迫りくる(夕立の雲、許されぬ嘘、長い指、クセになる声) 撫でられる耳から恋に落ちていく高めの声は好きじゃないのに ぼくじゃないオトコの臭い吹き飛ばす扇風機さえ首を振らない 輝けぬ星を数えて深くなる闇でときどき君が待ってる 約束を誓う小指を離すとき君の香りが耳を掴んだ 文房具背中に載せて机マン普段の彼は四つん這いマン エロ本の雨を降らせるUFOに50年後の僕が乗ってた 煮えたぎる憎しみの目を隠すため涙を拭うハンカチじゃない 青空を突き抜くように投げていく破裂しそうな夏の林檎を 思い出すたび美しくなる人を愛する君と見ている朝陽 この話いますることじゃなかったな伸びつづけてるカップラーメン OKを横から見れば仰向けで寝ているように見える あかちゃん 青春の幻影として片付けた女と同じ匂い、いいわけ 汚してもいい制服を脱がす手と優しい嘘に愛が足りない 保健室「オデ、熱、ナイ」とフランケン顔色悪く釘刺さってる 正義なき筋肉ばかり太くなる暴力的に飲むプロテイン 寂しいが死にそうにない 人参を齧るピーターラビットと僕 筋肉とおんなじように切れてより太く再生しろ赤い糸 ヤキモチとチーズケーキを焼きながら生き抜く自分を肯定してやる ドーナツの穴だけ食べて痩せたのよ(このあとグーで殴られました) イチローはオレが育てたなんてこと近所のガキに言った夜泣く 唇が痛くなるまで接吻とキスの違いを教わる忍者 喜劇 or 悲劇 どちらを選んでも途中で寝るしまたそこが好き コンドーム、今度産むって似ているね危険日だよと笑って君は シモネタをフル装備してラスボスの淡谷のり子を成仏させる 濡れるたび知らない人になっていく梅雨前線停滞してる 重過ぎる殻を背負ったカタツムリなにも背負えず逃げ回る僕 恋人と呼べなくなった君と子がシロツメクサの冠を編む 不機嫌なわけに気づいてくれたなら今日が世界の終わりでもいい なにごともなかったように帰る背と火傷しそうな燃え舞う蛍
北大路京介(5787)
タイトル カテゴリ Point 日付
迫りくる(夕立の雲、許されぬ嘘、長い指、クセになる声)短歌216/7/30 13:15
撫でられる耳から恋に落ちていく高めの声は好きじゃないのに短歌316/7/30 13:15
ぼくじゃないオトコの臭い吹き飛ばす扇風機さえ首を振らない短歌216/7/30 13:14
輝けぬ星を数えて深くなる闇でときどき君が待ってる短歌316/7/28 12:02
約束を誓う小指を離すとき君の香りが耳を掴んだ短歌216/7/28 12:02
文房具背中に載せて机マン普段の彼は四つん這いマン短歌116/7/28 12:02
エロ本の雨を降らせるUFOに50年後の僕が乗ってた短歌216/7/26 21:23
煮えたぎる憎しみの目を隠すため涙を拭うハンカチじゃない短歌216/7/26 21:22
青空を突き抜くように投げていく破裂しそうな夏の林檎を短歌1116/7/26 21:22
思い出すたび美しくなる人を愛する君と見ている朝陽短歌416/7/19 21:46
この話いますることじゃなかったな伸びつづけてるカップラーメン短歌516/7/19 21:46
OKを横から見れば仰向けで寝ているように見える あかちゃん短歌216/7/19 21:46
青春の幻影として片付けた女と同じ匂い、いいわけ短歌316/7/15 21:27
汚してもいい制服を脱がす手と優しい嘘に愛が足りない短歌116/7/15 21:27
保健室「オデ、熱、ナイ」とフランケン顔色悪く釘刺さってる短歌116/7/15 21:27
正義なき筋肉ばかり太くなる暴力的に飲むプロテイン短歌2*16/7/7 22:28
寂しいが死にそうにない 人参を齧るピーターラビットと僕短歌116/7/7 22:28
筋肉とおんなじように切れてより太く再生しろ赤い糸短歌216/7/7 22:27
ヤキモチとチーズケーキを焼きながら生き抜く自分を肯定してやる短歌416/7/4 23:18
ドーナツの穴だけ食べて痩せたのよ(このあとグーで殴られました ...短歌416/7/4 23:18
イチローはオレが育てたなんてこと近所のガキに言った夜泣く短歌116/7/4 23:18
唇が痛くなるまで接吻とキスの違いを教わる忍者短歌316/7/2 23:02
喜劇 or 悲劇 どちらを選んでも途中で寝るしまたそこが好き短歌216/7/2 23:02
コンドーム、今度産むって似ているね危険日だよと笑って君は短歌216/7/2 23:02
シモネタをフル装備してラスボスの淡谷のり子を成仏させる短歌116/7/1 22:41
濡れるたび知らない人になっていく梅雨前線停滞してる短歌216/7/1 22:41
重過ぎる殻を背負ったカタツムリなにも背負えず逃げ回る僕短歌316/7/1 22:41
恋人と呼べなくなった君と子がシロツメクサの冠を編む短歌416/6/29 23:42
不機嫌なわけに気づいてくれたなら今日が世界の終わりでもいい短歌216/6/29 23:42
なにごともなかったように帰る背と火傷しそうな燃え舞う蛍短歌316/6/29 23:41

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「迫りくる(夕立の雲、許されぬ嘘、長い指、クセになる声)」から「なにごともなかったように帰る背と火傷しそうな燃え舞う蛍」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.84sec.