石をつつむ
壁をつたう
伸びていく
一本の蔓は

  しなやかに
  陽のなかを
  炎と雨と風
  受け止める

    一粒の豆の
    一つの芽が
    時の ....
 ○

 卵を焼く、
 パンを焼く、
 炒飯を炒める、
 返す、振る、混ぜる、
 油を飛ばす、
  。

 シーズニング
 シーズニング

 鉄の、熱さよ、


 ○ ....
         ノイズまじりの、
   奇妙な音の群れ が内耳を通過し、
撹拌   しながら襞を、 這い回る。


  声にならない
    壁の向こう側     壊れた楽器たち ....
  
 弱い者たちから死んでいただきましょう。 唐揚げくん1パック¥380にあがったけど買いにいこ。
    
イヤナラカエレバイインダヨナ?と言った彼の行方は知らない 図書室にいて十五歳たちエイエンニカエレナイカエレナイ
    七十の男の口よりハジキでた歯茎だったかはがきだった件 君が揺れている


君の声が聞こえるよ



でも言葉にしない


ふふ  

ふふふ


春と
呼んでいるんだ


きらきら

光に舞う

ちいさな ....
気がつけば、
懐かしい歌が僕のなかに流れていた。

昔、よく聴いていたんだった、

J-Pop なんて生まれていない、時代の頃。

一つの恋が終わり、
その残り香にさよならを告げる ....
ひとの あかるい静寂に
三月の 翳りを払い
透き通る 母の微笑みと
掲げられた 父の腕と

誰一人 見知らなくとも
写し出すものを 瞳の中
いとおしいと 

めぐるものたちの ....
{引用=ひえびえとする
部屋の冬
ふゆとよぶものか
ぶるぶる
ふるえながら
つめたくなる
部屋のなかで
るびを
ふり
ながら
ふるえだす
たとええない
わたし

ちぢ ....
死の山を ふみこえてゆく
死の山を ふみこえられてゆく
死の山を ふみこえてゆく

積み上げられた 石だ
つぶやいている
つぶやいている
つぶやいている
つぶやいている
つぶ ....
{引用=極々ありふれたおーとくちゆーるな
空ははじまりのようにしてはじまり
すっかりなくしていたのではないか

ポロポロとこぼれおちてきた
てのひらには三つの釦
ベージュの淡いまあ ....
東の山より
夜空を高く高く
黄身の色を灯した
地上のMを目指し
するーするー
まあるいのりものがゆくよ

はんばーがー
きみの
口元にけちゃっぷ
したたる窓

つき  
 ....
    岩

   せせらぎがながれ

   葉やはなびらがながれて



    風

   計量器の退屈を戯れ




    ・

   無が刻印された
 ....
{引用=施錠された雨へたどりつくまでの足取り

輝ける虚空の大理石に屈服してしまうわたしの

 一歩を待つ夜を繋いだ

白熱灯が光る死角を擦れ
吸った湿気る一悶着に

手を打ち鳴 ....

つめたい
銀の雨
腕を伸ばし
手のひらを広げる
空を見上げる
目を開く

降る
地に乾く
私を
すこしづつ

つかんでしまう
虹を風を
雲を




 ....
 ・が刻印された
 塩化ビニールの・を
 セルフレジにて・・する
 ・・主義者の・
 について
  
  『新しくない・・主義』より 
     ..
 

. .agitaromasemenvos


{引用=       _/
 

   

    営靴福追求撃発射為日裏苦憂的幸絶賛痛
          ....
 埋め尽くす虹の。



 這う四肢の白の。
 計量器の退屈をもてあます午後の     ねむらない {引用=犬猫たちに売りつけろ
わたしに課せられた使命
マスキングテープのためのコピーライト
わたしの仕事
わたしが社会を企て
会社に貢献するために

騒がしいものたちをだまらせたい
わ ....
途絶え、

 、
 
 ニホン
 サンボン
 
  ロツポン 


 キユウホン




 みあげる、ソラ の 
{引用=そばに岩があり 
大木よりちいさい 
わたしよりおおきな

せせらぎがながれ 
葉や花弁がながれて
 
野辺に虫や鳥はなき
かたい種を芽吹く 

訪れるものを前に
あ ....
 一位 静岡県 25200t
 二位 鹿児島県 23900t
 三位 三重県 5080t

2020年(令和2年)
日本国内における
茶の生産量
 https://tea-sanro ....
 仕事を終え
 帰宅した父は  
 酒とテレビと新聞で
 眠りました

 引っ越しの際には 
 3階への踊り場から
 下りていきました
  
 車の運転席に戻ると
 静かに ....
 

 嘆く人の呟き
 呟きのなかの

 きみはきみの
 多様を生きる
 
 その眩しさの
 一つ眼を閉じ

 指に照らすは
 その人の見る
つぶやく
となりの人が
つぶやく
一日が
沈む

美しすぎる
ぱすてる
あすへ かえりたい

         。

 明けの星
 大きな鳥が舞う 静かな街
 ぼくは飛び乗ったのだ
 
 正しいものを、正しい答えを、正しい何者かを、
 真実を探して、 ....
津煙保存(59)
タイトル カテゴリ Point 日付
"9"自由詩5*22/6/26 17:57
"REVOLVER"自由詩3*22/6/25 11:04
"Revolution"自由詩2*22/6/24 23:42
花の戦略短歌1*22/6/1 13:53
_短歌2*22/5/28 9:05
短歌1*22/5/27 13:47
自由詩2*22/4/2 18:32
ラブソングよ、永遠鳴れ。自由詩3*22/2/26 16:13
BLESSING自由詩3*22/1/18 10:34
ひと、の自由詩4*21/12/25 16:27
死の山自由詩4*21/12/20 14:06
ブルー シャツ自由詩3*21/12/20 13:44
be tween's 自由詩2*21/12/11 22:05
#自由詩7*21/12/1 11:06
自由詩6*21/11/25 17:30
自由詩4*21/11/24 10:21
自由詩2*21/11/9 16:15
_/自由詩9*21/10/23 12:01
自由詩3*21/10/21 17:49
自由詩1*21/10/21 14:37
自由詩1*21/10/21 14:31
マスキングテープ自由詩7*21/10/19 17:10
自由詩3*21/10/18 20:09
自由詩4*21/10/18 1:15
親ガ茶自由詩2*21/10/12 22:05
父のこと自由詩3*21/10/8 20:54
人の光自由詩5*21/10/8 20:29
ついーと自由詩1*21/10/5 22:43
いんすた自由詩2*21/10/5 22:05
夢明列車より自由詩8*21/10/2 11:26

Home 次へ
1 2 
0.69sec.