明日やりますと言い続けて70年
結構なんとかなってきた
比較的、いい子にしていました
最後の願いを聞いてください
Switchください


今年で70回目の良いお年を
クリスマスは私が ....
僕はつづけた。

………というわけで、クジラの瞳の色がネイビーブルーであるのは、
空の色を吸収して、また放射しているからなのです。

傍らにいる誰かが、うなづきながら聞いていた。
僕たち ....
つづきに認める混乱した地平線とx
遅すぎない、遅すぎない、ついに私は
カペラと過ごす一夜を忘れて
助けない、だからなにもしない


近いを縦に灰色の中心地
目で譲り受けてから忘れ得ない声 ....
財布の中には、10円ぽっち
気持ちのいいくらい金がない
金なんか嫌いだ、いるもんか
金なんて馬鹿なんだどうしようもない
金め、親の顔を見てやりたいとくだくだ叫んでやりたいが
暑くてそれどころ ....
人びとの心に残ったきずは
まるで石壁に咲く蒲公英だ

空よりも君を好きになった
君がつむぐきれいな言葉に
なにかたいせつなことが隠されていると思った
おそらく唯一の道しるべだった
ひどく ....
蛇の足も役に立つもの
告白とは一言であるから


あまりに自然なので
いつかあなたを守りすぎ
あなたは真っ直ぐになってしまい
傷ついてかけて、隙間に砂が詰まる


呼吸はとても大切 ....
五 月 雨 吾 と 吾 と の 数 か 月


天 気 雨 ち い さ く て 白 い 太 陽


月 寒 く 母 の 日 忘 れ 花 粉 症


青 あ ら し 内 側 か ....
あたらしいまちをあるく
わたしはすこしこうふんして
ここで、だれにであうだろう
どんなことがおこるだろう
そんなことをおもいながらあるく


わたしはあたらしいコートをきて
かわをおよ ....
無精風邪 水槽で夜月詣で


水槽に立体で泳ぐ今朝の夢


朝うかぶ二十四個の月の夢


夢の音さんざん残酷木魚の香


香りきく不埒淫猥部屋の隅


隅にては惨めな餓鬼 ....
一つの島で、わたしはつよく、過ぎたことに囚われた
太陽が地球を崩壊させるため
爆発的なうつくしさで海と空を染めとばし
宇宙を貫く星々の轟きが
いきのこった生命を汚染するとき
わたしはかなしみ ....
人が死ぬということは、
その人と話せなくなる、ということなんだな
当たり前だけど。

とても当たり前だけど、すごい好きだった、ということを
伝えられないことなんだな。
当たり前だな。

 ....
秋がわらう。君がうたえばいつでも。


遠くで木影が弾くまだ見ない日々。


造花のブーケとともに、午後を見送る。


ざんざんか空は秋には同じうた


秋空と夏空。冬空と春空 ....
ねむりながらおきて
いつものように
あめがふってかぜがやんで
せんねんたって
わたしはわたがしになった
くだらなくてつまらないわたがし


さかなをさがしたり
きのみをうえたりきかい ....
わたしは生まれてこのかた
きっともう何も知らない


カペラ、
木星の謎も水星の謎も
忘れていてすまなかった
いつかを今とは気づかなかった
空は大きすぎる
いつでも
そんなことを言 ....
ていしせい
わたしをさぐる
わるいもの

ほうせんか
ざるつぶるぐで
おおはやり

みどりいろ
ちちがさいごに
ふれたいろ

きょうかいで
ほえるおれたち
さるこよい

 ....
ド、レ、ミ
だけで曲を作れとしいられて
泣きもしたけれど私が馬鹿だった
そんなの全然不条理じゃない


前世で私が誰かを裏切ったことを
謝れ謝れとしいられて
腹立ちもしたけれど私が馬鹿 ....
しゃべりたくなければ
口をとじていればいい



(・・・・・・・・・・・・・・・ぷはっ)



しゃべりたくなければ
口をとじていればいい
息はしてもいいから



( ....
反射的に目を閉じて、何かが溶けて冷たく頬を流れたので、私はそれが雪片なのだ、と知り目を開けた。
私は雪原で、キャンパスと向き合って立っていた。

そこには雪原しかなかった。
遠くで森が寝そべっ ....
人よ
ジャングルの中で
虎に襲われたといって泣くな
それは人ではない
おまえはひとりではない


人よ
ジャングルの中で
大蛇に殺されたといって泣くな
人は猛獣にはかてない
おま ....
オルガンを
小さくして
香りつけて
戸棚にならべてひとり暮らし


古いノート
描きかけてた
歳とった君
遠くにふざけてトカゲの僕


わかるんだってさ


丸い部屋に
 ....
私たちの星についての知識はすべて間違っていた、と
ようやく人びとは悟った



ほんとうの、私の不思議
ひかりの造花とは、いったい何なのか?
夜明けの湖のように
ゆっくりと色を変えまた ....
__は
地球より大きなものをさがして
空を向く
口をすこしあいて
鳥がきこえる


いつか
たくさんのトマトを植えてくれ
前世まで忘れてしまうほどの
いい匂い
そうしたら、金星の ....





風にふかれて俺は
君のたいせつなかなしみを踏みつぶす

雨がふる
虹が崩壊する
目をあける
目をとじる

心をこめて俺を愛する
それが君の答え
子を産み ....
天を咲いてる わたし見る限りの空


類まれなる人類、月から帰る


抵抗忘れ、ここは真っ白い桜さくら


爽快はあるときの君春の空


いのちわたしはいまそれを知るこども
 ....
父は絵本で、母は旅人だった。
ダンジョンを地下へ地下へと解き進み
衰弱しきって手に入れたのは
たったそれだけの事実だった。


うつくしい物語を記録する誠実な本
わたしは文字を指で読んだ ....
木の葉降る楽しい声は秋の空


カレー派の彼は枯れ葉に別れ華麗


図書館でさわやかな日に生理学


野良猫に辛子つけ麺不道徳


枯れ葉かさねて渡されキレ芸のみ


友 ....
海面をうらがえして歩いてる
裸足で踏む空
ひとつだけえらべばいい
そう思う


目がとけていく
涙が雲へおちていく
光とともに生きている


知っていたらもっと違ったのに
なあ ....
月光透す蝶のステンドグラス


夜の粒子は星明かりに熟する


生家に邂逅し得ぬ四十色の石


街上一日についての数式


どこか素敵な場所へ赤いスイートピー


親虎の ....
発音法は本で学んだ
息をはくとき、のどをふるわせ
音をつくる
これがなかなか難しい
僕の場合、17日間つづいた夜のおわりに
はじめて成功した


口とのどをひらいて アー
口をすぼめ ....
ゴジラかよ今後はご飯が放射能


映画みたいといって浴びる放射能


放射能ガンで死んじゃう放射能


原発は嫌いだけど電気は好き


テレビと電気に飼われ泣いたりしてる

 ....
kawa(82)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
文書グループ12/8/20
投稿作品
Switchください自由詩3+*19/12/28 16:08
瞳の色自由詩219/3/27 17:32
アッパーライン自由詩318/9/10 22:27
10円自由詩018/8/25 1:58
惑星探索もどき自由詩318/6/9 15:50
メメント・モーリエ自由詩1*14/7/27 22:14
雨と白俳句0+14/5/16 13:06
あたらしいまち自由詩314/2/16 3:31
餓鬼の月川柳014/1/2 3:14
七つの島自由詩313/12/8 14:35
たわごと自由詩413/10/30 2:05
秋のうた俳句113/9/23 13:52
にどめのたび自由詩313/7/30 22:10
祈り自由詩113/4/29 18:51
もごもご川柳113/4/23 4:41
そんなの全然不条理じゃない自由詩012/9/12 10:56
しゃべりたくなければ自由詩212/8/30 16:07
絵描きの鳥[group]散文(批評 ...112/8/20 6:46
ジャングル大帝自由詩012/7/11 11:21
サーチライト自由詩112/6/30 15:52
造花のブーケ自由詩212/6/23 19:11
トマトジュース自由詩112/6/7 6:59
色のない花屋自由詩012/4/3 20:05
春の住人川柳212/4/1 16:13
三月のライオン自由詩112/3/24 23:46
秋と血球川柳011/10/16 16:38
水中花自由詩211/5/25 15:26
蝶とスイートピー川柳011/4/30 17:51
発音法自由詩411/4/9 15:57
放射能川柳411/3/29 3:10

Home 次へ
1 2 3 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「Switchください」から「放射能」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.53sec.