すべてのおすすめ
蕾さえ開かなくなったこの部屋であなたがいなくてどうして眠るの


なぜだろうマフィンが今日はすごくかたい あした世界がおわるからかな


刻まれた時間のそとで落ち合おう 蕾、マフィ ....
マフィンが
きょうは
すごくかたい
あした世界がおわるからかな

熱いポット
たべようよ
声がする
わたしは今
靴下の編み目にいる
星がしゃべるとき
わたしらは無口になった
あかりをみんな消して
肌で暖をとった

嘘とそれ以外
世界にあるものの
すべてを好きだった

言葉は
いくらでもあるのに
引き抜こう ....
あるはずの体を
あるはずの記憶で
建てなおす

あちこちにゆがんだ寂しさをもち
ありふれた色に懐かしさを覚える
吹けば飛ぶような思想を傘にして

いったいこの灰色の粘土細工の
ど ....
とにかく名前ばかり産んでいるあの子たちが
赤い一張羅を着てでていくのを見たから
星空、火打ち石、波打ち際もざわついて
やっと世界がはじまるのだ、とうわさした

結局、うまれたのは

 ....
正直なところ、たしかに生活することは悪くない。湯を沸かし、布を洗い、床を磨き、花を飾る。娘の髪を梳き、夫の靴をそろえ、ときどき、外で花を売ることは。
どうしても今日死ななければいけないのに。とい ....
約束だとおもって
ちゃんと5時に来た
新南口に
だれひとりやってこない
犬もこないし
鳥もこない
なんだよ
かわいい嘘じゃん
それでわたしは考える
拾われなかった小石や
打ち寄 ....
うみのような体ですから波打って別れ際にもずっと濡れてる このベランダにはほとんど雨が吹き込んでこない。建物が林立しているために風が入り込んでこないのだ。降っていても裸足で出る、湿ったタイルの心地、むすめが背中にぴたりと張り付いてくる。
咲いた蘭、いく ....
おわりかけの日々に
柔らかい泥を塗り
火をくべる

似たようなことが
何度もあったはずだけど
何度も

感傷しかない
空気ひとつぶにもいちいち動じてる
吸い込むたびに途方にくれ ....
季節のない部屋で
すごしたくせに
夏のくるたび
手繰られる記憶の
熱はもう遠いが
遠くで燃えている

形なんて
古臭いのに
捨てられなくて
ばからしいよな

熊の目で見る街 ....
横たわるあなたの寝息に触れようとして脆いガラスを抱いたように怯えている
そうだ でも わたしは
たしかにむかしガラス瓶だった
そうこうするうちに
なんだかつめたい夕暮れがきて、

影たちがふれ合う
街は灯る
日々は揺れ
そこかしこで蓋がひらかれる

完全な夜がどこにもない
まぶたの裏にも
スカートの中 ....
週に3回か4回、自転車を15分こいで通っている花屋は大型マーケットのすみにあって、だからか、こういう時期でも営業を停止しない。でも場所はあんまり重要じゃないのかもしれない、街のなかにある花屋をみる .... 眠りの横で願うとき
わたしの願いが
泥のように暗い
頬をそっと撫でたいとき
わたしのゆびが
泥を塗るように重たい
せめてわたしが
だれも傷つけないように
祈るとき
わたしの眠 ....
春のなかで
君は自由で
ちょっと涙があふれそう

空が
向こう側にむけて
ぎゅうっと伸びていく
薄まっていく
絡まっていく

ぼんやりと窮屈な春のなかで
君は自由で
ぼくは ....
春風が つよくふいても
なびかないで立っているのに
触ればそのぶん減っていく
きみの 強さと弱さ

  コンクリートと
  まぶしさ を
  並列に考える
  どうして永遠が
  ....
わたしたちは 忘れてしまった
どんな手も
水を産むことはできない

湛えた夢が 溢れながら
事象を繋いでいく それが
現実でないことに
どれほどの意味があるだろう

裏返り 反転 ....
雨がふりだして
猫の恋も濡れる
傘はどんどん縮んでしまう

ウイルスが街を呑み
国境はふかくなる
社会と生活をかける天秤の
0の目盛りはなくなって

僕たちは星をたべ
想い ....
ふたりして春の間際で咲いちゃって あるはずのない青い花弁 パンはもうすぐ焼けると思う
夜が来たり
雨が降ったりする
人間の気持ちを傷つけたくて仕方がないときがあり
着替えて
街を廻る

そんなふうに
蓋をして
砂みたいになっていく
 ....
こどもが陽に反射してきらきらひかっている。よく見るとセーターに縫い付けられたスパンコールがいちいち光を跳ねかえしているのだった。
切花の世界は春を迎える。ラナンキュラス、チューリップ、スイトピー、ア ....
さむい朝
世界じゅうで息は吐かれて
甘い詩をなめて生きていくの
といった
彼女が死んだ
くまは瀕死だった
ぐるりを人間たちにかこまれて、
路上で、濡れて

だいじょうぶですよ
とくまは言おうとした
ひとりで死ぬから、だいじょうぶです

「殺せ」
とだれかが言った ....
爪から
ほそい光がでるようになってしまった
愛されすぎですね

医者が言った
でもだれに?
という問いには答えずに

気をつけてください
光のぶんだけ
影がたまっていきますか ....
わたしのむすめのすごいところのひとつは、ドーナツの穴を食べられるんです。
あるときわたしがおやつのドーナツをかじりながら、「いつだってこの穴が消えちゃうのがせつないよね。」と言ったら彼女は「 ....
嵐のおわる場所に
椅子をならべて
裏がえった愛情が
もう一度裏返るのを待っている

此岸
寄せ返す情
理由と
コンタクト
嵐が
終わるのだ、

信じていた私。
こぐまたちは もう
おとなになって
森をでていった

犠牲のない欲望
なんてあるだろうか?

草がひとすじ
ゆれるのもこわかった
生きていなくても良かった
生まれてきたことは
 ....
鍋や木べらはあらかじめだしておくこと。もうだめってくらいにはりつめた茄子やトマトを刻んだそばから鍋に放ってすぐ火にかけてしまうので。近頃の味付けは簡単で、肉を入れるなら塩だけで、野菜だけの煮込みな .... くまたちが春をわすれると
街はわあっと暑くなる

なんでもない顔をして
生きていかなくてはならない。
箱が産卵する
そして部屋には
部屋のかたちの夜がはいってくる。

眠れずにい ....
梅昆布茶さんのはるなさんおすすめリスト(272)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
蕾、マフィン、そして明日- はるな短歌721-2-9
マフィン- はるな自由詩321-1-18
- はるな自由詩1320-12-24
あるはずの体- はるな自由詩920-12-18
草原- はるな自由詩920-11-13
メモ(正直なところ)- はるな散文(批評 ...1620-9-21
新南口- はるな自由詩620-9-9
ずっと濡れてる- はるな短歌220-8-27
メモ(いくつもの呪い)- はるな散文(批評 ...1220-7-7
おわりかけ2- はるな自由詩520-6-22
熊の目- はるな自由詩420-6-19
運河- はるな自由詩420-6-2
なんだかつめたい夕暮れがきて- はるな自由詩820-5-18
メモ- はるな散文(批評 ...620-5-4
2002- はるな自由詩320-4-21
自由さ- はるな自由詩620-3-24
春風- はるな自由詩220-3-16
水を産む- はるな自由詩820-3-3
かんたんにきえていく- はるな自由詩520-2-25
間際- はるな短歌1*20-2-24
光りはじめる- はるな自由詩16+20-1-25
切花の春、時期、花瓶をあらうのこと- はるな散文(批評 ...520-1-14
彼女- はるな自由詩719-12-30
くまは瀕死- はるな自由詩7+19-12-5
愛される- はるな自由詩1419-11-12
メモ- はるな散文(批評 ...619-10-1
- はるな自由詩219-9-15
こぐまたち- はるな自由詩119-9-8
メモ- はるな散文(批評 ...219-9-4
くまたち- はるな自由詩819-5-25

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「蕾、マフィン、そして明日」から「くまたち」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する