たくさんの、色んな名前で呼び合った


シャボン玉はじけるように始まった


きみの明るさが羨ましかった日


とても遠い場所で優しく日が落ちる
風のようにたくさんの場所を通ってきたから
ぼくらの言葉に、風景が滲むことがある

暗くなっていく夕方や遠い電車の音に、あなたを思い出すのは
あなたの声が、その景色を映していたからなんだろう
 ....
きみの影で星がしずかに暮らしてる ときどきそっと光ってみせる



ないということには無という名があって あるものみたいに名前を呼べた



「覚えてる? 降水確率0%の日に0粒の雨が ....
ぬいぐるみ抱き締めてから諦める


きみの目のなかで言葉が揺れていた


日向と日蔭の境界線うごく


秋めいてすこし静かになった部屋
どこか違う場所へ行った、あなたのかつての言葉が、
僕の生活の中に、ときどき顔をのぞかせる
もう見れない、消えてしまったその言葉たちに、楽しい気持ちをもらったこと、
伝えられなかったけれど、
楽 ....
掛け算のように足し算のように、駆け抜ける足



玄関の眩しさに、なにか呟く玄人



夜の外には朝の月



目を瞑って、冥王星を見る



その日を記した日記、でか ....
あかいろのひかりの前で青を待つ

台風のような目をした日の光

夜が明けただけでこんなに明るい黄

夏の青空のゆめみたいに白い
あなたとの糸が終わった冬の服


正しくはないけど楽しかった日々


空っぽな瞳の奥の海になる
絵日記に架空の過去の空を描く


その時は寺で侍を待っていた


寝たいんや 寝たいんやけど 熱帯夜


「正」の正しくない書き順制覇する


うかぶ言葉たちといっしょに歩いて ....
この目に映る世界となんの関係もない恋をする


眼の表面にひろがる海で ひかりと鳥がないている


眠る言葉を起こさぬように 本を静かに読んでいる
日々の中の身近で短い悲しみは
遠くまで続く長い日々と繋がっていて
見方を変えると、味方になってくれたりする
この影とともにあるいてきた景色


席替えで、私ときみが隣となる


虫さんがひかりにひかれてやってきた


暗闇でひかってる音楽に聞く


光らない星でしずかに本を読む
聴きながら寝たらライブの夢をみた


電車の音 ねむる顔しか知らぬひと


よるの水たまりは鉄みたいな色


星々をゆめから醒めた目で見てる
思い出はきれいにデザインされていた


悲しみに暮れていたからくれた飴


明らかに、その月日は明るかった
「文明の力」と書いて「ぶんめいのりき」と読むんだ おぼえておいて 気持ちがゼロだったからいくらでも割り切れたけれど、腹を割って話すことはできなくて、
ゼロだから我無かった。
航海したことを毎回後悔する


真夜中を泳ぐチョウチンアンコウさ


頭上にも右手のなかにも星がある
詩がとなりに座っているとき、
目的地なんていらないと思う。
浮かんだ言葉がとても綺麗で、
うれしい気持ちで書き始めていた。
早朝の時間の流れかたが綺麗

頭上では雲が迷子になっている

夕焼けの音色 瞳にのこるひと

夜の窓 自動販売機のひかり
私たちに明確な違いはなくて、
世界はグラデーションになっている。
私は特別でありたかったから、それを認めたくはなかったけれど。

あなたの声が私に届いたのは、
あなたに私の声が届いたのは、
 ....
いままで居た世界の外側には居なかった世界がひろがっていて、
わたしが見たいものは、自分で選べることを知った。

良いことだと決められていたものが、良いとは限らなかったこと。
駄目だと言われてい ....
きみの笑顔の意味がわからなかった
だけど、ふと気付けば僕も笑っていた

きみのその笑顔は、きっと何の為でもなかったから
意味なんていらなかったんだろう

きみの後ろ姿に向けて、
口をつい ....
夜になると、きみの影はきえる

軽やかにちいさな虫が飛んでいく

かわいい風が吹いていてうれしかった

あかるくて自分の言葉がかくれてる
お酒飲む代わりに短歌を書いている

大抵の紙たちは底へ昏れていく

俳句やん俳句やんこれ俳句やん

植え込みの中身を下見してみる犬
枝分かれしていく言葉がゆれる
きみのすべてをぼくが知ることはないということ
水のなかに流れる時間 時間のなかに生まれる空
たくさんの景色が人と人とのあいだにあって
知らないきみのことが何故か好 ....
能力を熊力と書いたのは態と

まるで丸みたいにみえる八角形

黒歴史 たくさんの色が混ざってる

てのひらのなかにひらがなみつけた日

バス停でコントラバスを弾いている
また夏に微睡んでいる 流れている

空っぽでからっとしてる空の色

未来には果てなどなくて夢をみた

目を瞑る たくさんの場所がひかっている
目に見えないから恐ろしいと思ったり、素敵だと感じることがある。
目に見えないから捨てられなくて、手に入れることのできないものがある。
見えないものに心が動くのは、僕らが考えるからで、
想像をしな ....
きみが笑っているときの雨音の場所をわからないまま
忘れるように暮らしているのはいつまでもきれいな夜
ぼくが知ることのない記憶でできた夢のなかで
この身体に時間が舞って過去へ変わるまでの心

 ....
真っ白な世界にセミの声がある

言葉たちがぼくらの中で暮らしてる

みたことのない風景を聴いていた

いつもよりくだけたきみが笑ってる

日々を流れた時間たちと、また会いたい
水宮うみ(591)
タイトル カテゴリ Point 日付
たくさんの名前が世界にあって川柳1*20/10/19 14:35
記憶自由詩6*20/10/16 6:32
送る日々短歌3*20/10/7 11:20
あきらめる川柳1*20/10/6 12:36
ネット自由詩1*20/10/1 19:53
でかい字でかいた自由詩5*20/9/29 20:16
光の色川柳2+*20/9/25 12:59
日々になる川柳3*20/9/19 18:43
熱帯夜川柳1*20/9/18 14:56
広がる 都都逸伝統定型各 ...1+*20/9/17 6:26
みじかなかなしみ自由詩2*20/9/11 19:43
ひかりとなる川柳020/9/9 9:21
夢に映る日々川柳2*20/9/8 19:56
月が暮れる川柳3*20/9/5 2:25
明かり短歌020/9/3 10:49
われない自由詩020/9/3 7:45
この夜川柳1*20/9/1 19:44
うれしい自由詩3*20/8/25 16:38
浮かぶもの川柳2*20/8/23 20:00
グラデーション自由詩2*20/8/14 19:42
呼吸自由詩6*20/8/13 17:14
その声自由詩2*20/8/12 19:47
かるさ川柳1*20/8/10 22:14
川沿いの木川柳1*20/8/9 8:26
葉が舞う自由詩4*20/8/4 8:48
見つける川柳1*20/7/31 1:01
眠るとき川柳1*20/7/29 23:07
目に見えないから自由詩3*20/7/27 22:30
それまでの心に自由詩1*20/7/23 20:23
声に暮らす川柳2*20/7/19 13:12

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「たくさんの名前が世界にあって」から「声に暮らす」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.27sec.