それでも闇は………………浦にたたずむ

          …………しろがね/くろがね
                      (犬の…………
 ....
うねび/くちかげ




うねび
くちかげにささやぐ め(う)み の
床下に落ちた砂浜、
まうむ、あうむ、みむ、
扉で裏側の思惟が
深くふかくきしっている
傾いた百合……
うつ ....
2


 さて、真摯に強烈に問い続けるという姿勢を堅持するというのなら、前回私自身が書いた次のような部分は、それこそ捉え返されなければならないだろう。


   もちろん私は、北川のいう「 ....
1.5



「掛け値なし」だかどうか分らないが、私の荒地のイメージをいえば、それは色のない世界で、そして是非とも生命的なものの残骸がそこに現れていなければならないというものだ。<まったくなん ....
 いま、北川透の『荒地論』を読んでいる。なにをいまさら荒地派などと。。。と思われる方も多いかもしれないが、WW?敗戦直後の日本において<詩を書くということ>の意義を、それを単なる個人的な創 .... 衝撃と恐怖




衝撃と恐怖、その名のもとに息、黒い閃光、白い闇が。立ち上がる……、……覚醒された声がひそかな肉上に影をつくり、その輪郭はやがて文字に変容する……そのとき風はあらぬかたを目 ....
私と声との隙間で咲くバラの思惟
半睡の岸辺で眼のように
眼……が 硝子空を夢みてうたい続ける
星と息の往還 ここから 土の裂け目が始まった

眼窩にまでさし延ばされた凪の ....
徐 悠史郎(7)
タイトル カテゴリ Point 日付
Opus i <ffffff>自由詩1303/10/20 2:21
うねび/くちかげ自由詩603/10/13 3:01
荒地にて2散文(批評 ...403/10/4 23:39
荒地にて1.5散文(批評 ...303/10/4 16:39
荒地にて散文(批評 ...1003/9/24 1:24
衝撃と恐怖自由詩203/9/12 3:05
境界蝕自由詩303/9/7 23:21

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.07sec.