朝起きると両目がハートマークになっていた
しかし見た夢は思い出せない


ご飯を食べているとキリギリスが大口開けて飯を食わせろという素振りをした
仕方なくレタスを詰め込んでやると礼のつもりか ....
もーいーよー 許されたのはいつの日か

携帯の電源切って眠る夜

サクラチル 散った桜はゴミ箱へ

繰り返し言った所で手慰み

寂しいの そういう事は忘れたよ

公園で子どもの頃に ....
なに?デカよ
「眠れないし便秘」
ナイス ナイスな憂鬱さ加減だ
オマエはいつだって面白い
オー おまけに目の焦点が合ってないぞ
そしてここはスクランブル交差点だ
斜め横断OKだ


 ....
おっさんのニオイを嫌がるのは女の子だけじゃない
オレだって嫌だ
終電でおっさん三人に囲まれた (マエちゃんが寂しがり過ぎるせいだ 今生の別れじゃないっつーの ☆コンチキショウ☆)
かなり強烈だ
 ....
分からない回転木馬黒い陰アイダホポテト ツッコミ損なう

誘うかな誘わないかな日曜日 迷う間に 口が勝手に

コチュジャンの名前に惹かれ買いながら 肉蛸胡瓜分の金無し

メガンテと唱えられ ....
僕の心配は
むしろその力強い握手
何を込めて

支えるつもりがバカを繰り返す

遺伝子プール揺蕩う
オリジナルじゃない僕ら
サブリミナルなジャマイカンで
これじゃイカンと空元気

 ....
世界に何を恐れることがあるだろう

僕は何に怯えていたんだろう

安心しなよ 宇宙はこんなにも広い

そしてあなたはそこに立っている
(川柳二句 短歌二首)

知らねぇよ 皆に好かれるオマエだなんて

風の強い日の空に ラッカ


苦いとか断裂面だとか伝えられない空の色 サッポログレイ

食べられる宝石がゆっくりと ....
楽しかったはずなのに
別れたとたん寂しくなる
ボクは全くバカですね
最後まで騒がずにはいられないのです
僕の住む街を走る地下鉄では
「携帯電話は心臓ペースメイカー等の医療機器に影響を与える恐れがあるので電源をお切り下さい。」
とアナウンスされる。
僕はそれが嫌いだ。
会社を揚げて携帯電話使用反対 ....
エレベータ カメラ気づかず 鏡でポーズ

手を振った 幼児に軽く 流される
遠くのタヌキと近くのノラネコ
欠けない満月すり減らし
凍った浜辺で真夜中バリボ

ラインはかすれた子亀の軌跡
星屑なぞってくちなしバリボ

ぱらりぱらりらぱりらりら
何度も笑った故郷の ....

灯りを点けない夕方は
何故かどきどきする

小さいときなら遊びつかれて
夕飯まで
少し眠った

ストーブ上のユキダルマ
履き替えた靴下

苛めた犬
ソリのきしみ
耳切る風 ....
泣きつつも 飯食うヒトの 愛おしさ

好きになり 嫌いになる 心の不思議

のたうって 泥さえも 手に入らず

消えない 北極星は 消えない
ヤキソバ オムレツ トマトのサラダ
シチュー おしんこ エビフライ

成長期でもないでしょう
そんなに食べてどうするの?
バカみたいに嬉しそうに

全然話は聞いてないね
タバスコに漬け ....
あなたは
少し情緒不安定で
まるで子どもで
自分が嫌いで泣いてばかりで

「どこが好きなの?」
と尋ねられても
いつも上手くは言えないけれど
言うべきことも分からないけど

心が狭 ....
ケツの穴の話ですか ええボクは申し分なく小さいですとも 詩が浮かばない
強ばる心には作れないのか
だとしたら「作詞」というのは役に立たない趣味だな
というのは
それでも詩ですか愚痴ですか
空 色ロケット七面鳥
に っこり笑って千切れた涙
太 いラーメン噛み切れ無いニャア
陽 あたり悪い部屋の思い出
が ーがーがーってモノマネ以前!
あ んまり違うと笑えるけれど
る びじうむ ....
今夜だけ 透明になりたいなんて 無限 渇望 裂けた風
知らない彼方の鉄の味

信仰 圧縮 求不得苦
熱なき砂漠の非現実

ー 何故 砂に 潤う ー

歯槽膿漏 ものもらい
爪ならとうに擦り切れた

目覚める街は ....
ヤギ(111)
タイトル カテゴリ Point 日付
時差エイプリルフール自由詩14*05/4/2 3:30
かくれんぼ川柳8*05/3/31 23:37
ジンジャーエールを買って飲み過ぎな男自由詩7*05/3/31 3:37
おっさんのニオイ自由詩9*05/3/31 1:11
小一時間短歌1*05/3/29 18:20
分子球自由詩3*05/3/28 17:17
広い世界自由詩1*05/3/27 17:25
春曇自由詩2*05/3/26 20:15
寂し上戸自由詩2*05/3/26 2:23
はい。未詩・独白1*05/3/24 18:18
デパート 二句川柳0*05/3/23 22:21
真夜中バリボ自由詩2*05/3/23 8:54
冬味幻想[group]自由詩2*05/3/22 18:59
三月 北極星川柳4*05/3/21 23:15
the light speed eater 〜亜光速で食事す ...自由詩1*05/3/14 15:06
あなたの詩自由詩4*05/3/10 22:22
何を隠そう短歌1*05/3/9 22:29
シグチ自由詩1*05/3/9 22:26
愛してる (スターによせて)自由詩0*05/3/9 7:15
なんて川柳205/3/9 1:57
千年硝子[group]自由詩6*05/3/8 22:11

Home 戻る 最新へ
1 2 3 4 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「時差エイプリルフール」から「千年硝子」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.37sec.