すべてのおすすめ
神々の涎の一滴から人間は誕生したらしい
なんて
何の根拠もない噂が巷にながれていた

俺はそのころ旅の商人
毒蛇の
乾燥した肝を売りながら
旅していた

肝は行く先々でよく売れたが
 ....
施設の部屋を訪ねると
縦長の狭い部屋にはベッドが二人分縦に並べられていた
殺風景で閑散としていた部屋の中には
それぞれのベッドの側に簡易の便器が置かれていた

部屋の中に立ち込めた臭気が鼻を ....
ブレーキがまだついてなかったに違いなかった
人間を制御するブレーキが

人前を憚らず
女のこの幼児が自分の下着の中に手を入れて触っていた
恍惚の表情を浮かべながら

若い母親は立ち話をし ....
夜道
突然何かがヘッドライトに浮かび上がった
猫だと直感した
避ける暇もなくブレーキを踏む間もなかった
瞬間、タイヤが踏んで ぐしゃり 鈍い感触があった

そのまま通り過ぎてしまった
 ....
上級詩人の奏でる言葉に
聞き惚れる

そんな時代もありました
昔は僕のこころも美しく澄んでいましたから

今はすっかり皺がはいり
皺のなかに埃が溜まって
上級詩人の奏でる言葉に
耳が ....
風俗以外の女性は知らなかった。
不潔かな。欲望が一人で歩き出したら抑えきれない。男子の体の仕組みはそうなってる。
そんな時は誰にも迷惑をかけられないからマスターベーションで欲望を鎮める。
不潔か ....
最寄りの駅から電車に乗る。自宅から車で七八分の距離に最寄りの駅はあった。JR線沿いの市街。
地方にはどこにでもありそうな駅周辺の風景。
車は近辺の有料駐車場に停めた。
どうせなら自家用車で東京へ ....
DFW さんのこたきひろしさんおすすめリスト(37)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
死んだ後の世界_生まれる前の世界- こたきひ ...自由詩319-5-19
母親は俺の顔も名前も忘れた- こたきひ ...自由詩619-5-16
自慰- こたきひ ...自由詩619-5-12
眩しくて一瞬前が見えなくなった- こたきひ ...自由詩819-5-5
人の口を数えても- こたきひ ...自由詩619-5-4
ネット詩人は- こたきひ ...自由詩719-4-8
最寄りの駅から- こたきひ ...自由詩519-3-31

Home 戻る 最新へ
1 2 
ダウンロード
ダウンロードされるのはこのページの分(「死んだ後の世界_生まれる前の世界」から「最寄りの駅から」まで)だけです。
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する