半袖の子に風邪をうつす 難解な謎を解くたび奇声あげ人面瘡が肥大していく evianのお湯割りで酔う君だから大事な夢を話せなかった 聞いたことないことわざに頷くとジョンは真夏に雪を降らせた 家康の影武者としてメイクラブ天井裏にくノ一がいる 失恋の痛み吸いとる掃除機に手をかけたまま動けない夜 泡になることを望んだ人魚姫大人になるともっと寂しい 便秘の腹に顔描いて踊っている パトカーのミニカーばかり集めてた俺はパンダが好きだったんだ 正解と誤解はきっとミリ単位誤解し合って繋がる世界 忘れてもいいことばかり思い出し見えない糸にからまっていく 喪服姿でアイスの実を食べたせいだ 眠れない私をよそに夢の中Fのコードを押さえたままで 恋文の紙飛行機がゆっくりと春のカケラを集めて進む 赤い糸まだ千切れるな姥桜 姥桜永遠でない愛と知る 眼帯の女の膝や散る桜 花散らす雨聞きながら書く手紙 渋滞続く白い車ばかり 恋文に桜ひとひら貼られおり 花吹雪逢瀬の前のハイボール 運命を変える桜となりにけり 打ち出の小槌から米しか出ない 恋ぐらいひらがなにしてはつざくら だんだらの羽織脱ぎ捨て花の中 姥桜人目避けたる逢瀬かな 海に向かって叫ぶことではなかった 初桜恋の病の処方箋  口紅をつけられた襟花朧 白無垢の姉の姿や花吹雪
北大路京介(5853)
タイトル カテゴリ Point 日付
半袖の子に風邪をうつす自由詩116/5/19 22:27
難解な謎を解くたび奇声あげ人面瘡が肥大していく短歌216/5/13 23:51
evianのお湯割りで酔う君だから大事な夢を話せなかった短歌216/5/13 23:51
聞いたことないことわざに頷くとジョンは真夏に雪を降らせた短歌216/5/13 23:50
家康の影武者としてメイクラブ天井裏にくノ一がいる短歌216/5/11 22:20
失恋の痛み吸いとる掃除機に手をかけたまま動けない夜短歌316/5/11 22:17
泡になることを望んだ人魚姫大人になるともっと寂しい短歌316/5/11 22:17
便秘の腹に顔描いて踊っている自由詩516/5/10 21:09
パトカーのミニカーばかり集めてた俺はパンダが好きだったんだ短歌216/5/10 21:09
正解と誤解はきっとミリ単位誤解し合って繋がる世界短歌216/5/10 21:09
忘れてもいいことばかり思い出し見えない糸にからまっていく短歌216/5/10 21:08
喪服姿でアイスの実を食べたせいだ自由詩516/5/9 18:20
眠れない私をよそに夢の中Fのコードを押さえたままで短歌216/5/9 18:19
恋文の紙飛行機がゆっくりと春のカケラを集めて進む短歌416/5/9 18:18
赤い糸まだ千切れるな姥桜俳句216/5/9 18:17
姥桜永遠でない愛と知る俳句216/5/7 21:38
眼帯の女の膝や散る桜俳句2+16/5/7 21:38
花散らす雨聞きながら書く手紙俳句316/5/7 21:38
渋滞続く白い車ばかり自由詩316/5/7 21:37
恋文に桜ひとひら貼られおり俳句2+16/5/6 11:42
花吹雪逢瀬の前のハイボール俳句116/5/6 11:42
運命を変える桜となりにけり俳句3+16/5/6 11:42
打ち出の小槌から米しか出ない自由詩316/5/6 11:41
恋ぐらいひらがなにしてはつざくら俳句116/5/4 20:11
だんだらの羽織脱ぎ捨て花の中俳句116/5/4 20:11
姥桜人目避けたる逢瀬かな俳句1+16/5/4 20:11
海に向かって叫ぶことではなかった自由詩716/5/4 20:10
初桜恋の病の処方箋 俳句216/5/3 11:35
口紅をつけられた襟花朧俳句116/5/3 11:35
白無垢の姉の姿や花吹雪俳句6+16/5/3 11:34

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「半袖の子に風邪をうつす」から「白無垢の姉の姿や花吹雪」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.47sec.