Home    双つの矢が
雨にまぎれ 落ちてくる
見るものの影を
激しくはためかせながら


夜から朝
残る風の門
片目だけの雨
手のひらの雨


はためくものがうずくま ....
空を横切る黒い線

手を繋いで風に揺られる

交差点では

信号無視の歩行者が

一人、渡ればまた一人

ヘッドライトの流れに飲み込まれていく

濃紺に反転する手前の空の鱗 ....
最近は毎日が
元気出したり
落ち込んだり
嬉々としたり
鬱々としたり
したりしたりの
繰り返しだ

それでも今日は

緑照り映え、陽光に
貴女の顔は、明るんで
悪くない、悪くな ....
住んでいる人しか知らない場所がある山を登れば絶景がある

少しでも歩けば汗が噴き出てくる迷路に近い路地で迷った

公園を出たり入ったりする子供たくさんの遊具順番待ち

街を見て穏やかそうに ....
人間はもっと自然に触れるべきストレス溜めない生き方目指す

散歩道街もいいけど山もいい季節で変わる植物の色

潮騒に誘われて行く砂浜へ夜になるほど音が良くなる

住み慣れた街の見慣れた景色 ....
コロナとか



知った事かよ





この柵を






柵をどけろよ
















藤 ....
〇 {ルビ頸=くび}伸べて{ルビ珠芽=むかご}の{ルビ痘痕=あばた}{ルビ野蒜=のびる}咲く


〇 {ルビ解=ほど}けては{ルビ雲散霧消=うんさんむせう}{ルビ茅=ちがや}の穗
冴え渡る赤信号のしずけさ
誰もいない青さの中にたたずむ
くやしさ敷きつめて眠れぬ夜となる
さびしんぼうの月あかりがそよいでいる
子供じみた言い訳で日が暮れてくる
たばこ眠れぬ夜を灰にするひと ....
〇 露ならで{ルビ常磐堅磐=ときはかきは}に{ルビ水竹葉=すいちくえふ}

〇 日々草と定家葛と旋回す

〇 しらじらと害意{ルビ轉=てん}じて{ルビ眞拆葛=まさきづら}

〇 白と黄と{ ....
疲れたら彼方から来る波に乗れ

ぜんぶ零れ落ちた後に残る零

熱冷めて夢から醒める朝の雨
ぼくの顔があの日の笑顔を覚えていた


あなたらしい誤字脱字を見て和んでいる


教室で誰かが語っていた世界


快適な温度の夏が来てほしい


冷たさの向こう側にあるあたたか ....
きみが答えるけらけらと笑いながら


声だけで呆れた顔をしてみせる


あなたが笑っているときの世界の色


すきな子の笑顔につられて笑ってる
 
 どうやら私は死んでしまったようだ。
私は葬式場の天井に実体の無い魂としてぼんやりと浮かんでいた。なぜ死んでしまったのか、よく思い出せない。体調不良になったような気もするし、何かの事故にあった ....
コンビニだけど、もうコンビニじゃない場所に、雨音がしみ込んてくる。

【密】の人はどこか楽しそうな、そんな雰囲気がある。
「失礼ですが、いくつか質問をしてよろしいでしょうか?」
【密】の人の言 ....
昨日、わたしが「便所板」と呼ぶところの投稿掲示板「文学極道」に
右肩さんという男が復帰しているのを発見した。
ずいぶんまえに、わたしが書いた『うつくしい日本の被災者のわたす』
という詩に噛み付い ....
{引用=【長歌】

「參詣都萬宮作謌一首并短謌」

{ルビ都萬=つま}の{ルビ宮=みや}に{ルビ參詣=まゐい}で{ルビ作=つく}れる{ルビ謌=うた}{ルビ一首=いつしゆ}{ルビ并=あは}せて{ ....
誰より上手く騙したつもり 早くひとりになりたそう


ハンドルネーム手ぬぐい一つ 前を隠さず顔隠す


恥ずかしいのは行為じゃなくて 自分と特定されること


猶予と往くか余裕と往く ....
高いギターでうんちく語り ボロンと鳴らし仕舞う人


素面じゃ{ルビ弾=ひ}かぬ吐くほど飲まず 歌の含みも酒で濡れ


部屋を片付け窓を開ければ 迷子の風も寄って往く


捨ててあげ ....
ご無沙汰しております。
田代です。
このたび2017年に発行した同人誌『東京パーラー同人』をPDFでオンライン公開いたしました。
どうぞお楽しみください。

【東京パーラー同人 目次】
こ ....
六義園を造営した徳川5代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保は、和歌をこよなく愛された方でもあり、
大名庭園で詩作の時間を過ごされてはいかが?

紅葉狩りは、今が一番良いころでした。

http ....
無料のホームページ作成スペースを提供してきたジオシティーズが今月いっぱい(2019年3月31日)でサービス終了します。そこで私が保存しておこうと思ったサイトがこれなんですが、おすすめもしておこうと思っ ....
 
自由詩
…最新3文書 投稿者 日付
花と灯り木立 悟20/6/3 20:09
電線とゆめ三月雨20/6/3 19:13
ひだかたけし20/6/3 19:06
 
短歌
…最新3文書 投稿者 日付
遊具夏川ゆう20/6/2 4:48
住み慣れた街20/5/26 5:23
コロナとか知った事かTAT20/5/23 22:19
 
俳句
…最新3文書 投稿者 日付
雲散霧消孤蓬20/5/31 19:27
インソムニア直治20/5/31 15:03
旋回孤蓬20/5/27 20:47
 
川柳
…最新3文書 投稿者 日付
朝の彼方から水宮うみ20/6/3 17:05
教わらない20/6/1 9:46
すきな声20/5/26 10:03
 
散文(批評随筆小説等)
…最新3文書 投稿者 日付
カップ 山人20/5/31 4:56
恋昇り11「合格」トビラ20/5/30 22:18
見ることが読むことである─という世界一輪車20/5/29 5:11
 
伝統定型各種
…最新3文書 投稿者 日付
參詣都萬宮作謌一首并短謌孤蓬19/12/31 9:27
なにが良いやら悪いやら 【都々逸】ただのみきや19/11/30 19:20
鬱憤に接吻 【都々逸】19/11/23 16:44
 
おすすめリンク
…最新3文書 投稿者 日付
東京パーラー同人PDF公開しました田代深子20/5/9 20:06
六義園の紅葉は、今が見どころ足立らどみ19/12/6 20:40
「あちあしてい」と「謎の小説」nemaru19/3/26 14:58
 
携帯写真+詩 <…終了したカテゴリ
 
未詩・独白 <…終了したカテゴリ
 
広告
 




ブログパーツ

Home
1.46sec.