Opus i <ffffff>
徐 悠史郎












それでも闇は………………浦にたたずむ

          …………しろがね/くろがね
                      (犬の…………

    みる
   、

……………………、 と、………………、…………、

                   最後の一羽をのぞいて)
鳥はやがて すべて自らの羽ばたきの裏に向けて渡っていく
広大な冬ののち
いま一度かれら あいまみえるとき
それらのくちばしの鋭度は
もう落日の方向を夢にみている
眼(敷かれた石の)

    子午線で(燃えた)
        停止した(泥)
            眼球(だから影はそのものに重なり
                みえなくなる  さざめく
霧、マジェスティク
         13(使徒 桐

あめ、
   、つ、 あめちぎる(音

    い
 ぬ (ついばむ)
樹 マジェスティク/樹。像が途絶えて・丘へとのびる

北壁、咄嗟の
泡。 肌から夜へエコーする音は
鳥たちに啄ばまれ
             ている …… )
                    (それでも闇は
          …………しロがね/くロがね…………
            (浦、のくち
          語りべの
手のひらに刻まれた
         文字………………
                  ………………レ(その音は

語りはじめる)

 ………………この私のつとめ、
       すでに不幸であること
       朝が終りを告げ
       在るという闇に光はたちかえる
       さざめく霧
       背後に切り開かれた入口
       光芒……あなた以前にあったもの
       それは既に葬られた
       土に土のようにして盛られた
       ありとある私の
       あなたの腐臭(いき………………

          あ、 なた  の

鳥、……………………
          受精、……………………
                     、……雨。

             視界の頂きに群れる鳥たちが
その様子を注視している
やがて囁き声で一羽が祈りを唱え
それを合図に鳥たちは一斉に浦をめざして飛び立つ
ただ一羽 最後の
盲いたものを残して。
 声

          「ただひとつの    (そのものは
           音を求めよ     (となえる
           風         (ひらいた目の口で
           創られたもの    (なにも指し示さずに
           そのうちに……………鳥はなにものも目指して
                 はばたき 飛び去る
             恵みの前・後の土のうえに
         かすかな爪痕をのこして

         それは文字となる

文字…… …爪… と ……)(痕
                 、犬)

とおくで
(床)ゆか いっぱいの

虫たちの
いっせいのまばたき・みひらき(それでも闇は

俯瞰する午後 きみの背中に
影を象ろうと

……………………子
         ……………………虚
                   、く(血)…………。

       蝶が名をかえて胸の中を透いていくとき、かしいだ音の
                        疎外(口、ち)、
               雨は、13…月の沼に立ち尽くしていた
                        ひ、つき(いる/
                   まな、つき(い/
             くぐ、みつき(さむ/
       え はむつき(さ/
かや、ほんとうの
ことをいおう おウォる 街は人たちの肉でいっぱい
ぴの雨でいっぱい
あなたの遅れた悲鳴でいっぱい
なび、せ なび  (みどりの豆の
花にとまるな)街かげにひっそり立ち尽くした
はぬるは
……せ せ なびや……はなばなと
夢をくぐるようにして
無心に越境する
っこっ、こっ(と)こえの
しろかった花の分泌/まっすぐな髪の
分かれ目、草原と空の
わかれめへと
空白の大地を塗りこめる(それでも
闇は浦にたたずみ …… )それでも闇は
浦にたたずみ
いまいちど枯れた樹木に芽ぶきを接木しようと……

遠吠えする犬と霧。高層建築の
萌えた大脳、ひり
文字は岩礁に刻まれている そこからは見えない……
呼び止められた四足の獣は
「何」に似ることなく
私のように
ぜろ、
萌えきった芽に啄ばまれていく……

    (だから言語野いっぱいに  脳
とおく・はざま
    ページと砂の合い間で
すべての片翼の鳥は(いま)
       一本の線になった

         咽喉の奥に突き出た

             ペニンシュラ、視界の
                 横に 灰色の
塩でできたトルソと
    並列に。(上空で鳥たち
       (の在りし日の嘴が
      (世界線を俯角に越えて
     (壁 咄嗟のめまい、死火山

……………………、 と、………………、)
                   闇から
膜へ
うら、に敷き詰められた眼球の高い稜線を
かすれた手がくぐり抜けていく
きみの肉字体/半島 地に堕ちた芽吹き
「生まれたときに挿された」
を硬く 手に。
















自由詩 Opus i <ffffff> Copyright 徐 悠史郎 2003-10-20 02:21:53縦
notebook Home 戻る  過去