その花は
涙をあつめた
毬のようで

降りつづく
雨の重さに
身を委ねて

香りもせず
散りもせず
ただうつむき

けれど私は
その毬から零れた
微かなうたごえを
た ....
次に私が拾った獏は
これはもう生まれついての
野良獏だったから
やっぱり夢は食べなくて

好んで食べたのは・・・嘘

あぁ 私はどうしたらいいのかしら
せっかくイイヒトで通してきたのに ....
いま泣いたら
なぜかもう二度と
笑えなくなるような

そんな気がしたから
空に向かって入道雲を
ググっと睨んでやった

まひるに嘘をついたりしてはいけません

善良なあたしは
 ....
私の獏は夢を食べない

捨て獏だったからかしら
母乳で育たなかったからかしら
理由はわからないのだけど
とにかく夢をさし出しても
ふんっと顔を背けてしまうから

長い長い格闘の結果
 ....
森のかなたへ
碧をたどる

濡れた黒髪
指でなぞる

空をそのまま
うつしたような
蒼のしずく


ぽとり

ぽとりと


堕ちてゆく
ふかい水路へ

そこから生 ....
バスルームの飾り棚に
置き去りにされていた
JAZZの香

蓋を開けた刹那に
よみがえる記憶

ああそれは
一年も前のことで
そういえば私は
まだ泣いてもいなかった
まどろみの中で貴方の去る気配感じてみぢかき夜を恨みぬ

白肌のうるおう術も知らぬまま落ち逝く沙羅の姿さやけし

雨の矢に毒を塗りたし恋ごころ睡蓮泣きて梅雨雲を呼ぶ

星合ひの前夜に胸の ....
目じりの皺や
口もとの皺は
あなたがこれまでの人生で
よく笑い
表情豊かに生きてきたアカシだから
恥ずかしがることなんかなく
堂々としていればいいと思う

眉間の縦皺は
いつもしかめ ....
ぜったい とか
えいえん とか
そんな関係はありはしない

なんてことは知ってる
けど

つっかえ棒がなかったら
アタシはきっと
どこまでもどこまでもどこまでも
ただひたすらに倒れ ....
ひまわりと眩しさ競い痛み分け からっぽだから
蒼いの

とうめいな翅を
ふるわせて
飛んでいったから
からっぽなの

埋めようとして
あなたが
抱いてくれたとしても
満たされないの

満たされない ....
ワイパーが傷んでいるから
拭いきれない水滴で視界がぼやける
思わず停めたパーキングで
いらだちが募り空をにらみつけた

そう これが私なんだ
些細なことに感情を左右されて
 ....
1.


先を急げば
見失うものが沢山あるけど
先回りして
待つのもいいかな
なんて思うこともある


2.


夏の日の雲は
柔らかくて大きくて
わたしの悩み事 ....
それは追いたてられるような感じ
逃げても逃げても
どこまでも追いかけてくる
果てしのない鬼ごっこ

それは流されるような感じ
遡ろうともがいても
急な流れに飲みこまれて
なす術もな ....
紅い雲を眺めながら
飛ばした自転車の
速度とか

漕いだペダルの
重さとか
まだ鮮明におぼえてる

あの日の風は
ことさらに透明で
沈んでゆく太陽の  ....
読み止しの本のページに蒼といふ字をころがせば梅雨の来たりぬ

カフェで待つ我を嘲笑いしストリートただいたづらに人の行き交ふ

雨音がやけに心に響く夜 広すぎる部屋頼りなき我

泣かぬ空みあ ....
ミュールはおろしたて
アスファルトを蹴る

素足はまだほの白くて
スカートの裾が翻る

風は
やまない

のうぜんかずらの
つるを揺らして
ひらがなで の を描いたら

空が ....
いたらない
わたしが
なきながら

てのひらにうけた
こもれび

なにがよくて
わるいのか
おしえてくれた

あしもとにおちた
こもれび

そこをみつめて
そこからはじま ....
降りやまぬ雨の重さにうつむきし額紫陽花より珠の零るる


泥濘に踏みにじられしすいかずら晴れない空と泣かないアタシ


わたくしが果てたらどうぞお食べなさい林檎の花は楚々とほほ笑む
月はやがて
西へかたぶく
闇は薄目をあけて
とうとう光を受け入れる

朝は少しきむずかしやで
眉間に皺をよせながら
うすむらさきの靄を吐きだす

なにもかもが起きだす前の
ほんの密やかな静 ....
整然とあかしろきいろに並べられちゅうりっぷこそ花壇の象徴


ほの甘き蜜を湛えし満天の星空の如どうだんつつじ


きゃあきゃあと囃したてられ頬染めてのうぜんかずらの下でうつむく
 ....
生真面目にあいさつ交わすその影にほほ笑み潜むデスク前にて

ためいきは貴方の家庭(うち)に置いてきて私の前ではヒーローでいて

バブル期の企業戦士は家も見ず寝る間も惜しんで女を抱いた
    ....
あの嘘を見破るなんて野暮なことしなきゃよかったサヨナラ純情

ツマラナイ女になるなと口癖のように云うから泣いたりしない

ピンヒールの靴を履いたら女王様君はかかとの下で傅く

口紅の色を迷 ....
落合朱美(143)
タイトル カテゴリ Point 日付
紫陽花自由詩11*05/7/8 23:28
偏食 二[group]自由詩11*05/7/8 23:25
まひるの嘘自由詩12*05/7/3 1:38
偏食[group]自由詩21*05/7/3 1:36
し・た・た・る自由詩9*05/6/30 0:35
自由詩17*05/6/30 0:34
半夏生短歌15*05/6/25 23:09
自由詩4*05/6/24 23:28
人模様自由詩5*05/6/24 23:24
向日葵俳句5*05/6/23 1:26
うつせみ[group]自由詩12*05/6/17 23:58
通り雨自由詩11*05/6/17 23:57
人生はたぶんハイキング自由詩13*05/6/11 13:48
日常自由詩4*05/6/9 23:37
夕陽ヶ原自由詩9*05/6/9 22:53
蒼の季節短歌9*05/6/4 15:14
くもりのちあめの日自由詩9*05/6/4 15:02
こもれび自由詩9*05/6/4 15:01
花いろいろ 2短歌6*05/6/2 2:46
あかるいあさ携帯写真+ ...7*05/5/30 23:57
花いろいろ 1短歌4*05/5/30 0:34
SAYONARA短歌9*05/5/27 23:42
恋愛のカタチ短歌12*05/5/22 23:29

Home 戻る 最新へ
1 2 3 4 5 
0.45sec.