昨日の金曜日、一日休みを貰った。
 朝七時頃、{ルビ妻=さい}と一緒に家を出て、まずは近所にある馴染みの鎮守に詣でた。
 少し石段を上ると鳥居のやや手前で、弘化年間に作られた、僕らより随分と年嵩 ....
〇 木漏日や{ルビ耳鳴=じめい}を{ルビ埋=うづ}め蟬時雨


〇 題目を愚直に繼ぎて原爆忌


〇 熱帶夜{ルビ耳底=じてい}に{ルビ著=しる}き闇の息
 何でも路地を歩いてゐた。
 角を曲がる度に、四つ目垣や生垣や板屛の向かうに百日紅の花が現れる。花の多くは淡い紫や桃色であつたが、{ルビ軈=やが}て其が炎のやうな緋色に變はり、遂に白い花がぱつと目に ....
{引用=【卽興】}

〇 {ルビ郁子=むべ}の葉の{ルビ嫋=なよ}の若葉のわゝら葉の末ゆり枯れて花の{ルビ傍=かたへ}に


〇 紫の花は匂へど{ルビ手挾=たばさ}むは名にし負ふかも黑鞘の大 ....
埋めたのはどうやら僕らしい。

黴のような匂い。
どろまみれ。

Mockingbirdが鳴いて

霽渡った星空だったような
そうではなくて
一面の薄い雲に
月が透けて見えたような ....
幾つかの{ルビ隧道=すいだう}を{ルビ濳=くゝ}つたと思つた

{ルビ颶風=ぐふう}の本體は何所迄近附いたやら

空は存外晴れて
{ルビ天道=てんと}はかんかん照らし
{ルビ蒸=うむ}され ....
{引用=
  {ルビ代々胤=よゝつ}がへる節に詠める

〇 {ルビ畿外=とつくに}は{ルビ龍眼=みめ}に映らね吾が{ルビ御宇=みよ}は{ルビ戰亂=いくさ}無しとや{ルビ宣=の}らせたまへる
 ....
扉を開けると{ルビ守宮=やもり}がゐた

さつと逃げて奧の隅
角に沿つて
曲つたなりぢつと動かない

{ルビ明採=あかりと}りの格子から這入つたか

まだ大分小さい
子供の個體である ....
街には{ルビ金木犀=きんもくせい}が薫り始めてゐよう
山道には{ルビ幽=かす}かに{ルビ海州常山=かいしうじやうざん}の花の{ルビ香=か}

{ルビ蝦蔓=えびかづら}や{ルビ狗枇杷=いぬびは}の ....
〇 {ルビ梧桐花=ごとうくわ}や紅{ルビ仄=ほの}さすもさゝゞるも

〇 向日葵や化けたる{ルビ姥=うば}と乙女らと

〇 子燕を列ねとまらせ天の橋

〇 {ルビ巫鳥=しとゝ}啼く涼やかな ....
〇 {ルビ地震=なゐ}{ルビ搖=よ}りし里しい{ルビ行=ゆ}けば人し無く{ルビ蔓=かづら}し捲かひ合歡し{ルビ頻咲=しきさ}く 高層建築が並ぶ東京。 いや、別に東京でなくてもいい

居並ぶ建物の中からひとつをひょいと引っこ抜いて、裏面に文字があって判のように捺せたら

捺せたらどうなるだろう。そもそもどんな文字が掘られ ....
おじさん。

おじさんは

くさい
きたない
きもちわるい

さんざんなイメージ

そのイメージを逆手にとったおじさんのキャラクターなどもいたりするが
やはりそれは現実のおじさん ....
〇 {ルビ嘴=はし}赤き鳥珍しと見返せば{ルビ櫻桃=ゆすらうめ}食む雀なりけり

〇 {ルビ燕=つばくろ}の{ルビ這飛=はひと}ぶ山は夕さりて竹{ルビ倒=さかしま}に折れてぞ埀るゝ

〇 雨上 ....
〇 靜止せる定家かづらのかざぐるま

〇 靑嵐狗遁廻り吠ゆるのみ

〇 {ルビ火串=ほぐし}もて{ルビ跳出=とびいづ}るまゝ射捕へつ

〇 目もあらにをこの戲けや栗の花

〇 薄荷の葉 ....
〇 毛蟲二人薔薇の蕾を{ルビ抱=むだ}きけり

〇 {ルビ上簇=じやうぞく}やチェシャ猫の笑みぐりぐりと

〇 野良猫に{ルビ餌=ゑ}を撒く{ルビ咎=とが}や{ルビ樟=くす}の花

〇 轢 ....
〇 靑粒に{ルビ淸澁=すがしぶ}凝りて榎の實

〇 豌豆も麥も名のむた{ルビ玄=くろ}みけり

〇 數珠掛けの信心ひそと夕化粧

〇 廢屋を{ルビ埋=うづ}めて靑し日日草

〇 {ルビ ....
〇 執拗に鵄逐ふ烏黄砂舞ふ

〇 葉櫻や{ルビ一枝一月=いつしいちげつ}咲きのこる

〇 野に山に春勃然と豹變す

〇 忙中閑{ルビ土筆=つくし}{ルビ問荊=すぎな}に化け{ルビ果=おほ} ....
〇 すぎぬれどひをわくひとのなまなかにいきつもどりついなましものを 〇 朝露や{ルビ薺繁縷=なずなはこべら}花閉じぬ

〇 山の畑打捨てられし菜の咲けり

〇 {ルビ鶯聲=あうせい}も{ルビ拙=せつ}に{ルビ鄙寂=ひなさ}ぶ山の途

〇 鄙ぶりの鶯去りて只 ....
{引用=ながうたのうちのみぢかうたそこれ}

をちこちをこち風わたりこと花はこと咲きに咲くこと鳥もこと啼きに啼けこの春の春し{ルビ寂=さぶ}しも鶲往にけり
〇 名にし負ふ{ルビ日向=ひむか}し{ルビ輝=て}らひ北山の霞{ルビ黄金=くがね}に西山{ルビ酔=ゑ}ひて 〇 鶯の初音も{ルビ拙=せつ}に週明けぬ

〇 五輪閉づ汗と涙と金と血と

〇 五輪閉づ今も生けりやかの{ルビ官妓=くわんぎ}

〇 蕗の薹嘗胆の故事子に習ふ

〇 日を背負ひ月を ....
〇 日を浴みて根方{ルビ靑=あを}しも枯尾花

〇 {ルビ仰=あふ}のきて日を芯に盛る水仙花

〇 蒲公英や明日は凍つなる{ルビ埜=の}に滿てり

〇 吟行の{ルビ途=みち}に{ルビ花鷄= ....
〇 梅か咲く{ルビ隈=くま}を{ルビ廻=めぐ}れば{ルビ撓=とをゝ}にそ眞白匂へる{ルビ香=か}しも{ルビ著=しる}けく 〇 眼鏡{ルビ霧=き}らひ{ルビ朧=おぼろ}の{ルビ巷=ちまた}人に逢ふ

〇 {ルビ楝=あふち}の{ルビ實=み}{ルビ皆散果=みなちりは}てゝ{ルビ軋=きし}む骨

〇 {ルビ鶸=ひは}か鳴 ....
〇 {ルビ春曉=しゆんげう}の{ルビ鵯=ひよ}訛あり草枕

〇 月の{ルビ鉤=ち}の{ルビ旭日=きよくじつ}釣りて日脚伸ぶ

〇 取敢ず立春大吉明け烏

〇 崖の石{ルビ吾=あ}と水仙を掠 ....
〇 {ルビ風花=かざはな}や{ルビ水面=みなも}は蒼く{ルビ航跡=みを}白く

〇 風花に{ルビ羽振=はぶ}かで{ルビ直=すぐ}し{ルビ長元坊=ちやうげんばう}

〇 {ルビ盛者必衰=じや ....
〇 人生を語る賢しら{ルビ末黑萱=すぐろがや}

〇 遁走の履歴隱して二の{ルビ替=かはり}

〇 逃腰が勇を{ルビ尊=たつと}び梅{ルビ咲=わら}ふ

〇 バレンタイン夜逃げ親爺の昭和趣 ....
〇 鱗臭き鵜の{ルビ倭文布=しつ}に化け繪踏み哉

〇 寺へ續く{ルビ家竝=やなみ}の{ルビ壑=たに}を{ルビ鵯=ひよ}渡る

〇 {ルビ荒畑=あれはた}の小屋の{ルビ裡=うち}にや{ルビ咳= ....
花形新次さんのおすすめリスト(162)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
鯨飲馬食―上り坂の半日- 孤蓬散文(批評 ...8+20-10-3
原爆忌- 孤蓬俳句220-8-6
斷片。然り、斷片。_參- 孤蓬散文(批評 ...720-5-5
野木瓜與野豌豆- 孤蓬短歌120-4-14
DigDigDigDigDig- 孤蓬自由詩520-2-11
カイゼル- 孤蓬自由詩219-8-1
代々胤がへる節に詠める- 孤蓬短歌319-4-30
しづしづと密やかに- 孤蓬自由詩518-10-26
山ねづ- 孤蓬自由詩418-10-7
梧桐花- 孤蓬俳句318-7-22
地震搖りし里- 孤蓬短歌418-7-22
車窓- 赤猫永宜自由詩218-6-14
シャッターチャンス- 赤猫永宜自由詩1*18-6-12
ひとみつらむか- 孤蓬短歌5+18-6-9
噤む蕾- 孤蓬俳句1+18-6-6
淸毒- 孤蓬俳句1+18-5-18
桑胡麻斑- 孤蓬俳句1+18-5-15
勃然豹變一齊噴出- 孤蓬俳句2+18-4-21
すぎぬれど- 孤蓬短歌1+18-4-14
只森閑- 孤蓬俳句1+18-3-11
ことなることをよめるながうた- 孤蓬伝統定型各 ...3+18-3-10
ひむかし- 孤蓬短歌2+18-3-7
初音- 孤蓬俳句1+18-2-27
枯尾花- 孤蓬俳句1+18-2-25
- 孤蓬短歌1+18-2-22
賜獵矢- 孤蓬俳句2+18-2-18
落石- 孤蓬俳句1+18-2-13
夜叉五倍子- 孤蓬俳句1+18-2-12
遁狗之勇- 孤蓬俳句2+18-2-11
春句會- 孤蓬俳句118-2-9

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「鯨飲馬食―上り坂の半日」から「春句會」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。