとじ込められた
きみの日なた
日なただよ



          アスパラガス「スケートリンク」より







詩人の書く言葉は
 ....
一睡もせず朝四時半、始発で鎌倉へ。まだ暗いうちに円覚寺の門をくぐる。暗い中に人が少し。お堂へ歩いていく。わけもわからずわたしはついていく。靴を脱ぐ。お堂へはいる。広くて寒い。座布団一つと小さな二つの座 .... 単純な足し算もできないのか、と言われることは多い。まぁすくなくとも
小学生のころからずっと算数は苦手だったし、ある程度克服したなと思える
現在であれ十数たす十数の計算を即決で間違えない人間に比較す ....
聞こえて来るものがある。遠い過去から聞こえて来るものがある。それでもそれは今ぼくの耳元で鳴っている。ノイズ。新宿のエスカレーターを下っていく友人を見ながら、私は友人がこれから会いに行く人のことを考えて .... 夜、真っ暗な中、なにもないような山間の道をえんえんと走った。連れと、ここを二人で走ったら、どんな二人でも、恋に落ちるかもね、と話した。人生について語らなきゃいけない気がするからね、と言った。そして、い .... 書いてしまって、また後悔するかもしれないんだけど。
まずはお礼から。
詩学社の破産、廃業の折は、「詩学社を救え!(http://po-m.com/forum/showdoc.php?did=136 ....
小学3年生のころ
自転車に乗って2つ隣の県まで行ったとき
僕は たぶん 何かから逃げ出していたんだろうな

愉快犯 片山の奇声
3年2組の向坂先生と3年3組の岡島先生の校舎裏での接吻行為 ....
   序


「いいアトリエがあるから、終電に乗って、今から行こうよ」
二00六年の夏の一夜。やけに寒い夏の夜だった。東京都渋谷区初台の汚物まみれの地下鉄駅の階段を上っていた。頭上を深夜の首都 ....
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070919/135317/

http://business.nikkeibp.co.jp/fb/ ....
高度経済成長とバブルがいっぺんに押し寄せたような、
常軌を逸した好景気に見舞われた中国(上海/北京)は、今、未曾有の建築ラッシュだ。
北京オリンピックの開催と三年後の世界万博を控え、その勢いは未だ ....
{引用=長いのでお暇なときに読んで頂ければうれしいです}



 reonさんの散文『フォーラムのポイント付与あるいは詩と批評についての考察』を読んで、「詩を描かない批評家がいない」ってのは、 ....
仕事場で仕事をサボって同僚の女の子と恋バナに花を咲かせていたら、こう結論づけられた。
「結局は顔だよね」
確かに顔の良し悪しは大事だが、けして最重要というわけではないだろう。
そうは思ったが口に ....
激しい息切れ、痛み始める喉、ぼやけかかりはじめた脳。
自転車(チャリ)で坂を駆け上がる。それは通常の3倍の速さ。
何かにつけ胸がつまる感じがする10代の心。
そんな時は坂を駆け上がる。もう少し、 ....
手乗川文鳥さんの散文(批評随筆小説等)おすすめリスト(15)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
(転載)第一回朗読会;「アスパラガス、詩集。」- キキ散文(批評 ...413-11-7
多義性のデザイン(アスパラガスさん讃3)- 渡邉建志散文(批評 ...6*13-11-1
静かに、なるべく静かに(アスパラガスさん讃1)- 渡邉建志散文(批評 ...8*12-12-16
鎌倉のこと- 渡邉建志散文(批評 ...4*12-2-19
線路を歩く- 構造散文(批評 ...1511-3-27
【批評祭遅刻作品】殺し、やわらかい雨の中で(山茶花オクリ讃1 ...- 渡邉建志散文(批評 ...5*11-3-9
夏のおわり- イシダユ ...散文(批評 ...1110-3-7
詩学社、そして寺西さん- 角田寿星散文(批評 ...54+*08-10-10
例えば、小学生みんな持ってるフエルトペンが怖かったりとか- 青木龍一 ...散文(批評 ...6*08-2-1
批評祭参加作品■それでもあなたは旗だ__詩人・映画監督_園子 ...- 比呂散文(批評 ...14*08-1-27
農家切り捨て論のウソ、の嘘- はらだま ...散文(批評 ...17*07-10-21
青空正男(コロッケ大王)_論- 散文(批評 ...4+*07-9-2
松井浄蓮の垢を煎じて呑むべき人々へ- はらだま ...散文(批評 ...25+*07-5-20
美人は誰か- んなこた ...散文(批評 ...207-4-30
認めたくないものだな- 一絵散文(批評 ...107-4-14

Home