街路樹の根元に
延々と連なるラベンダー
夏になったら咲くのだろう
この街に 夏が来るのなら

誰と誰が生きのびて
新しい詩を書くだろう

マスクをつけて歩いていると
先生が電話してき ....
    *

芝生の上で
むっくり起き上がる
一枚の落ち葉

長い間のしかかっていた重しが消え
身体も乾いた

深呼吸すると
葉脈の透けた胸にも
風が流れ込んでくる

もう一 ....
歩き疲れてベッドに横になった
からだがスライムみたいに
ひらべったくのびて
平面と化していく
目も鼻も
どこにいったかわからない
耳だけはラジオの音をひろう
手も足もシーツの端から
ゆ ....
  目の前に置かれたコップに
  なみなみと注がれた透明な夜を
  一息に飲みほせば
  僕はもうすっかり自由になれる
  高い窓の鉄格子の隙間をすり抜け
  出ていける
  幽かな光 ....
ざわざわと
視界を埋めて啼き騒ぐのは
梢で触れ合う
青葉たち


輪郭をなぞろうとすると
否定形しか使えない
あまりに崇め過ぎたから


信じるということが
見ないという事でし ....
私が見ている光景と
あなたがたに見えている事件は違っている
ということを
驚きとともに思い知る事がたまにある

でもあなた方が一斉に
同じ景色を見ているのだと思うのは
たぶん私の錯覚で
 ....
柔らかな薄桃色の掛布団
夕暮れの雲に覆われた空
真っ白なシーツをふわりとまとう敷布団
おやすみなさい
積み上げられた徒労を包み
疲れた笑いを
しずかにほどいて
瞼を透かす朝のことなど
 ....
凍り付いた村
壊された屋根
奪われた言語

文字を持たない人々は
言葉を歌として
空へ放つ
想いを声にして
鳥に預け
子に託す

どんなときも
旅人を暖かくもてなした


 ....
見えていないから指先に触れて
輪郭を描く
知りえないものを
自明と思い込み
書き足さなければならない線など
もうないと
絵の具を塗る
好きな色
みなさんにお馴染みの色
私だけに
見 ....
これからは人生のアディショナルタイムだと
そう思って最後のチャンスを全速力で駆け抜けましょう
ゴール直前で息絶えようとも
悔いることのないように
そんな文面の年賀状が届いた
ただ空回りして浪 ....
今日の別れが
永遠のさようならに
なるのかもしれない
そんな思いが過るので

玄関の外に出て
あなたはそんなにも
手を振るのだ

今日の別れが
最後になるはずがないという根拠など
 ....
もう金輪際
遠い異国を夢見たりしないと
誓った日から
私は翼を折り畳み
地に足をつけて生きてきた

地面をコツコツ歩きつづけ
生活圏を見回っている
あまっちょろい夢など追わずとも
 ....
 


黙して待つ
それだけのことが
辛い

私はここよと
叫びたくなる

目を閉じて
眠ってしまえば
逃げ場を亡くし
回り続ける

水の中に
ゆだねたのは
存在理由 ....
吹雪の夜明け
見知らぬあなたからの
着信

もう一度踏み出そう
未来が
ホワイトアウトなら
地図も不要の
幸運
ビーナスを抱く貝殻の形
あるいは軟らかい耳
砂のどこかに

解読してくれるのなんか
待てない

水平線に
眼を凝らしても

足跡は
波に吸われ
風船は
萎んで落ちるだけ

 ....
巨大隕石が降り注ぎ

業火に焼かれ
砕けた岩に押し潰され
酸素を失い窒息し
彼らは滅びたのだという

破壊された星を包んだ
白い死の闇

長い眠りを経たのちに
再び芽吹くものがあ ....
深いクレバスの底をめがけて
落下する白亜のプテラノドン

クレバスは狭く無風だから
翼を広げることができない

風に乗ることができなければ
翼竜は落ちるだけ

深い夜の底の
暗い氷 ....
吹雪はやんだ
静寂が深々と夜を沈めている
遠くで
プテラノドンの悲鳴が響く
ただ一度だけかすかに
電車の警笛のふりをして

吹雪の中をどれくらい歩いただろう
自分の足跡を見つけた時
 ....
パロディ映画とみまごうような
国会答弁

いやいや世界は
パロディなのだ
すべてはデフォルメされ
筋も脈絡も笑いとばして
矛盾なんて屁でもない
こじつけいいわけ言い逃れ
下手でもバレ ....
あらかじめ赦された裏切りを
ゆるせなかったのは私

錠前を下ろされたドアの内側に
想いを閉じ込め


潜り抜けて
羽化する幼虫を
みんな潰し
化石するサナギのうたを
うたった
 ....
遅い初雪が降った朝
地面は乾き
空は薄雲に覆われて
空気は張り詰めている

刈り残された秋明菊の平たい葉が
上を向いて受け止めている
クリスマスローズの広い葉も

とける事を忘れた雪 ....
忘れることができたのは
ついに自分に勝てたから
ではなく
燃え盛っていた胸の火が
ただ儚くもかき消えたから


恋慕い
ついに手に入れたもの
手に入らなかったものたちが
木立の間に ....
終わりの前には
阿鼻叫喚があるのだろう
それには馴れていない
ので
終わりについて
思いを巡らすことができない
映像が映し出されても
目の当たりにした人の
インタビューが流れても
臨 ....
いつか消える
いつか消える

そのいつかが果てしなく
遠いと思われて

早く消えたい
と うたってみた

月日は流れ
そのいつかが
もうすぐそこにまで
迫っていると感じる時
 ....
診療明細票から注射薬の名前を調べ
症状をグーグル検索して
今日のお医者さんの処置はあってる
と思った
通り過ぎていく物売りの声が
私を非難したのかと
過敏になる窓の隙間から
秋風がするりと
いかにもなれた振る舞いでカーテンを揺らし入り込む

今直面している重大な問題を
言い当てられた気 ....
恐竜は
飢えて死に絶えたのではなく
進化して鳥になったのだそうだ

絶滅危惧種のマナティに
沖縄で会ってきた
大きなからだには決して広いとは言えない水槽で
くるくる
楽しそうに回転して ....
今までたくさんの人と知り合ったり別れたりしてきたけれど
引っ越しだとか転勤とか卒業とか就職とか
そういう物理的な別れを越えて付き合いを続けてきた人はたくさんいる
元同級生とか同僚とかママ友だとか ....
恋慕うこころは消えた
待ち焦がれた日々も

幻滅や
放棄でもなく
むしろ思ってもみなかった
あなたの言葉
「あんまりおまえさんがだれかを崇拝したら、
ほんとの自由は、えられないんだぜ」 ....
肩が痛い
もうずっと以前から痛かったような気もするし
肩が特に痛いことを日記に書き留めておこうと思った時ぐらいからは
丸一か月は過ぎた

色々対策を試みてみた
少し良くなった時もあり
悪 ....
Lucy(481)
タイトル カテゴリ Point 日付
夏が来る前に自由詩7*20/4/2 21:18
雪が解けて・・自由詩5+*20/3/28 19:08
洗脳自由詩12*20/3/26 22:52
出ていける自由詩7*20/3/25 18:52
緑の風を見ていた自由詩9*20/3/24 21:56
今宵強風が吹き始める自由詩10+*20/3/20 23:31
空を突き刺す魔女の箒のような裸の並木自由詩8*20/2/19 20:42
寒い国のはなし自由詩0*20/2/4 21:24
着色自由詩8*20/1/19 21:03
年賀状自由詩2*20/1/13 10:08
今日の別れが自由詩3*20/1/10 18:46
飛ばないカラス自由詩2*20/1/9 20:38
ハシビロコウの憂鬱自由詩7*20/1/7 23:24
軟らかい耳に抱かれる夢をみた自由詩3*20/1/6 7:56
信号自由詩3*20/1/5 23:49
今となっては氷河期説は主流ではないそうで…自由詩2*19/12/26 19:45
その叫び声は自由詩4*19/12/17 19:22
朝になっても歩き続ける自由詩5*19/12/17 6:51
パロディ映画とみまごうような自由詩4+*19/12/12 14:26
予言自由詩5+*19/11/15 10:52
いつから仲間になっていたんだろう自由詩7*19/11/8 21:13
晩秋の空に自由詩10*19/11/6 11:45
洪水の前に自由詩3*19/11/4 12:51
いつか消える自由詩7*19/9/23 11:54
何の説明もなかったけれど自由詩2*19/9/19 20:22
ビール飲みながらまじめな話なんかしてはいけない自由詩11*19/9/16 18:23
絶滅自由詩5*19/9/13 7:32
自分じゃないと思っているだけ自由詩5*19/9/10 21:41
スナフキンへ自由詩8*19/9/7 22:29
平穏自由詩4*19/9/3 21:43

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「夏が来る前に」から「平穏」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.37sec.