キラキラ光る夜空の星よ、そんな気はさらさらない
もう死んでしまいたい、そんな気はさらさらない
二度と誰とも恋をしない、そんな気はさらさらない
今日は食べ過ぎた、そんな気はさらさらない
僕は ....
星新一をポケットに、宇宙に出た
窒素酸素二酸化炭素アルゴン
石油が無くなった地球は温暖化し水を奪い合う戦争が起きた
海が陸地を浸食し人類は指の間の皮膚がヒレのようになりつつある
空気中の二酸化 ....
「白紙にむかって歌うんだ」

返事のこない手紙を書くつもりでいい
短冊を前にして何を願えば、誰も傷つけないで済むのだろう
白いホール、病院の入り口に飾られた笹
僕が何も書けないでいると
宝 ....
雨の日が、迎えにやってきた
長靴も傘もカッパもなくて、雨の日に失礼なことをした
みんなは、赤とか青とか黄色とかそんなのになっていった
それで帰っていった
僕には鍵があって、それ ....
グッドモーニング トゥー オール


ねぇきみって、って言うきみって誰のことだい
正直者の花が裂けている
アンラッキーとでも呼べばいいの、きっとあなたもそう
宇宙の前に正座してごらんよ
 ....
「冷えていく鉄」


鉄だとわかっている
何度目かの純情だから
素直に信じる
うん、わかっている
その熱では溶けてしまう事もない
背中が曲がる前の、愛しているは、信じない
少女の ....
世界を嗅いで生きる方法もあるよって、シロ君が教えてくれた

ジャンケンは67%負けないって言うけど、67%勝てないんだって
だけど、それでも、勝ち負けついちゃう世界だから、ポン、と出されたその手 ....
いついつまでに、なになにを

どこどこいって、だれだれと

なぜなぜときき、どうしても

 いつもこうやって生まれる
  いつもこうやって生まれてくる

いついつまでに、なになに ....
君に触れるということ
忘れられた空にアクセスするということ
君に触れるということ
これから記憶する海をダウンロードすること
君に触れるということ
再び希望が芽吹くということ
君に触れ ....
メールを待つだけの時間
もうすぐいつものような夕焼けになる
飛んでる電波も焼かれるのかな
安い車と汚れた靴で
どこまでも行こう
言葉なんてなくても
シティポップで今日は行こうよ
 ....
美しいって何ですか?




卯月と鬱屈の間


空白、あるいは無意識における想像力


機能性に優れ好ましい様子


自然現象に見出す数式、規則性
 ....
充分な準備とやる気をもってお越しください
子供たちから歓声が上がる
風船はいつの間にかウサギの形をしている
ロングタイムアゴーで始まる物語の住人になったかのように
シルクハットと燕 ....
太陽を沈めながら筆は白を染めていく

君は手前から横しまに
熱い赤を重ていく
熱の帯が地平を燃やしている

僕は上から下に縦しまに
静かな青を乗せていく
宇宙は粛々と熱を奪っている
 ....
「ひきだしあいた」

ひきだしあいた
あいたがしめた
しめたしまった
むしがわらった

ひきだしあいた
あけたらだした
ちいさなふくと
あかいおぼうし

ひきだしあいた
こえ ....
すぎていく日々
目を覚まして
パンを食べ
労働をし
眠る

いつか大志を抱いた少年は
疲れたと呟く機械になる

少年よ我に帰れ

隠れていないで
出てきて。
僕が書きたいのはこんなものじゃなくてと、主人公を消した
君はヒーローではない、そして、ヒロインとヒーローは別にいるのだ
両親はとても優しい、そして、君はとても優しい
正義とは何かを、サンデルに聞 ....
今夜は何を召し上がりたい?
と、バクが聞いてくるので
やっぱり君は夢が食べたいのだろう?
と、彼は答えた
ええ、そうですの
と、バクはスカートの端を持ち上げうやうやしくお辞儀をし
上 ....
「あんたたちのせいでわたしいつまでたっても大人になれない」
を使って文章を作りなさい (10点)

あんたたちのせいでわたしいつまでたっても大人になれないなんて大人になれないことを他人の ....
道路わきで見かけるほとんどの獣は
車に引かれてしまった獣
口をぽかんと開けて
横たわっている
腹が裂けたり
頭が割れたりしているものもあるが
たいていの獣は毛むくじゃらで
 ....
ぽかりぽかりとうかんでいく
呼吸を見上げて
たましいはあんなふうに揺れるのかな
と君が言う
小さい手で何でもつかもうとするのは
おなかの中に忘れてきたものを探しているんでし ....
世界が沈むことを早くしている
今日を忘れないようにしよう

魚は寒くないの
だいじょうぶよ

鳥は寒くないの
だいじょうぶよ

並木道には自転車と五十代と思われるジャージの夫婦
 ....
ゼリー色の夏休みだから
子供うさぎたちは公園に集まってラジオ体操をします
大きい子から小さい子、耳が垂れてる子からピンと伸びてる子
重そうなお尻の子や、軽くて風で転がりそうな子
大人うさぎがラ ....
今日のことは指に任せて
一日のことを愛していく
翌日のため生き残る誰かの声に歌うのだから
さあはじまるよ、と誰かの声で
懐かしさからつくられた美しさに埋もれていないで
日向の集 ....
しずか
と表現された沈黙は
「し」「ず」「か」
と音になって響く
だから
無音であることは
音を飛び越えることは
速さの中にしかない
普段ぬめりついた空気を意識することもな ....
meと鳴く君のことを
追いかけてはいけなくて
つごうの良い、どこか、を僕は選択する
その先はきっと猫の世界
ただその先をじっとみている君の
その視線の先を僕もみている
世界に ....
両腕を広げて
カモメの真似をする
あなたは白く美しい両翼で
柔らかな曲線を描いていく
航空力学が及んでいない
理想的な空気の流れが
あなたの後ろで渦を巻く
僕は数をかぞえ ....
布団を敷いて目を閉じる
床を抜け、土に触れるイメージをする
地球の表面に触れているイメージをする
イメージを実際と摺合せよ
1.7mの自分を立たせているのは
直径12756.2 ....
インクを新しく買ったので印刷に熱中中
言葉が無限に吐き出される
インクがなくならない限り
もう一枚、また一枚
刻むリズムで夢見心地
埋まる、紙と言葉が僕を埋める
空白、部 ....
あなた方の形が白い制服に浮かんでいる
ぼやけた輪郭線とともに
その世界が眩しいことを主張している

きっと僕らもそんな世界にいたんだよ
整えられたあなた方を飲み込んで
同じ方 ....
ここにいてもいい
なんて言葉は卑怯
選択を奪え
ここにいていい
と言葉にしろ
も、がいらない
そんなやさしい主導権はいらない
ここにいなくてもいい
も、も、も
もももももも
ももも ....
クローバー(161)
タイトル カテゴリ Point 日付
そんな気はさらさらないってつぶやく口のなかでだけ自由詩2+*15/7/7 22:47
How you doing!? 自由詩3+*15/7/7 22:31
「白紙にむかって歌うんだ」他6作自由詩1*15/7/4 0:05
雨の日のお迎え自由詩1*15/6/2 22:54
グッドモーニング トゥー オール自由詩1*15/6/2 22:51
「冷えていく鉄」他6作自由詩7*15/5/20 21:19
シロ君自由詩3*15/5/17 8:01
いついつまでに、なになにを自由詩4*15/5/6 23:23
君に触れるということ自由詩3*15/4/29 9:42
シティポップで今日はいこうよ自由詩0*15/4/26 21:15
美しいって何ですか?自由詩2*15/3/6 23:58
バニーガールの二等辺三角形自由詩2*15/3/6 23:53
チェック柄の日自由詩0*15/3/6 23:47
ひきだしあいた(他2作)自由詩3*15/3/5 22:37
少年よ我に帰れ自由詩1*15/2/15 22:44
水溶性キネマ自由詩4*15/2/15 22:39
今夜は何を召し上がりたい?自由詩1*15/2/15 22:31
「あんたたちのせいでわたしいつまでたっても大人になれない」自由詩4*15/1/16 23:54
口をぽかんと開けて自由詩3+*15/1/16 23:51
海と星自由詩2*15/1/16 23:48
冬、はじめました。自由詩5*14/12/2 22:43
童話(ラジオ体操のうさぎ)自由詩3*14/11/16 23:06
新しい一日自由詩3*14/11/12 21:14
青が崩壊する。自由詩3*14/11/12 21:02
出会いの散歩道自由詩6*14/11/12 20:55
Tシャツでは、すこし寒い自由詩10*14/9/18 22:02
PLANET NEWS LEVEL 7自由詩2*14/9/13 10:44
インクを新しく買ったので印刷に熱中中自由詩2*14/9/13 10:41
明日から学校自由詩1*14/9/13 10:37
ここにいてもいい自由詩3*14/9/1 23:11

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「そんな気はさらさらないってつぶやく口のなかでだけ」から「ここにいてもいい」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.25sec.