傘を見たものは言う

       尖っているやつだね
       いや、丸かった
       いやいや、三角だった
       短くなかったか
 ....
     手を伸ばしても、伸ばしても
     掴めないやさしさに
     伸ばした指先に
     宿るかなしみ
     声にだすことも、
     泣くこともできず
 ....
    夏の夕暮れに躓いた
    石ころがあったわけじゃない
    何もないからこそ躓いた
    すぐに起き上がったが
    膝を痛めた
    夕焼けが眩しかったの ....
    ちいさな蕎麦屋の片隅で
    夏の忘れ物が色褪せていく
    ときには本を片手に行儀悪く
    あるいは昼間から日本酒を肴に
    天ざるふたつを頼みながら
 ....
    


       なんとさびしいのだろう
       どこまでも青く透き通る
       夏の空を見上げ
       忘却の罪を知ったのは
       いつ ....
  それはまるで
  昨日の太陽のさんさんと
  眩しいばかりの煌めきで在り
  今日の雨のしとしとと
  深く深く浸み込むさまで在り
  いつかの風がそよそよと
  凪い ....
      わたしは考える
      寂寥について
      独り寝について
      細胞のひとつひとつに
      寂しさや孤独、不安が
      住み着いているのだ
  ....
      短い髪が好きだ
      短い爪も好きだ
      髪には白いものが
      手にはしわが刻まれた
      時は経つ
      何もしなくても、 ....
     うつくしく咲く
     その一瞬を
     乾燥させて閉じ込める
     ドライフラワー
     呼吸し脈打つ
     うつくしさを
     傲慢なま ....
     だれもいない畑の真ん中で
     愛くるしい笑顔と
     くるくるとした巻き毛を持った少女が
     火を放った
     そうしなければならない理由を
      ....
     休日の午後4時、
     大きな鍋にぐらぐらと
     日々のあれこれが沸騰する時間
     きっかり2分
     それ以上でも、それ以下でもない
 ....
     もともと弱っていたのか
     怪我をしていたのか
     詳しくはわからないが
     知り合いが土鳩を踏んでしまった
     まだ息はあるが瀕死の状態で
  ....
    ぱちん、ぱちんと
    爪を切る
    飛んだ爪を拾ってみたら
    さびしさだった
    腰をかがめ
    切りにくくなった
    足の爪を切る
 ....
    あなたはもう
    忘れてしまいましたか
    わたしのことを
    わたしはあなたを
    忘れていました
    しあわせだったからと
    言えればよか ....
    湯舟につかった
    踵が泣きそうなため息をつく
    どうしたのと
    心配顔する膝小僧
    そうだね、
    今日も疲れたね
    ふくらはぎは黙り ....
  


    真夏の太陽に
    色はなく、その熱さだけが
    じりじりと世界を熔かし
    わたしを象る器すらも
    あいまいなままに
    歪んでゆく
   ....
    わたしには夫もいない
    子供もいない
    甘えん坊で手がかからない
    拾った猫と平和な日々
    幾年かがたち齢を重ね
    顔にも手にも無数の皴
     ....
    失くすことを恐れ
    立ちすくむ臆病者
    案山子のように何もせず
    ただひたすら
    恐れおののき目を閉じる
    欲したものは
    すぐそこ ....
オオカミは
目の前にいる羊を
食らいたかった
飢えていたのだ
一気にかぶりつき
 ....
    冷蔵庫のなかに
    あなたがいる
    夕べの寝顔そのままに
    たまに取り出し
    話しをしよう
    言えなかった
    ひとことも
    ....
     見る影もなく
     下垂の一途を
     たどっています
     この両の房の中にある
     喜びと寂寥、
     この歳になればそれはもう
    ....
       
      夜ごと繰り返し
      問うてみても
      答えは不変
      ただひとつ
      詮無い問いに
      千々乱れ
     ....
     それは
     雨ざらしにされた
     靴下のように
     不誠実だった
     だから捨てた
     時が経ち
     青空が広がり
     太陽の光は ....
     かごめかごめを
     するときは
     逢魔が時をさけなされ
     かごめかごめに
     囚われて
     ひとり残され
      ....
                                                                        

   ひとりでは
   立てないと ....
    頬を濡らすものを拭うこともせず
    ただ手放しであなたは泣く
    抱きしめても嗚咽はやむことなく
    わたしの肩が湿り気を帯びる
    体温の熱さが伝えてくるもの ....
     朝起きて顔を洗うとすぐに
     台所へと向かう
     目覚めのいい朝も、悪い朝も
     遅刻しそうなほどぎりぎりでも
     必ず台所へ向かう
      ....
   あしたの天気予報をテレビで眺め
   ちゃぶ台のうえのビニール袋から
   隠元をとってはへたをとり
   ざるに放り投げてゆく
  
   あしたは夕方雨が降るらしい
   隠元は ....
     朝目覚めると空のコップが
     ひとつ置かれている
     わたしは満たす
     さわやかな空の青さ
     もうすぐ咲くだろう蕾の息遣い
     少し焦げた目玉焼き ....
    目を閉じれば
    いつだって自由に
    本を読むことができる
    そして本たちは折にふれ
    少しずつふえていく
    二年越しのラズベリーが
  ....
石田とわ(236)
タイトル カテゴリ Point 日付
記憶の棘自由詩521/9/5 8:46
指先自由詩421/9/5 7:19
夕暮れに躓く自由詩5*21/8/21 0:40
夏の曲がり角自由詩421/8/21 0:23
忘却の永遠自由詩3*21/8/14 3:08
雨上がりの日に自由詩7*21/8/9 5:21
揺るぎなきもの自由詩9*21/8/1 21:38
時を生きる自由詩4*21/7/28 2:50
ドライフラワー自由詩121/7/26 1:23
わたしの宿題自由詩3*21/7/26 0:06
沸点自由詩6*21/7/23 22:32
人間と鳩と生ゴミと自由詩4*21/7/22 22:45
わたしをつくるもの自由詩10*21/7/21 23:09
伝えておきます、逢う日まで自由詩6*21/7/20 23:27
一日の終わりに自由詩6*21/7/20 22:45
いびつな昼下がり自由詩4*21/7/20 1:48
その日のために自由詩4*21/7/19 23:02
愚者自由詩2*21/7/19 2:14
飢え自由詩3*21/7/18 23:16
西瓜自由詩4*21/7/18 22:12
房の中自由詩8*21/7/18 0:46
問い自由詩3*21/7/17 23:09
捨てられないもの自由詩2*21/7/17 0:28
花掬い自由詩6*21/7/16 20:35
夜明け前自由詩8*21/7/16 4:02
夏の陰自由詩15*17/7/22 2:25
ご飯と卵とわたし自由詩9*17/7/22 1:37
隠元自由詩9*17/7/8 3:13
日常自由詩8*16/4/29 22:54
愛撫自由詩5*16/4/22 0:26

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「記憶の棘」から「愛撫」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.24sec.