伝染病なんて死語かと思っていたのに
ドラキュラのごとく復活してしまった

復興五輪と名打ちながら
一向にフクシマの復興は見えてこない

株価は下がり続け
日銀の異次元金融政策は破綻す ....
窓の外は春らしい春の日
郵便配達員などもいつもの時間どおり

うちの中では冬を生き延びた一匹のハエがお試しフライト

楽しそうだ
でもあまりはしゃぎすぎるとウィルスにやられるかもね ....
こんな春

まとまった
雨が降った

そう 無人

静かに墓石を掘り起こしに

目やにが

重ね合わさって
混ざりあって

黄色い洗面器に
雨だれ すくって

 ....
人間なんて
生まれりゃ 死んじまうわけだし

今更うろたえてもしょうがない

旧式だの 新型だの
湯沸し器でもあるまいに

見よ

ぶた食い野郎らであっても
 ....
たぶん自分は「ある」物ではなくて、「いる」者にすぎない。
いま・現れている世界は、ただ・「そう」慣れ親しんでいると、
自分の知に基づいた、ただ「そうだ」と思い込んでいるだけの世界にすぎない。
 ....
兎色の
小鉢にヌタ
白みそに
いかと
わけぎとを
あえた
もの
味見の
母の手が
ぴょんと
わらう
このやるせない 怒りは
この俺の やるせない怒りは
伝染病の恐怖の 最中にあってさえ
執拗に くりかえされる
社会病理に向けられている
理性の壁など いとも単純に破壊し
ものやかねに群 ....
寒い窓みとったら
みとったばかりの
顔が浮かんでくる
ずる ずる
おうどん おいしいかぁ
ええ音だして
ずる ずる
いわせやんなあかんで
泣く子も
泣き止み
すう すう
寝入 ....
直観を疑うとき そういうときには 必然的に
他人任せの あやふやなデータや あやしい話に
乗せられているのが わかっている自分が
よく見えている自分が 自分に見えるときがある

古本屋の ....
風貌がどことなく、ソクラテスに似ていた。
その饒舌ぶりも、悪妻を愛したことも。

ヴィユー
ヴィユー・ムーン

芝生にて
おやすみなさい…
おとこの乳首・露出を規制するらしい。
“鏡のまえでなにカップぐらいだろうか?”、
と横綱土俵入りの後で、
シャツをたくしあげてみる…
辟易してしまう
理性的な頭でいられる
自分の中で粉散する
超越的態度を
現象に
そうだ
不条理な現象を
他人事として
語る自分のそれは
天才的正論を舌して
悦に没我して ....
おんなを買い
そびれたので
雪のよる
ホワイトチョコを買い
洋酒のあてにする
背中が開くように
かって戸が開くと
いつもの
エタノールが
目に臭う
うさぎが会いたくて
白い 白い
自分とおなじような
白い雪を降らせました
馬鹿なこどもは
白いうさぎに合うことが
できず泣きました
うさぎも泣きました
白い白い 雪と
赤い  ....
雲が波のごとく
制空に押し寄せてくる
この光景を
その窓から見たはずだ
きみよ
騙され屋の若き特攻隊員
南の海へ逝く
前に
わたし
78でヒットマンやりました
これも高齢化社会というものなのでしょうか
非社会人とはいえ
もう戻る組もありません
すこしはヒットしましたか
ひばりのように
朝からしゃけ弁当くわしよる
国会議員やったら幕の内弁当とちゃうんか
ほんま個人には冷たい国や
進行速度の遅い
乱気流は鈴鹿山脈を越え
大阪平野にフェーン現象を招き
一月の最高気温レコードとなった
毘盧遮那仏よ
立ち出でよ
吐息一風
悪政を焼き払え



 ....
「背側側頭窓」からチーズケーキがみえる。
その表面にはいくつものき孔があいている。
が、たべてもおいしいだけで、孔の味は発見できない。
古い毛布にくるまって
そのほのかなぬくもりの中へ落ちてゆく
ときおり失った言葉を見つけ直したりして
なんで毛布が言葉を覚えているんだろう
そういぶかっている自分に気が付くと
ディスプレイ ....
とにかくネットにいりびったって20年ほどにもなってしまいました。
HNもどれだけつくったのか、定かではありません。
「れたすたれす」っていうのが長かったみたいなんですけど、
「宗像現象」もけ ....
おそらく
この自然には同じといえる
事象はありません

天国と極楽が違うように

希望のシャロンに
輝く未来は到来しないように
深く森の闇の香りがします
行き過ぎてゆく人に言葉をかけたりします
つまらない世間話ですけれども
視線はいつも痛いものです
いくどもえぐられているような不安定な
でもそれが欺かれていた ....
正月が終わるころ、
いつとなく思うことがある。

母の島へいってみたい、
そう思う。

オレさえ生まれてこなければ、
兄と両親は、
幾度となく島に、
かえれていただろう…

 ....
小鳥についばまれた 肉は
果実の それであって
ついばまれずに 落下して
芽をいぶきだすのは そのたねである

ある彗星が太陽系外の別宇宙の存在者が
近々 太陽系内に飛来しつつある ....
回転台の壊れたヒーター
この部屋を暗室にしているカーテン

うまい嘘をつく季節風

渡すのか
渡すべきか

この使いきれない肉体を
その本質さえ死なぬ我が魂を
書き溜めたポエムを
彼女たちは読みっこ
恋もしたことないのに
恋のポエムをドキドキしながら
読みっこ

ハノイの広場にて


ソクラテスが恋人と語っている
胸の高鳴りを抑えなが ....
木立の間にはkたちがいて、
秋の陽のいっぽんの光線を見つめている。
アクビばかりしているけれど、
朝焼けだか、夕焼けだか、
それがわからない。
光線の中にはオレンジ色の微粒子が、
血球 ....
ながつづきしそうもない事をさじに拾っては、
数分の間、あれやこれや考えている。
白いからかさが回っている。
そでにはネズミが周っている。

  今生に産まれた甲斐がない。
  光ある処を求めなければ。

    雪の世に女が溶けてゆく。
    「それがなけ ....
ナンモナイデス(227)
タイトル カテゴリ Point 日付
憂い事自由詩1*20/3/13 11:43
ぶーんぶーん自由詩6*20/3/12 14:02
昼寝の後自由詩3*20/3/10 19:36
傍観者xから自由詩2*20/3/10 14:05
辟易から疲弊へ自由詩7*20/3/4 13:32
ヌタ自由詩7*20/2/29 11:54
良識を取り戻せ自由詩4*20/2/24 21:21
うどん修行自由詩13*20/2/23 21:33
充足的な理由自由詩3*20/2/20 20:59
月見草自由詩2*20/2/11 19:15
おとこごころ自由詩2*20/2/11 13:16
超越論的マスク自由詩4*20/2/10 19:23
臭さ自由詩3*20/2/9 21:18
うさぎとこども自由詩7*20/2/8 21:02
紫電改自由詩2*20/2/3 21:20
ヒットマン自由詩1*20/2/3 21:18
冷たい弁当自由詩2*20/1/31 21:13
希求自由詩3*20/1/28 18:59
ヴェロキラプトル自由詩5*20/1/27 20:51
残された詩自由詩4*20/1/27 19:35
近頃の悪夢散文(批評 ...1*20/1/27 12:09
ストレリチアのストイケイア自由詩4*20/1/25 21:09
杳香自由詩8*20/1/10 19:35
自由詩11*20/1/5 19:05
プレゼント自由詩10*19/12/25 21:36
円環自由詩13*19/12/16 21:08
恋ごっこ自由詩4*19/11/20 21:04
kと言う生存者自由詩11*19/11/19 21:11
余った夜自由詩6+*19/11/15 21:09
性怪自由詩6*19/11/4 21:26

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「憂い事」から「性怪」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.46sec.