広末の顔がプリントされたシャツ着たまま僕らサカナになった 口にした絶対零度下回るマイナスギャグが大炎上中 VRグラスをはずし25時湯加減を訊く仕事へ戻る 熱のないおでことおでこくっつけて「風邪かも」と言う パクチーを入れた八草粥になおガラムマサラと七味振る夜 もしかして僕は餅かもお雑煮と同じ匂いのする風呂に居る お蜜柑を食べて黄色くなった手がババ抜きのババ引き当てている 失恋の痛み吸い込むわけじゃないそれでもルンバ抱き締め眠る 鼻先で揺れる人参オレもまたヒヒーンと言う男となった 宗猛、茂、茉奈、佳奈つぎつぎとふるい落とした回転木馬 この愛が宇宙の外へ届くほどスベり続けるボケにツッコむ 応援歌まだ聴こえてる君はもう見えない場所へ消えているのに 君という花に水遣る。雨の日は心安らぐ歌を贈ろう。 『食べられる銀河図鑑』のせいでまたおやつとなって消えた星々 獅子舞を仕舞い忘れた姉妹より焼売2個とシマウマ届く 鉛筆を削るナイフの向こう側スカートめくるタケシの笑顔 「ゆきりんと まゆゆは処女でいて欲しい」愛人の胸揉みながら言う? 「上がる」とは北へ行くこと(間違えて京都タワーの上空にいる) 売れ残りケーキの上の苺だけ食べてる僕の肺が冷たい 全身にハチミツ塗られ森の奥日本の首都はパリじゃなかった 「あの子だけピンクのランドセルずるい」なんて書けない『せんせい、あのね』 君の毛をもとに作ったクローンは胸が君よりあったから破棄 現実と非現実との境界をわけるスプーン抜けないフォーク 左からASKA、ボン・ジョビ、レディー・ガガ ひとつとばしたところに刺客 青い薔薇咲いてもボクは女だし名古屋章は東京出身 青空に白を吐き出す戦闘機湿り気のあるポテトチップス 左利き用のギターを右で弾く君のピアスが揺れる夕暮れ 火を灯すマッチのように咲く君が話しかけてる羽根のない鳥 酔拳の達人が飲む水筒にミルク多めのカルーアミルク 十二支をはずれたゾウがアリクイを誘って組んだセカンドユニット
北大路京介(5853)
タイトル カテゴリ Point 日付
広末の顔がプリントされたシャツ着たまま僕らサカナになった短歌218/1/17 21:12
口にした絶対零度下回るマイナスギャグが大炎上中短歌018/1/17 21:11
VRグラスをはずし25時湯加減を訊く仕事へ戻る短歌018/1/17 21:11
熱のないおでことおでこくっつけて「風邪かも」と言う短歌218/1/11 22:01
パクチーを入れた八草粥になおガラムマサラと七味振る夜短歌118/1/11 22:01
もしかして僕は餅かもお雑煮と同じ匂いのする風呂に居る短歌018/1/11 22:00
お蜜柑を食べて黄色くなった手がババ抜きのババ引き当てている短歌118/1/8 14:20
失恋の痛み吸い込むわけじゃないそれでもルンバ抱き締め眠る短歌018/1/8 14:20
鼻先で揺れる人参オレもまたヒヒーンと言う男となった短歌018/1/8 14:20
宗猛、茂、茉奈、佳奈つぎつぎとふるい落とした回転木馬短歌118/1/6 15:43
この愛が宇宙の外へ届くほどスベり続けるボケにツッコむ短歌018/1/6 15:43
応援歌まだ聴こえてる君はもう見えない場所へ消えているのに短歌118/1/6 15:43
君という花に水遣る。雨の日は心安らぐ歌を贈ろう。短歌318/1/4 16:08
『食べられる銀河図鑑』のせいでまたおやつとなって消えた星々短歌118/1/4 16:08
獅子舞を仕舞い忘れた姉妹より焼売2個とシマウマ届く短歌018/1/4 16:07
鉛筆を削るナイフの向こう側スカートめくるタケシの笑顔短歌017/12/30 13:26
「ゆきりんと まゆゆは処女でいて欲しい」愛人の胸揉みながら言 ...短歌017/12/30 13:26
「上がる」とは北へ行くこと(間違えて京都タワーの上空にいる)短歌117/12/30 13:26
売れ残りケーキの上の苺だけ食べてる僕の肺が冷たい短歌117/12/27 15:27
全身にハチミツ塗られ森の奥日本の首都はパリじゃなかった短歌117/12/27 15:27
「あの子だけピンクのランドセルずるい」なんて書けない『せんせ ...短歌117/12/27 15:27
君の毛をもとに作ったクローンは胸が君よりあったから破棄短歌117/12/23 13:09
現実と非現実との境界をわけるスプーン抜けないフォーク短歌017/12/23 13:09
左からASKA、ボン・ジョビ、レディー・ガガ ひとつとばした ...短歌017/12/23 13:08
青い薔薇咲いてもボクは女だし名古屋章は東京出身短歌117/12/19 20:36
青空に白を吐き出す戦闘機湿り気のあるポテトチップス短歌017/12/19 20:36
左利き用のギターを右で弾く君のピアスが揺れる夕暮れ短歌217/12/19 20:36
火を灯すマッチのように咲く君が話しかけてる羽根のない鳥短歌017/12/16 13:23
酔拳の達人が飲む水筒にミルク多めのカルーアミルク短歌017/12/16 13:23
十二支をはずれたゾウがアリクイを誘って組んだセカンドユニット短歌017/12/16 13:23

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「広末の顔がプリントされたシャツ着たまま僕らサカナになった」から「十二支をはずれたゾウがアリクイを誘って組んだセカンドユニット」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.42sec.