テレワークしてたら
テレワープしてしまった
ズ ノイズ ノイ…
古井戸から
白い手が…
小椋佳の唄に「暇つぶし以上に」がある。

k聴きのk知らずの自分が悲しい。


 たらいで生まれて
 おけの中まで何もわからず生きてる
 時の流れが悲しい

 暇つぶし以上 ....
阪神の震災
フクシマ
台風災害
そして
コロナ・・・

非常事態
宣言をしたアベが
YouTubeで芸能人と狂気演

嗚呼
もうたくさんだ
火をつけろ
国会議事堂に

 ....
もうヘルパーは一か月以上キャンセル中です。

スポーツジムが危ないと報道されてから内のがいるためです。

もう20年以上家にばかりいる自分なんですけども。

この6年ぐらい毎年気が滅入 ....
変なおじさんは変なおじさんの
同一性をなくさないでいてほしい


公共放送でアーカイブ化されるより
押入れのなかのビデオライブラリとなれ
そういえば
五つのころ
映画館の向かいの
お好み焼きが食べられなかった
大きすぎて

そういえば
五つのころ
デパート屋上の
ひーろーショーで
おお泣きしてしまいました
 ....
こぬか こぬか
かぞえられぬ あめ

霧と 外套と 手土産と

目の やり場の 無い いらだち

無限など 永遠など

言葉に 化かしてみても

俺も 焼かれ 灰にされる
 ....
詩病を患って久しい
いったい誰の詩を読んで伝染してしまったのか
今となってはわからない

いくどか再発と自殺未遂をループするが
扁形動物のように死なない

書かれた詩はそれを ....
たぶん30ぐらいの
白人の妊婦さんが
息も絶え絶えなのに
“コロナにかかり重篤になるのは
高齢者ばかりじゃない”とかなんとか
スマホで自撮りして
大変なところ人類のために
うった ....
スペースコロニーとかで
コロナウイルスなんか
流行っちゃったら流星だろうね…

一雨ごとに冷たい風が流れて
冷たい肩越しを
冷たい春の日がすぎてゆく

たるい気分でいられりゃい ....
それでも
なにかに望みをたくしたいと
自我のなかでは
おもっているのだけれども

それでも
あの野蛮な
政府に従いつづける
あの弱弱しい人ごみに
埋もれたくはない

それでも ....
未完成な 時空ほど美しい

 たとえばそれは 忘れていた
 あどけない ことばにぃ しぐさにぃ

まるふぇいす ぼでぃでっばぐ


さぁ りいんすとぅーる しなきゃ


嗤え ....
レタスって
あの
苦味がすきなんです

雨降りあとの
鉄さびのような
あの
匂いもうれしいです

かさを
ぐる ぐる
回してみました


ぐる ぐる
ねこが
丸い手 ....
一年後


ユーザー名とpwをペースト

おっ xxx xxxさんがトップ (゚O゚)

か… などと

たぶん 嗤っている


自分が 観える
青いケーキはおいしいかい
寒の戻りだったよ 今日は

昨日も 勘が戻っていなかったし
競馬は当分自粛しなきゃね

昨日まで元気にぶーんぶーん やってた

ハエも自粛しちゃったのか
 ....
生結晶の鏡面に反転写するゾーエー
黄昏どきの海と空に黄金のビオス
アナトミーとして天使の羽を嗤うプシュケー
伝染病なんて死語かと思っていたのに
ドラキュラのごとく復活してしまった

復興五輪と名打ちながら
一向にフクシマの復興は見えてこない

株価は下がり続け
日銀の異次元金融政策は破綻す ....
窓の外は春らしい春の日
郵便配達員などもいつもの時間どおり

うちの中では冬を生き延びた一匹のハエがお試しフライト

楽しそうだ
でもあまりはしゃぎすぎるとウィルスにやられるかもね ....
こんな春

まとまった
雨が降った

そう 無人

静かに墓石を掘り起こしに

目やにが

重ね合わさって
混ざりあって

黄色い洗面器に
雨だれ すくって

 ....
人間なんて
生まれりゃ 死んじまうわけだし

今更うろたえてもしょうがない

旧式だの 新型だの
湯沸し器でもあるまいに

見よ

ぶた食い野郎らであっても
 ....
たぶん自分は「ある」物ではなくて、「いる」者にすぎない。
いま・現れている世界は、ただ・「そう」慣れ親しんでいると、
自分の知に基づいた、ただ「そうだ」と思い込んでいるだけの世界にすぎない。
 ....
兎色の
小鉢にヌタ
白みそに
いかと
わけぎとを
あえた
もの
味見の
母の手が
ぴょんと
わらう
このやるせない 怒りは
この俺の やるせない怒りは
伝染病の恐怖の 最中にあってさえ
執拗に くりかえされる
社会病理に向けられている
理性の壁など いとも単純に破壊し
ものやかねに群 ....
寒い窓みとったら
みとったばかりの
顔が浮かんでくる
ずる ずる
おうどん おいしいかぁ
ええ音だして
ずる ずる
いわせやんなあかんで
泣く子も
泣き止み
すう すう
寝入 ....
直観を疑うとき そういうときには 必然的に
他人任せの あやふやなデータや あやしい話に
乗せられているのが わかっている自分が
よく見えている自分が 自分に見えるときがある

古本屋の ....
風貌がどことなく、ソクラテスに似ていた。
その饒舌ぶりも、悪妻を愛したことも。

ヴィユー
ヴィユー・ムーン

芝生にて
おやすみなさい…
おとこの乳首・露出を規制するらしい。
“鏡のまえでなにカップぐらいだろうか?”、
と横綱土俵入りの後で、
シャツをたくしあげてみる…
辟易してしまう
理性的な頭でいられる
自分の中で粉散する
超越的態度を
現象に
そうだ
不条理な現象を
他人事として
語る自分のそれは
天才的正論を舌して
悦に没我して ....
おんなを買い
そびれたので
雪のよる
ホワイトチョコを買い
洋酒のあてにする
背中が開くように
かって戸が開くと
いつもの
エタノールが
目に臭う
うさぎが会いたくて
白い 白い
自分とおなじような
白い雪を降らせました
馬鹿なこどもは
白いうさぎに合うことが
できず泣きました
うさぎも泣きました
白い白い 雪と
赤い  ....
ナンモナイデス(243)
タイトル カテゴリ Point 日付
かもしれません自由詩2*20/4/14 19:42
今何を聴いていますか自由詩3*20/4/14 18:52
一狂人の希求自由詩2*20/4/13 21:04
日々是悪日自由詩2*20/4/6 19:37
ビデオライブラリ自由詩10*20/4/4 21:25
五つのころ自由詩1*20/4/1 21:11
されど 俺は自由詩3*20/4/1 19:38
病者詩覚書自由詩3*20/3/30 13:33
未感染者自由詩4*20/3/29 20:46
極楽へ自由詩4*20/3/28 21:19
それでも自由詩1*20/3/25 21:16
みかんすう自由詩6*20/3/23 21:09
かさぐるま自由詩11*20/3/20 21:10
爽快な千里眼自由詩3*20/3/18 21:10
寒の戻り自由詩7*20/3/16 21:19
非可能性態自由詩1*20/3/13 21:26
憂い事自由詩1*20/3/13 11:43
ぶーんぶーん自由詩6*20/3/12 14:02
昼寝の後自由詩3*20/3/10 19:36
傍観者xから自由詩2*20/3/10 14:05
辟易から疲弊へ自由詩7*20/3/4 13:32
ヌタ自由詩7*20/2/29 11:54
良識を取り戻せ自由詩4*20/2/24 21:21
うどん修行自由詩13*20/2/23 21:33
充足的な理由自由詩3*20/2/20 20:59
月見草自由詩2*20/2/11 19:15
おとこごころ自由詩2*20/2/11 13:16
超越論的マスク自由詩4*20/2/10 19:23
臭さ自由詩3*20/2/9 21:18
うさぎとこども自由詩7*20/2/8 21:02

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「かもしれません」から「うさぎとこども」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.5sec.