さよならのかたちして
かもしかは
ゆうまぐれ
町を歩く
ときどき
立ち止まり
思案して
また
歩きだす
かもしかの
梢とも
灰ともつかぬ毛
硬い毛
そのきわ ....
君が
君たちがした
たくさんの冒険
知ってるよ

夏の暑い日
タチアオイの咲く中
君の部屋に
みんなで集まってたろう?

あぁ、違う
そうじゃないんだ
あの夏
僕らが子供だっ ....
焼豚のおもてに
5月の文字がある
だいぶ明るくなった
夕方のひかりが
ずっと閉めきっている
カーテンの端から
こぼれている
町内放送のピンポン
子供たちは
晴れた日は外で遊ぶように
 ....
泥のなかに
蓮根はもういない
君は立ち去ってしまった
はるか
はるか南に
もう
花は咲かない

ああ蓮根
いとしく
暖かな白
ゆたかなひかり
君が去ったあとを見てしまう
泥の ....
夜を
飛んでいく大きな鳥を
始祖鳥、
と呼んだのは君だったか

そしてそれを呼び慣らしたのは
僕だったか

手を振ったのは僕だったか
振り払おうと強くあげたのは
君だったか

 ....
君と僕が

同じセーターを持っているのを

君も僕も

知っていて

僕が着た次の日に

君が着てくる

君と僕が

同じセーターを持っているのを

君も僕も

知 ....
詩情さえ
なくしていいと思っていた
このコンクリートの延長線に
あなたはいない
ひとりをなくした
世界のようなひとりを
なのに今夜は
少し明るい
月見草が咲いていて
私は詩を書い ....
玄関のチャイムが鳴って出ると
幼馴染みのおばさんが
手作りのプリンを持って立っていた
上がってすぐの急な階段には
いつの間にかサンタのプレゼントが置いてある
すぐ下の弟の部屋からは
サ ....
みんなイイネなんか押してないで

詩でも書けばいいのに

似てるなにかに頷かないで

ちょっと違う!って叫べばいいのに

秒速5センチメートルみたいに

青春に恋はしたけど

 ....
影送りができそうなほど
晴れた日のまま
洗濯が終わった頃には
まだらの雪が降っていました

庭の梅はおおきく
息をしたようです
昨日までは
とりつくしまもないようだったのに

 ....
石壁の家の裏手に枯れた葱ほんの四方に人は生き抜く 絶望とはこんな味だったか
初めて知ったくらやみの味は
どこかへ行ってしまった
私の絶望には
孤独の軽やかさと
哀しみという甘さが
もはや混じりあってしまったのだ
月日という火のもと
こ ....
縄ならば千切れぬだろうこの赤が糸であるのはせめてもの誠意 街路樹の若葉のかげに見えている赤風船は僕のかなしさ 金曜日には花を買いにゆく
水仙や早い菜の花
いきいきした街の黄色を通りすぎ
もはや首を切られ
それでもまだ
いきいきと生きんとす
花屋の花たちを買いにゆく
金曜日には
枯れていく
ご飯を食べる
枯れていく
仕事をする
枯れていく
着飾る
枯れていく
歌を歌う
枯れていく
枯れていく
枯れていく
枯れていく
陽は明るい
枯れていく
春風 ....
ぼくはこんいろの海

みずいろの海に恋をしている

みのうちにたくさんの深海魚を

いとおしくかかえながら

いづれ手がとどくか

きみという爽やかな浅瀬へ
綺麗事を言ってくれ
この雪の外にも街があると
綺麗事を言ってくれ
この凍てつきは
長くは続かないのだと
綺麗事を言ってくれ
お互いさえ見えなくなる
吹雪
口を閉ざす我々は
い ....
冬を冠した花が
ささやかに咲いて
雪まじりの風を抱くよう
手を広げた
広げるほど薄いひだが
いたむのも厭わず
さあ
揺らしてくれ

そのひとひらは
君に散らされるため
 ....
私の影の
じめじめに
いつしか
キノコがはえていた
いけそうなのを
つまんでみると
なかなかオツな
味がした
だめそうなのも
なかなかあるが
だめなキノコは
うつくしかった
 ....
新しいメッセージが一通ありました
このまえ
やむにやまれず書いた言葉に
一度は
お気に入りのふせんも
消えてしまった人から
あまりに
懐かしすぎて
そのひとつの
たったひとつのポ ....
雪が降らない
音符ひとつ落ちてこない天上
澄みすぎて
画面のなかのようなこの街
詩人になるのは
後にしようと決めた
私という女子 の足下は
いつからか三次元だったらしく
きみ  ....
正化さんじゅうなん年

世間では

本を検閲する政府と

守る図書館で

どんぱちやっているらしい

銃弾の飛ぶ

大通りの裏路地で

私たちは聞かせる

ひととき ....
さびしさだけのおにぎりに

今日はおかかをつめた
同じマンションの
上に住む人だと思って
シャボン玉をした

階下に住む人と思って
花を降らせた

どうしたんですか、
と言われて振り返ると 君は
君は
同じ階の人だった

 ....
┌(┌^o^)┐


国会中継を消して
ホモォの世界に逃げ込む
だってそこじゃ
口の悪い攻め(突っ込む方)と
残念なイケメン受け(突っ込まれる方)が
高校最後の夏を
リリカルにエンジ ....
また明日
と別れたゆきちゃんと
夜中にあいました
夕方、
星空、
寝てたら来る次の日は
まっさらな明日のはずだった
新しい明日のはずだった


夕方、
星空、
爆弾、
爆弾
 ....
つらいことには傷付き
楽しいことに笑って
嫌なことに怒り
中には歌が流れていて
石を見ると喜んでいる

君とはたぶん
最後の二行だけ
ちがうだろう
一度目
道に迷う
二度目は
短縮展示のため時間外
三度目、
祝日の関係で振替休み
四度目
ふてくされて向かわず

そして五度目

有楽町の美術館は
中に入れはしても
常設展 ....
上司といういきものは
おそらく有袋類らしく
どこか体の内側に
たくさんものを隠せるようだ
頭の先から爪先までの
ながいながい煙草とか
ちょっと一本、と出掛けていって
ずっと帰ってこないよ ....
フユナ(145)
タイトル カテゴリ Point 日付
文書グループ
私の部屋にあるもの文書グループ14/3/5
デッサン文書グループ06/9/8
投稿作品
羚羊自由詩220/11/15 0:27
野比くんへ自由詩2*20/7/9 2:14
夕方自由詩5*20/4/2 22:45
蓮根自由詩318/10/10 21:10
真夜中の始祖鳥自由詩418/5/31 23:49
自由詩5*18/2/12 23:09
今夜は少し明るい自由詩13+*17/9/6 1:11
4月11日自由詩7*17/4/9 22:43
みんな詩でも書けばいいのに自由詩12*17/4/4 1:28
影送り自由詩617/2/19 22:21
石壁の家の裏手に枯れた葱ほんの四方に人は生き抜く短歌616/9/7 0:24
寄せ鍋自由詩216/6/30 23:22
縄ならば千切れぬだろうこの赤が糸であるのはせめてもの誠意短歌116/6/13 11:06
街路樹の若葉のかげに見えている赤風船は僕のかなしさ短歌116/5/31 0:13
金曜日には花を買いにゆく自由詩116/4/14 0:13
生葬自由詩316/3/13 16:50
ささなみ自由詩316/2/20 11:56
北国の冬自由詩516/1/20 23:23
花に嵐自由詩4*15/12/31 20:28
キノコ自由詩515/12/21 23:54
新しいメッセージが一通あります自由詩1015/12/20 22:50
雪が降らない自由詩6*15/12/8 22:53
正化自由詩3*15/11/17 0:35
ひとりの献立自由詩8*15/9/28 19:41
自由詩315/9/26 21:48
┌(┌^o^)┐ ホモォ…… 自由詩3+*15/9/20 0:45
また明日自由詩415/8/14 21:20
自分自由詩315/7/13 20:15
にゃんと。自由詩5*15/7/7 0:26
上司といういきもの自由詩6+*15/6/15 13:03

Home 次へ
1 2 3 4 5 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「羚羊」から「上司といういきもの」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.24sec.