俺達のことを誰も知らない
俺達は誰よりも弱い
俺が蹴っているこれよりも弱い

生きているか死んでいるかはどうでもいい
他人なら尚のこと
俺達は過呼吸すぎる
もっとひっそりと静かに佇むべき ....
踊るフラグメント
回るテスタメント
それでも止まないグリコーゲンの行進
いくら泥濘のグラウンドを藻掻いても

15歳の猫背の老兵
全ての記号を使って叫んでも
ボナパルトにはなれない
不 ....
嘘しかついたことがない少年の
嘘をつく顔のまま
ずっと走り続けていた
地球がだめになって
火星も金星もだめになって
木星にようやく足跡をつけたとき
ぼくは笑っていた
光は遅すぎて話になら ....
さよならからはじまる物語は全部つまらない
無言と有言の境界線を綱渡りのように泳いでいく
沖縄、という地名があって
沖縄、という場所があった
そこで世界の一番はじっこは
青い、ということを知っ ....
屑星で汚れた夜空に投下するスペースデブリ(わたしがみえる?)


「まってたよ」わたしの形をした猫に殺されて世界はなにもないまま


それあげる、ドーナツ型のクッションの血液の匂いしみつい ....
生まれたばかりの魂は天高く
地に還るのを只管に待っているだけ
君はどのくらいの高度を征くのだろう
死にかけの魂が空を指さして笑っている
大地の重力に押し潰されながら

天国の近くで笑うのが ....
泣いてる少女の頭上に灯る
青色発光ダイオード
泣いてる少女は轢かれる少女
赤色発光ダイオード

わらう少女は哲学わずらい
大事なことまで四捨五入
わらう少女はおかしな少女
死んでといっ ....
コンセントタップに
ウィルキンソンのジンジャーエールを
注ぎ込む くらい
サイケデリックで素敵な
素敵な素敵な素敵な素敵な
夢を見ていた

コントラストをハイにして
ピンヒールで地軸を ....
くすりってどんなあじ
才能をくれるくすり
あるはずのないものが見えて
たのしくなってくるくすり
一口ちょうだい
あなたがのんでる青いくすり
赤いのはよくて
青いのはだめなのはなんでなの
 ....
インディゴに染まる星空の果てに
ピンク色に輝く地球があって
だからこの手紙は
あそこからやってきた

皺くちゃの状態だったと思ったけれど
手紙が言うにはこれは正当な折り方で
かみひこうき ....
せっくすしたい
と言うのはキーボード
送信ボタンを押せば
世界に広がるマイヴァギナ
けれどもそこにはフォッサマグナのひずみを感じるほかなくそこに体温はない
本当はセックスなんて一つもしたくな ....
本当に死者がおばけになるのなら君はアダムになるしかないね


アッパーな曲でノってるあの娘から流れる涙の味が知りたい


みんないなくなればいいって二億年ほんとにいなくなって豪遊
 ....
ようやく身長が

5万キロメートル、だからつまり

50メガメートルくらいになったので

宇宙のはしっこから

地球にめがけて

精液をぶっぱなして

地球を受精させた ....
一人でゲームセンターに行った帰り
コンビニの前で黄髪のお兄さんの鋭い一瞥と目が合った
単に喧嘩を安売りしているだけなのか
それともただ単に
一つの穴を巡る目眩く争奪戦の一つの
火蓋が切って落 ....
{引用=

  彼女は、文字通り高嶺の花だったのだ


 僕の心はぱちぱちと音を立てて、
   ぽとり、と地面に吸い込まれた


「あ、から始まる季節つくりたい!辞典の最初の方に載せるの!」「もうあるよそれ」 セックス、ということばを軽々しく口にして
君は飄々と話をつづけるものだから
僕は何も考えずに「え、いまなんていったの」と聞き返すと
君は「え…バンゲリングベイ…?」とその後に言った言葉を言ったか ....
一生の約束使ったあとだからはみがき味のアイスもうまい



あら、貴方、背骨が曲がっていますわよ、パパ、新しい椅子買って、椅子



おなか痛いおでこにおなかの痛さ度を表示でき ....
セックス自重 ストップドラム
それでも鳴り止まぬものが一つある
下り坂では転げ落ち 登り坂では迂廻する
辛うじて世界の底にいる(自分の意思によってではなく)

国会議事堂爆破予告盛り上がる愚 ....
赤血球とか、白血球とか。深夜に光るのはそれだけで、あとはずっとだんまりを決め込んでいる。寒い、と震えるのはあなたの亀頭。許せない、とつぶやくとそれはぱち、と音を立てて消えた。帰ります。ぱち、ぱち、ぱち .... 「ナオトいる?昨日もらったシャンプーさ、髪合わなくて剃髪したの」



血塗れになっても奏で続けるのファしか出せないピンクのミシン



にんにくを割ってでてきたひよこたち ....
おやすみから始まったからこれは夢さよならのないまぼろしの夢


40度のほとぼり込めて君の口はたまに一人が怖いといった


めくれないページに書いてあることは           

 ....
貸切の回転木馬に乗る僕を規則正しく眺める夜空



アスファルトに落としたラブレターいつ堆肥になるかなってずっと眺めてるだけ



得意げに「こんなんだったらいくらでも、」黒こげチーズ ....
落ちていくとはいつでも一方向である
僕らはそれでも迷い続けているのだ
ひっくり返せない砂時計の中で
僕らは底を探しながら落ち続けているだけだ
いつかは底に着くだろう
それが望むものじゃなかっ ....
全席でセブンスターの煙立ちブラヴォが響く深夜のガスト


世界には苦痛もあると知るだろう彼女もきっと母になるから


根を張ればAV機器が増えすぎて自分探しの旅も出来ない


昨日か ....
年号は覚えやすいねにせんはち年におこった(できごと)ならば



蛙の降る梅雨も終わって空蝉の降る夏の瀬も埋葬されて



上階に行けば行くほど高くなるベランダに立つ柵の高さは

 ....
ニコい。また来週の風景を見ている「
27号線を横断するパトゥロールカーの青や黄色
それらが一直線になってそごう一階の壁を駆けめぐる。善。
夏でした。木星が光ってプールの水を揺らしました。
絵日 ....
近年のゆとり教育の蔓延により、「秒」という概念を廃棄するべきだ、という改革が起こった。つまり、1秒は1分になり、1分は1時間になり、1時間は1日になるわけである。この改革は成功した。1時間は60分であ ....  この国で一番大きいといわれている図書館に訪れた。出迎える広いロビー、その向こうにはぎっしりと本が並んでいる。多くの本は分厚く、背表紙は無機色だ。館内は足音も響かない。すみません、珍しい本が読みたいん .... 高い飛び込み台から、どぼん、と飛び込む。水中は真っ暗で、深いのか浅いのかも分からない。確かめるために潜ってみようとするが、体が動かない。何かと思ったら、水面に手首がひっかかって抜けないのである。困った ....
ピッピ(253)
タイトル カテゴリ Point 日付
モドゴホルド(mod'goholdo)自由詩411/7/18 23:25
首吊り縄の向こうに自由詩311/5/21 9:28
希望自由詩811/5/6 0:41
さよなら自由詩411/4/28 0:02
ナタリー・イン・ブルー・リア短歌711/3/5 3:35
生命線自由詩410/12/23 13:06
いつまでも青信号が点滅しているみたいに自由詩510/12/18 11:01
機雷自由詩310/8/11 2:30
アウストラロピテクス自由詩210/8/1 2:00
19月の星空の果てに自由詩410/6/29 20:46
ソーシャルネットワークシステム情事接続自由詩310/4/27 23:33
ごめん雪舟、君の涙の味だね短歌1610/3/23 9:47
地球、好きだから自由詩210/2/3 15:24
全ての哀しい夜のために自由詩609/11/28 0:29
六尺の花自由詩209/6/16 7:42
プラムチャウダー短歌209/6/10 0:20
イタリアで食べたたらこスパゲッティのことと、スーツの似合わな ...自由詩309/6/1 13:49
ヤックデカルチャー短歌309/5/20 0:02
薬指の存在意義はどこにあるの、と春は[group]自由詩109/5/17 22:11
星どもが産まれたら自由詩509/3/4 0:34
【短歌祭参加作品】マシュマリズム[group]短歌508/12/8 22:11
2008ねん10がつ15にち 鍋の中で短歌308/10/15 21:38
ピッピエード短歌3+08/10/11 20:52
ひつぎが一匹自由詩308/10/8 19:15
バーチャルに住むということは、いつか壊れるという不変の結末を ...短歌508/9/8 23:06
第三次短歌大戦短歌808/8/14 22:51
ニコい自由詩108/7/7 21:00
方程式/019/500文字の本棚自由詩108/7/2 19:42
変り種/069/500文字の本棚自由詩608/7/2 19:42
オオムラサキ/500文字の本棚自由詩208/7/2 19:40

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
0.1sec.