ことことひとこと。その2。(871) システム関連スレ3(705) 廃人がポツリとつぶやく部屋14(948) ぼやき・愚痴・嘆きの野原(328) よろず臨時話し合いのぼやきスレ。(405) ながしそうめん9軒目(598) イベント情報スレッド(570) 詩がかけない〜!(317) 生贄合評スレ(455) 論戦スレ。(1000) お酒スレ(918) 【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(397) 連座 萬草庵 参軒目(113) 音楽スレッドVol.2(597) 題名だけのスレ12(658) 好きなフレーズ その3(838) 題名だけのスレに詩をつけるスレ(26) 牌に命を刻む愚か者に捧げる麻雀スレ(127) 夢を見たら書き込むスレ2(673) コーヒースレッド(301) [分類別リスト] [過去ログ倉庫] [すべてのスレッドを表示] Home

巻頭詩保存スレ (創作系)スレッドオペレーター:渡邉建志
投稿は基本的にその時点での巻頭詩を保存したいと思った人が自由に投稿するのがよいと思います。現時点のものでない場合は、できれば日付を書いていただけると、よいと思います(つまり過去の保存したものでもウェルカムです)。意見発表、創作発表スレッドではなく、保存用スレッドのため、微妙に周りを配慮しつつ、下げを推奨しつつも、上げ・下げは基本的に投稿者の判断に任せますが、なんとなく空気読みながら自分のあげたい気持ちとバランスを見つつがんばれ。感想もウェルカム(・∀・

[131]宏子[2014 02/28 22:39]
■ひと気のない特異点 
■雪が舞う真後ろの過去も今も白く消すかのように 
■待つようにしていた 
■文章創作量が堆積岩となり 
■学べという詩が林立する森 
■釘のよる 
■占拠した 
■さよならよりはむしろエイブラハム 
■愛に藍がわからないのと同じで 
■望遠鏡にうつしだされた君の心を読む 
■道のはては海原 
■極めた世界を 
■膝を曲げて空をつくる 
■私が私をわからないように 
■嵐の晴れ間に 
■水平線に最初のオールをこぎだすように設計図を書く 
■つめたいエクスタシー 
■うた歌い 
■ただ静かに 
■さらば照準は定めた 
 

[130](1+1)/4[2013 01/27 09:55]
 いのちを聞き流す 
 未来には透きとおる 
 倒れてもきみを守り続ける 
 悲しい音から生まれる 
 取り損なった球を追いかけて 
 深く青をのぞき込む 
 冬の空に渡り鳥 
 きみの話ばかりして 
 嘘つきはどろぼう 
 ねんちゃくのシュプレヒコール 
 おれを認めろよ 
 裏側ってこんなもの 
 身の芯はきみの手に 
 鈍く開き直る 
 哀れみと哀しみの月は 
 卵に似た白身 
 言葉が影で囁き合う 
 一等賞でも嬉しくなかった 
 言葉にぬれた 

#複数の話がまじったみたいなかんじ、ちっと順番入れ替えてみていなあとおもったけど、できんくてちょっとくやしい。sage
 

[128]渡邉建志[2010 10/30 01:26]宏子
■あたしの餡が呪われ素敵 
■熱い思い伝えた、心が萎えた 
■回転カプセルフェニックス美空ひばり 
■ネクタイを巻き直すときが訪れるの 
■故意にあけ暮れよ吾が濃い鯉の恋。 
■ポールダンス上手のあたしのポール 
■ルナシーとディオール 
■ライトもレフトも大興奮よ 
■上野でいなくなった貴方に会いました 
■遠距離恋愛はできないよ 
■愛人と少年と大統領さんウイズ、あたし 
■オートミールよ主食たれ 
■だからってさわらないでね 
■結婚って不都合なる獲物かしらもし、そうなら 
■地球は囲まれ落盤するんだわ 
■しゃれこうべが転がるような 
■絵日記は消しゴムのカスだらけ 
■機関銃のように恋したあとだから 
■優しく 心 なぞって 
■優しく 心の 傷めて 

sage
 

[127]鎖骨[2009 11/18 02:09]
■にがい薬を分けてくれる人はまだ現れない 
■だから、探している 
■屋根を渡る猫たちは記憶喪失 
■あの浮浪者達の背にくっついてるだろう 
■物置があるところというのは 
■君の葉脈の形だとか水脈に憧れたり 
■けれど見えない所に隠すんだ 
■なにもかも忘れて動いているときの 
■佃煮ってのは君のことだ 
■とんかつ揚げてからりさらり 
■うちの犬の尾渦巻きをしらべたり 
■そういうところに隠れていて 
■大概いたずら好き 
■すり合わせた指先からたちまち失念していく 
■いつでもお味噌を用意して 
■もしかしたら桜の落ち葉の下にあるかな 
■自分からみえないところで光っていて 
■お昼になければ夕方に 
■猫の指の間をしらべてみたりする 
■大きなシーツの海をクロールする夜 

#sage
 

[126]「ま」の字[2009 11/01 22:19]鎖骨
■宝物を壊す心算なら 
■神様は何処にでもいたが 
■空を塗りたくる ポケットの内部で 
■えらそうに 
■いつでも希望のまなざしで 
■スペルの間違ったスーツ肩にかけ 
■落ち葉たちが経営する狸料理店で 
■取り戻せるものもあるはずかと呟いてカツ丼 
■あるいは立ち食い風俗店であっても 
■ことば遊びも教えてあげたいと冷えたギョーザ 
■万華鏡の現実に歓声あげては 
■ずっと馴れ合っていたいのか 
■地元の学校の大木で拾った 
■どんぐりをすり合わせた指先からメロディーは生まれる 
■たらいまわしの繰り返しに溜め息 
■今日は立ち食い蕎麦屋で呟く 
■風を引き摺るとなると 
■ニッチもサッチもいかんとね 
■大きなシャツの海を泳いでいますねと 
■ぼくは自分に耳打ちする 
 

[125]「ま」の字[2009 10/10 20:07]
■東に白輪、西に火焔 
■じゃあ明日 
■デジタル画面を思わせる 
■変らなかった風景で 
■カウボーイたちの昨日はわらいかけてたか 
■直角に曲がれ 矢車草 
■空を塗りたくる 自転車で 
■白い筋に光る雨 たちよ 
■教えておくれ 
■取り戻せるものもあるはずか 
■僕はそう残した 
■だけど見えたのは昨日の影だけ 
■火の輪を抱く空の蒼さよ 
■仏足跡歌ともに消える 
■始まりも終わりも 
■悲しみも明日 
■ぼくは自分に耳打ちする 
■風を引き摺るなと 
■じゃあ明日。偽りのアイシテルさようなら 
■日のなかを駆け白くひかる雨を眺め 
 

[123](1+1)/4[2009 09/04 03:08]
#リアルタイム。


■巻き戻ることのない気持ち 
■なにかが降りたつ 
■どうして忘れてしまったのか 
■翼のようなものを見た 
■飛び降りる気持ちから 
■三百六十度自由な視界で 
■目の膜が空気の厚みと勢いをモロにうけて 
■これは雲のような なにか 
■優雅に滞空しつづける 
■水色のやかんで作曲する鱗雲 
■落下する烏は地上の美しさに泣いた 
■あらゆる鎖を断ちきって旅する 
■空の青さよりも山際のうつくしさよりも 
■しずみゆく 夕日よりも 
■花びらを集めて涙を集めて ひとりわらう 
■ガラスが砕ける音でねむる 
■けども 目線の先は空へとんでいる


#自己満足・乙 な ぺったんで失礼します(゚-゚)
#ぎゃあ! sage忘れとか… かわいそうすぎるなあ当方、。
#あ!でもでも、全行自作ってわけじゃないですよsage
 

[122]「ま」の字[2009 07/18 23:33]鎖骨
■問題は解決した どんな問題か 
■君は神か 
■決起せよ 
■それとも不出来か、臆したか 
■夏来たりなば春とおざかり 
■レッセフェール 
■玄米茶の白粒もくったと父は言ったが 
■飛んで行った かえる風船工作隊 
■忠良なる地下活動分子たちよ 
■正義の味方は拘束師 
■親父、おれもロードー運動の肩組もうよ俺 
■お、おやつまだぁ 
■キャンペーンは利用するうちが花 
■三枚目の切らしたテッシュペーパーに 
■アリスノジャム、グリフィンノマーマレード 
■なんて詩 書いてんじゃお嬢さん
■あんた貧血で酸欠ならば院へ 
■キャントストップラビンユーなら煉獄へ 
■自分で何でも決めるのか 
■オムレットも食えるなら拾えよ 欝だしのうとひらけ 
 

[120]アザラシと戦うんだ[2009 04/07 00:54]PULL.
システム手帳はいつも 流浪人に 
空腹を耐えるこ とはでき ない頭蓋 
くまで歩いて行こう 
ささくれた関東 平野を通過する クロクネコラ
笹をくれたら 全力で昼寝 
天麩羅粉の空揚げ 
#sage
 

[119]杠いうれ[2008 12/19 18:22]
ロココ調ココロ 
世界は解散します 
スタッカート 
価値観の相違において 
ワルツを 
甘く魅惑的な 
壊れた兵隊が 
ゆうぐれいろと 
カンタータで 
ふわり スカート奏 
ラストダンスは 
それがわかった 
世界は芳醇します 
オラトリオ 
レコードから流れる 
 

[117]そらの とこ[2008 11/13 00:51]
皆が何度も、最初はドレミだって教えたのよ 
君がやってきたようにやってみただけだよ 
通りすがりの詩人たち 
倦怠は自分で叩き潰せ 
拡散拡散核酸格さん隠さん 
わたしが詩を愛するかぎり 
君に砕かれたい 
私が降りても、すぐ狸が言うさ 
通れない雑踏 
骨の髄まで骨髄バンク 
ドアの向こうで僕の声がする 
目を開かない君は楽しいのか 
閲覧している砂礫だから 
バスローブ姿のマリー 拡散 
エネルギーの過多だけど 
拡散するために拡散したい拡散しろ拡散 
ごめんなさい、ごめんなさい 
あるふりだけの最後のカード 
誰かがハートと書いたとたん 
いつまで経っても目を開かない冬 
パラドクスが理解できないのか 
破壊も再生の力とし 
ノーも言えずにただ拡散する 
虚無さえ流す怠惰かな

#最近の巻頭詩コロコロ変わっている気がするので。
#かくさんかくさんかくさん
#キーワードとかでまとまってると「おっ」と思っていいなあと思います。
 

[116]「ま」の字[2008 10/09 22:50]そらの とこ
私は歌っているだけです狙わないでください 
牛が怖いとか 
金が嫌いとか 
書き続ける 
張りついてもムダですよ 
私も詩を書いているだけです狙わないでください 
屋根の上からは 
噴き出すよほしの雫 
明日は祭だ収穫を感謝 
命をみなぎらせた豊穣のモンスターを待ちながら 
やわらかく 
もっと大きな 
泡になる 
明日は崖に出会うと言うと 
崖のふちの竜胆は眠りにゆめみる 
北側の風車は
人知れずジャンプした 
南の草原には 
資本主義の炎が迫る
 

[115]鎖骨[2008 09/25 00:07]そらの とこ
いつもいつも 
なにを探しているの 
叫んでみたいと言いながら叫んだりしない 
いったい何を 
むいてもむいても 
あらかじめ潰れた風船そして 
何も見えないオニオン 
無気力な白目 
そろそろ三時限目だ 黙れ 
怒鳴られたお人よしの影は路地に消えました 

#sage
 

[114]そらの とこ[2008 09/21 16:02]鎖骨
■言ってくれたらよかったのに 
■世界も巻頭詩も荒れている 
■誰もが写って声高にわらった 
■聞いてくれなかったよね 
■そんな事ないってだけど本当だった 
■猫は缶でいいんだ 
■犬は首輪でいいんだ 
■君が嘘をついたんだ 
■みんな辞めて熊猫になろうよ 
■タイヤの輪っかで昼寝して 
■笹の葉噛んで 
■言葉遊びは 
■ちくちくいたいパッチワーク 
■キーボードは 
■ほいほいと軽快なネットワーク 
■聞く気なんてなかったから 
■欠伸してあさっての夢 

#sage
 

[113]鎖骨[2008 09/17 01:52]
答えの無い部屋 
無意味の 
グレゴリオ グレゴリオ 
崩れた角砂糖の 
ニンジン カラス詩
河馬の昼寝の 
君の好きな 
角をいつまでもなめてる 
味の無い酒 
いつもいつもいつもいつもいつも 
 

[112]「ま」の字[2008 09/08 21:51]鎖骨
ビュンと行け 
マヨネーズかけて食べてしまえ 
青い卵だけ 暖め 
音速で走って流せば いいじゃない 
はいて 砕けた 壁の夢 
土砂降りの気分で塞き止めて 
珈琲を飲んで 
胸のうちから響く いいじゃない 
食卓のない部屋の隅で遅い朝食をとろう 
わたしの声を厚い灰色の雲が追う頃 
 

1 2 3 
 
スレッドを新規に作成したり、コメントを書き込むにはログインが必要です。
Home
0.06sec. ver 050714.4.0
スレッドニュース

現代詩,詩,poem,comic,掲示板,投稿,本,詩集,CD,DVD,出版,音楽,短歌,俳句,印刷,芸術,漫画,アート