すべてのおすすめ
1.

かみさまは、どこですか。



2.

かみさまは、どこですか。

道すがらたずねると
あっち、と指をさした人がいたので
ひたすら あっち、に向かって歩いた
歩いて歩 ....
ぼくらは、とかく秒刻みでしか生きられない
ようにできていて
あわただしく
世界は今日も明日へと足をすすめる
そこに待っているたったひとつも
ぼくらは知らない

世界はどうしてか
いつも ....
こうやって、ね
もちあげたら
そうしたら、ね
おっこちてきたんだよ
ぽた、ぽた、
って
おっこちてきたんだよ


ぼくが
うちゅう、みたいな
まっくらで
つめたいところ、
り ....
無数ともいえる
ボタン

ひとつずつ、かける
かけ終えたそのとき
もっと別の
なにか
きらりと光るような、に
心をうばわれて
せっかくかけ終えたそれ

一気にはずす
そんな ....
けらけらと笑いあい
手をつないで
かけぬけた
日々


  わたしはいつでも
  ひとりでした


ほろほろと溶けて
くずれてゆく
角砂糖はキライ

シャカシャカと音のもれ ....
なにかを知るはずもないのに
海はそこにいて
呼んでいる
なにかを知るはずもないので
海はいつもそこで
呼んでいる

誰を

誰を

誰か を

きみとはどこから
どんなふう ....
風が見たいの、と
きみが言ったから
縁側に座っててごらん、と
言ったんだよ
本当はそこじゃなくたって
いいんだ

吊るされた青銅は
お寺の鐘にも似て
思わずぼくは
しあわせ、とかを ....
その時のぼくには
どんな光も
光 だった


高層ビルのあちこちでは
松明が焚かれ
人はそれを
空から眺めては
都会などと
よぶ


灯台ならば
向かうべき先を
教えてく ....
呼吸したり
成長したり
引き潮を待ったりしてたら
20億年
あっという間に過ぎた


海底では
あらゆる生物が
地球を
ぐるりとくるんでいる

海はまた
それをまるごと
く ....
新しい長靴に浮かれて
水溜りを探し
右足をそっと入れると
次の瞬間 目が回り
どこかに迷い込んでしまった



「噴水の広場」

あやまって
噴水の真下に立ってしまった
と 思 ....
押入れに顔をつっこんで
ぐるりと見回したら
天井の端っこに
小さな穴ぼこがあいていました

穴ぼこの向こうは
下から見る限りでは
ただ ただ 暗闇でしたので
なんだか怖くなったぼくは
 ....
クローバーさんの望月 ゆきさんおすすめリスト(11)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
かみさまについての多くを知らない- 望月 ゆ ...自由詩44*05-4-10
おにごっこの、- 望月 ゆ ...自由詩7*05-4-10
ぽたぽた- 望月 ゆ ...自由詩10*04-11-13
カーディガン- 望月 ゆ ...自由詩4*04-11-1
美しき日々- 望月 ゆ ...自由詩4*04-7-28
泡沫人_- 望月 ゆ ...自由詩6*04-7-27
メダカ風鈴と縁側- 望月 ゆ ...自由詩2*04-7-13
漁火- 望月 ゆ ...自由詩8*04-6-14
ストロマトライト- 望月 ゆ ...自由詩8*04-6-14
雨細工の町- 望月 ゆ ...自由詩6*04-5-23
押入れの穴ぼこ- 望月 ゆ ...自由詩10*04-5-7

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する