大河ドラマもここ数年
マンネリ化していて

リアルタイムで
毎週みる気がしない

もうこれぞという
面白いものは
出尽くしていて

歳を取るに従い
記憶力の減退と

つきなみ ....
でっこまひっこま

とは
でっぱったりへこんだり
という意味で

これまでちょっと
聞いたことがなかったが

どうやら方言らしい

こんな面白い言葉に出逢ったのは
カメラのレン ....
ちょっとやり過ぎじゃないかい

下界は大雪で
いろんなところが雪で埋まって
大変な事になってるよ


分厚い雪雲に
すっかり隠されて

不機嫌になった青空が
雪雲に言いがかりを ....
孔子が説いたという
ゆうざの器のいましめは

つぼ状の器に水が入っておらず
空の時は傾き

ちょうど良いときはまっすぐに立ち

水をいっぱいに入れると
ひっくり返ってこぼれてしまう
 ....
シンシンと
音もなく降り続け

零下の気温も重なって

朝起きて
窓の外を見てみたら

10センチも積もる
一面の銀世界

初雪としては
よくもまあこんなに積もってと驚いた
 ....
今年のクリスマスなんて
もういいや

いくらくやんでも
仕方がないし

泣いたって
恋人なんか出てこない


みんなが幸せそうに
している今を

この目に
しっかり焼き付け ....
おゃ
知らないのかい

本場イタリアじゃあ
サンタじゃなくって

魔女が
クリスマスプレゼントを運ぶのさ

もともとは
聖書のなかにある

伝説の老婆のこと

キリストをさ ....
ゴメン


ひとこと言えなくて
いつの間にかクリスマス

わかっているけど
意地を通してゴメンと言えず
何人去ったかわからない


クリスマスの主役は
もちろん君さ

な ....
笑うに笑えない

涙の
クリスマスプレゼント

できるなら
粉々に砕いてしまいたかった

ターコイズブルーの
恋のかけら

その一粒が
こころの隅に残って

チクリと痛む
 ....
12月になると
どこからともなく流れてくる

-----きっと君は来ない
一人きりのクリスマスイブ-----

天上のキリストも気に入って
永遠の命を与え

12月になると
不死鳥 ....
クリスマスが近づくと

スイーツの王国が
輝きを増してくる

王国を支配するのは
クリスマスケーキという国王

この時期になると
必ず世界中でつくられて

その名声をあげ
盤石 ....
寒いけれど
すがすがしい

冬の青空が広がっている

晴れた日には
必ずといって良いほど

謎の大型4発のジェット機が

まるで
異次元のトンネルから飛び出すように
上空の途中 ....
百万円と一万円とでは
重さが違う

札束にすれば明らかだけど

物理的な重さもあるが
心の中にも重さがある

何かを買う時なんかは
一万円なら気軽に選んでも

百万円となると
 ....
雨上がりの後に時間があると

少女は
いつも散歩にでかける

行く先は
街の高台にある
見晴らしのよい公園

ベンチに腰掛けて
虹のでるのを待っている


今日もまた
い ....
軽石が 重荷になって 冬の海 シルエットのほうが美しい

とでも
言いたそうに
絵画のなかで

熱心に
シルエットを見つめているのは

シャルロッテに恋をした
ゲーテという詩人

若き乙女の
可憐なシルエ ....
とてもめずらしい光景が
竜王戦の第4局で現れた

終了まじかの大盤解説で
説明役のプロ棋士が混乱している

ふつう
投了の近い最終盤になると

不思議と
解説のプロ棋士の読みが
 ....
四冠の誕生日プレゼントを
ありがとう

とは
師匠が自分の誕生日に

大変な偉業を成し遂げてくれた

弟子にむかっての
喜びの思いだが

まてよ
この日は僕の誕生日

師匠 ....
最近
ライカの70年も前のレンズに夢中になっている

ズマリットという名前だが

現代のレンズでは決して得られない
その写りが面白い

プロの女性写真家が
好んで使うようになってから ....
煙突のチューブから
青空のキャンバスに向かって

どんどん飛び出してくる
真っ白い雲たちは

目の前で生まれていても

いつも空高く
昇れるわけじゃない

飛行機がつくる
飛行 ....
秋も次第に深まって
桜の紅葉が美しさを増してきた

少し離れた場所にある
桜の木には

優しい陽の光が満ちあふれ

ひときわ
その美しさを際立たせている

さっそく
望遠レンズ ....
なんて原始的なんだろう


空に浮かぶ雲たちがささやく

それに
値段も八千万円近くと
普通の人間にはとても買えない価格だし

まあ
空を飛ぶ車よりは
ちょっとマシかな

 ....
偉大な羽生九段の時代にも
結構面白い指し手は多々あったが

指すたびに現れる
これまでにない斬新な指し手に

いつも驚かされ魅了されるのは
私だけではないだろう

人はそれを
AI ....
上越ではすでに初冠雪があったので

ここ下越でも
すぐに初冠雪が見れるだろうと思っていたら

今日遠い山々に
ちらほら白いものが見えていて
どうやら雲ではないようなので

早速望遠レ ....
おや
また5分くらい狂っている

これで買ってから2回目となるけど

原因ははっきりしないが
電波時計が狂うと厄介だ

デジタルの置時計なので
いちいち合わせ直すのが面倒だし

 ....
朝早い
日の出から間もない頃

まだ
昇りきらない太陽目指し
2つの飛行機雲が

まるで
太陽を射抜こうとしているように
長くながくのびている


流れる雲より高く
気持ちよ ....
釣った魚にエサはやらない

なんて
まだマシなほう


デジカメの純正バッテリーや充電器の
バカ高いのには呆れてしまう


通り越して
怒りさえ覚えてしまう

デジカメ本体 ....
秋はまだ
始まったばかりなのに

冬のような寒さをつれて
すさまじい嵐が吹き荒れる

山の天気のように
目まぐるしく変わる空模様

黒々とした雲が
あっという間に通り過ぎ

か ....
日の出の景色は
その日の気象条件で様々に変化し
一期一会の絶景という

そこで
いつものように
この絶景を撮っていたら

あかね色に染まる
地平線あたりに漂う雲が

ごく一部だけ ....
白く輝く
美しい雲の階段が

地平の彼方から
こちらに向かってのびている

ほんのわずかな時間だけ現れる
天空への道は

月へ帰っていった
かぐや姫が

今にもでてきそうな気配 ....
st(308)
タイトル カテゴリ Point 日付
大河ドラマはまとめてみるのが一番自由詩322/1/8 4:12
でっこまひっこま論自由詩622/1/4 9:06
白い試練自由詩821/12/28 9:43
ゆうざの器のいましめ自由詩721/12/25 13:55
雪をも溶かす松の体温自由詩521/12/23 5:56
来年のクリスマスこそ自由詩321/12/21 11:26
魔女のクリスマス自由詩721/12/18 15:14
主役のいないクリスマス自由詩521/12/16 1:13
クリスマスプレゼントの罠自由詩521/12/13 3:34
クリスマスが終わるまで自由詩521/12/10 5:57
スイーツの王国自由詩521/12/3 3:05
異次元からの訪問者自由詩621/12/1 11:28
金銭重力ゼロの世界自由詩321/11/26 5:21
虹を待つ少女自由詩621/11/24 7:24
軽石俳句521/11/23 3:08
シルエットの秘密の扉自由詩621/11/20 10:55
AI超えの証明自由詩421/11/17 5:19
誕生日プレゼント自由詩321/11/15 6:03
多重人格は好きにはなれないけれど自由詩421/11/12 5:34
工場生まれの雲はアーティスト自由詩321/11/8 7:27
気の弱い赤とんぼ自由詩421/11/6 3:36
空を飛ぶバイク自由詩521/11/4 4:07
斬新な指し手で人々を魅了する少年自由詩221/11/1 3:19
初冠雪が教えた寒波の通り道自由詩121/10/30 4:19
電波時計の神話自由詩521/10/28 3:17
太陽を射抜く飛行機雲自由詩421/10/26 3:23
釣った魚からシボリとる自由詩321/10/24 9:10
秋の嵐と虹とジェット機自由詩621/10/21 9:11
日の出の雲に竜が住む自由詩421/10/15 9:48
かぐや姫の階段自由詩621/10/11 9:42

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「大河ドラマはまとめてみるのが一番」から「かぐや姫の階段」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.