猫でした/梅昆布茶
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 夏美かをる 
夜更かししてますね〜。
猫は本当に生まれ変わるのかもしれませんね。
上の娘がやっとひと言、ふた言喋るようになった頃、“あなたの名前は何ですかぁ〜?”と訊いたら日本の実家で20年以上飼っていた愛猫の名前を言ったので驚いたことがあります。まだ自分の名前も言えなかったのに。
---2014/05/09 04:24追記---
- tamami 
- るるりら 
そうでしたかにや
- ヒヤシンス 
- 未有花 
- イナエ 
- 北大路京介 
- 竜野欠伸 
- ただのみきや 
- そらの珊瑚 
- あおば 
- ichirou 
- 朧月 
- nonya 
- beebee 
- 桐ヶ谷忍 
- まーつん 
前世ですか…。
- 森川美咲 
- Lucy 
とてもすてきです。寺山修司の詩にも、前世猫だったというのがあって、とても好きだったのを思い出しました。
光や風を追いかけていたり、何かを探していたという記憶のイメージがとてもいいですね(にゃお)
- 殿上 童 
- chiharu 
- ……とある蛙 
猫の視点で、部屋を眺めることが出来ます。

その時何を考えようか。
- はるな 
- 哭翁 

吾輩は猫とか、映画の銀河鉄道の夜とか、この優しい文章で新しい猫の小説が書けてしまいそうですね。
僕は生まれながらの猫アレルギーで、犬派にしかなれないのですが。
犬でオマージュという書き物していいですか?w

- 石川敬大 
- 三上あず 
- 泡沫恋歌 
前世は猫だったんですか?
たぶん、詩人の猫だったと思います。
- 芦沢 恵 
- 朝焼彩茜色 
- 森の猫 
あたしも猫ですが…=ΦωΦ=











- 陽向 
- ドグー 
「猫だったんですね…」
読後に思わず
そうつぶやいてしまいました。
- 倉持 ひな 
 
作者より:
みなさんいつもありがとうございます。
夜更かしではなく勤務のシフトが夜勤から日勤に変わったので
中途半端な時間に眼が覚めてしまうのです。。。
---2014/05/11 22:06追記---

寺山修司は憧れのひとです。
ああいうふうには生きられないけれども
あんな人に焦がれるのかもしれません。
僕は函館。
寺山さんは津軽。
今で言うサブカルチャーが
必死で市民権を
獲得しようとしていた
時代かもしれません。

戻る Home
コメント更新ログ