わたしの潮位はあたたかいですか

あの肌のぬくもりよりも

潮汐ふたつ

重ねたりして

潮騒も遠く

弔意をしるべ

さすれば息が上がっても

さすれば息が絶えても
 ....
世界内ウイルスは無数である。

その内の一つが開示され名辞された。

「」は内世界で言語ゲームの対象となりプレーされる。

各プレーヤーは、言語化できるなら「」について、
な ....
売っていたらしい
老舗のうふ
かしわ餅
もうおっさんなのに
死ぬまでくうきか
かしわ餅
においにかられ
かしわの葉に
とまる
懐疑的な

一息
国境なき医師団が。TVCMつくって募金を募っている。
非常事態下だというのに非常識なやつらだ。
おまえらこそ勝手に医者面を隠れ蓑に、
貧困ビジネスやったりスパイ活動やったりしてんじゃねえ ....
サイダーあめより、
冷やっこいサイダーがほしいのです。
ふきだす汗のように、
瓶肌から冷たい清涼感が染み出す。
つつじの香りもたのしいです。
今朝、湯沸し器がこわれました。
寒暖差という季節の魔術にかかったようです。
明日、修理にくるそうです。
マスク洗っておこうとおもいます。
湯沸しポット付近のハエは、
あいかわらず元気 ....
乃木大将っていうのは、
秋のもみじのほうが、さくらよりすきだったらしい。

でも9月って台風くるんだよね。
入学式に家ぶっ潰れましたなんてごめんだな。


どさぐさまみれの教育改 ....
ある程度の怒りと、
その程度の発熱と、

あの配布されてこない
マスクへの口唇ハザード

いらだちは決して、
正規分布いたしません。
いくら人が絶望しようが

系統進化の囲いの呪縛から人は

逃れ去るこはできない

他のオブジェクトに侵入し

自己増殖する魅惑

おお

これこそ始原の嗤いなのである
 ....
たれさがりが奇麗だね
魚竜の鰭の一夜干しかと思ったよ
春のおわりを
そしてそれは夏のはじまりを
予感させる
夜の漆黒の稲光
瞬間を狂喜する視覚野
自分は肺炎を患いやすい体質らしい。それが孤独で
あることが好きな要因の一つになっているのかもしれない。
時間は自分に未来だけを予感させ陰湿に突っ立っている。

その美しい手は孤独ですか
 ....
人権を守るべきか

人命を守るべきか

否 否 否

2020年の春も終わった

やはり独我論に至らなければならない

国家にころされてはならない

水たまりに気を ....
今朝は声が純粋です。
エアコンに頼らない朝だから。

いい事は忘れないうちに、
文字にしておきましょう。

怨霊フォントなどかえて。
額にかぜを煽り
汗が滲みわく

ストロークを
もっとストロークを

いい顔になってるぜ

女の顔だ

まるで
失われた時
を嗤っている
テレワークしてたら
テレワープしてしまった
ズ ノイズ ノイ…
古井戸から
白い手が…
小椋佳の唄に「暇つぶし以上に」がある。

k聴きのk知らずの自分が悲しい。


 たらいで生まれて
 おけの中まで何もわからず生きてる
 時の流れが悲しい

 暇つぶし以上 ....
阪神の震災
フクシマ
台風災害
そして
コロナ・・・

非常事態
宣言をしたアベが
YouTubeで芸能人と狂気演

嗚呼
もうたくさんだ
火をつけろ
国会議事堂に

 ....
もうヘルパーは一か月以上キャンセル中です。

スポーツジムが危ないと報道されてから内のがいるためです。

もう20年以上家にばかりいる自分なんですけども。

この6年ぐらい毎年気が滅入 ....
変なおじさんは変なおじさんの
同一性をなくさないでいてほしい


公共放送でアーカイブ化されるより
押入れのなかのビデオライブラリとなれ
そういえば
五つのころ
映画館の向かいの
お好み焼きが食べられなかった
大きすぎて

そういえば
五つのころ
デパート屋上の
ひーろーショーで
おお泣きしてしまいました
 ....
こぬか こぬか
かぞえられぬ あめ

霧と 外套と 手土産と

目の やり場の 無い いらだち

無限など 永遠など

言葉に 化かしてみても

俺も 焼かれ 灰にされる
 ....
詩病を患って久しい
いったい誰の詩を読んで伝染してしまったのか
今となってはわからない

いくどか再発と自殺未遂をループするが
扁形動物のように死なない

書かれた詩はそれを ....
たぶん30ぐらいの
白人の妊婦さんが
息も絶え絶えなのに
“コロナにかかり重篤になるのは
高齢者ばかりじゃない”とかなんとか
スマホで自撮りして
大変なところ人類のために
うった ....
スペースコロニーとかで
コロナウイルスなんか
流行っちゃったら流星だろうね…

一雨ごとに冷たい風が流れて
冷たい肩越しを
冷たい春の日がすぎてゆく

たるい気分でいられりゃい ....
それでも
なにかに望みをたくしたいと
自我のなかでは
おもっているのだけれども

それでも
あの野蛮な
政府に従いつづける
あの弱弱しい人ごみに
埋もれたくはない

それでも ....
未完成な 時空ほど美しい

 たとえばそれは 忘れていた
 あどけない ことばにぃ しぐさにぃ

まるふぇいす ぼでぃでっばぐ


さぁ りいんすとぅーる しなきゃ


嗤え ....
レタスって
あの
苦味がすきなんです

雨降りあとの
鉄さびのような
あの
匂いもうれしいです

かさを
ぐる ぐる
回してみました


ぐる ぐる
ねこが
丸い手 ....
一年後


ユーザー名とpwをペースト

おっ xxx xxxさんがトップ (゚O゚)

か… などと

たぶん 嗤っている


自分が 観える
青いケーキはおいしいかい
寒の戻りだったよ 今日は

昨日も 勘が戻っていなかったし
競馬は当分自粛しなきゃね

昨日まで元気にぶーんぶーん やってた

ハエも自粛しちゃったのか
 ....
生結晶の鏡面に反転写するゾーエー
黄昏どきの海と空に黄金のビオス
アナトミーとして天使の羽を嗤うプシュケー
ナンモナイデス(227)
タイトル カテゴリ Point 日付
冥腑自由詩7*20/5/8 17:59
「コロナ」ゲーム自由詩5*20/5/6 12:56
かしわ餅自由詩6*20/5/5 21:10
国境なき疑惑自由詩2*20/5/3 21:11
サイダー、ふたつ自由詩3*20/5/1 19:13
四月最後の朝自由詩3*20/4/30 13:49
あきれはてな自由詩2*20/4/29 13:47
免疫曲線自由詩2*20/4/29 13:05
存在論的感染者自由詩2*20/4/23 13:59
終雷自由詩8*20/4/22 19:41
死化粧自由詩4*20/4/21 19:46
ケムール人はこう言った自由詩6*20/4/17 19:45
暖かい朝自由詩2*20/4/17 11:32
ギター弾き自由詩2*20/4/16 18:01
かもしれません自由詩2*20/4/14 19:42
今何を聴いていますか自由詩3*20/4/14 18:52
一狂人の希求自由詩2*20/4/13 21:04
日々是悪日自由詩2*20/4/6 19:37
ビデオライブラリ自由詩10*20/4/4 21:25
五つのころ自由詩1*20/4/1 21:11
されど 俺は自由詩3*20/4/1 19:38
病者詩覚書自由詩3*20/3/30 13:33
未感染者自由詩4*20/3/29 20:46
極楽へ自由詩4*20/3/28 21:19
それでも自由詩1*20/3/25 21:16
みかんすう自由詩6*20/3/23 21:09
かさぐるま自由詩11*20/3/20 21:10
爽快な千里眼自由詩3*20/3/18 21:10
寒の戻り自由詩7*20/3/16 21:19
非可能性態自由詩1*20/3/13 21:26

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「冥腑」から「非可能性態」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.51sec.