Home    リズムをとる歯
おどる舌
口びる震えて
言葉は無くて

リズムのうちに
はさむ休止符
打って休んで
消えゆくうた

眠らぬ夜は
すでに過ぎ
覚醒のまま
深みに落ちてく ....
墓場に集まった猫達が
ズージャ語で聞かせてくれる
フォークロア

酒場に集まった犬達は
薄いビールを呑み込んで
叙情的なぬるい息を
メランコリックに吐き散らす

魂をなくした千鳥足ど ....
時雨の後退り
窓が泣くような音がする

時雨の後退り
窓が泣くような音がする

時雨

後退り


泣く
ような


する

時雨の後退り窓が泣くような音が ....
キライって
言われた記憶は灰色で
無かったことにし、太陽を浴びる



世界よりやさしい頽廃はないままに
刻む愛なら
純だと言い張る



膨らんだ胸の魔法の恨み節
 ....
「今日逢おう」急な仕事で駄目になる合わない時は合わない流れ

風強い今日は一日曇り空台風がくるもう近くにいる

福山の鞆の浦の古い町居心地の良い風吹き抜ける

果物屋甘い香りを漂わせる商店 ....
人前を憚らないで発情し身悶えてるよ愛しい猫が

鬱になる鬱にならない人の差を鬱になるほど思い悩むな

足りてでも満ちてないんだ毎日がそれがさびしい慰めをくれ

踏み切りの線路の上の陽炎か儚 ....
それでいい それがいいんだ そこがいい あの時の夕陽は真っ赤な嘘でした


たんぽぽのきいろい歓声陽の光


青空を雲がいっぴき歩いてく
降らさずにその色散らし雪柳

家着けば肩にひとひら桜かな

{ルビ筍=たけのこ}の切られ{ルビ茹=ゆ}でられ{ルビ形=なり}変はる

チラリズムちらちら{ルビ廻=まは}り散る桜

{ル ....
まどろみて 千里言う謡 山くだり
里村の鬼を眠らせ 夜祭り
人の声 聴こえぬ 言の葉 天高く
千早ふる 神代の舞いへ 降りそそぐ
雨となり 蕭々と 場を鎮め
さいあれば ポエムを持って ゆめのみち
颯爽とブタ骨がわり 咥え犬
君が為ありあけの空歩みだし
手抜きせず詫びもせずに堂々と
私(し)を離れてすべては調和 身をゆだね
公(ハム)かえば 八重歯で噛むよ 奇鼠かな

振り出しに戻って嘆く 春の宵

タスキ持ち 次の人待つ 時間切

 ....
ホーム | 詩投稿掲示板 | コラム | 発起人紹介 | 発起人バトル | 月間優良作品 | 年間各賞 | フォーラム | ブログ | ?
文学極道 フォーラム一覧
文学極道
― 新たなる世界 ....
「決定の瞬間は一種の狂気である」
とはkのいった言葉らしい。
昭和という時代は何かと無責任だった。
敗戦によって《カミ》が《ヒト》に
降格され生き延びる・・・など。
平成天皇はある意味で ....
 昔馴染みの友人と町を歩いていて、歩道の隅にけものの彫像が置かれている一角に差し掛かった。
「そういえば、この辺りで幽霊を見た、という話を聞いたことがある」
 何の気もなくそんな話を始めると友人は ....
発句 ペダルからぬげし紅下駄村若葉 草田男

脇 耳をすませば 月島雫
三句 生活の 音が聞こえる 多摩丘陵
四句 調べの和音 西風に乗る
五句 間に合わぬ 焦る気持ちの 坂登り
 ....
春眠の身の閂を皆外し 上野 泰

脇 ミミまで歩む ネコまでのろく
三句 お人好し じじばばタイにも気を配り
四句 走る仲達 おサカナ咥え
五句 天然の いとしさ され ....
面白き事もなき世を面白く 高杉晋作

脇句 きみが居たから 変わった世界
三句 死神は 上から目線 バカじゃない?
四句 真実なんてケ・セラー・セラー
五句 内心は 動けなかつた イトウ君! ....
無料のホームページ作成スペースを提供してきたジオシティーズが今月いっぱい(2019年3月31日)でサービス終了します。そこで私が保存しておこうと思ったサイトがこれなんですが、おすすめもしておこうと思っ .... 4月の勉強会のテーマ:こども向けの作品を書いてみる。
  詳細は、: 詩ヌマデアイ詩テ
http://po-m.com/forum/threadshow.php?did=316267
をご観覧 ....
MAC版の電子書籍作成のアプリ紹介です。

http://webcolors.webcrow.jp

作った電子書籍配布というか著作権はありますが
詩集の電子書籍公開してます。

htt ....
 
自由詩
…最新3文書 投稿者 日付
消えるうたシホ.N19/4/25 0:19
愚か者達の春Sisi19/4/25 0:19
僕らのワルキューレ中原 那由多19/4/24 22:31
 
短歌
…最新3文書 投稿者 日付
花の乱の愛秋葉竹19/4/24 23:36
鞆の浦夏川ゆう19/4/23 5:05
十首こたきひろし19/4/21 11:43
 
俳句
…最新3文書 投稿者 日付
無題菅井亮19/4/24 12:53
生きる色水宮うみ19/4/16 17:17
小さな忘れもの森田拓也19/4/13 13:36
 
川柳
…最新3文書 投稿者 日付
まどろみて 千里言う謡 山くだりらどみ19/4/21 23:20
まだ、みかいとう天の香具山19/4/13 11:47
振り出しに戻って嘆く 春の宵19/3/29 23:19
 
散文(批評随筆小説等)
…最新3文書 投稿者 日付
文学極道のアレ01 Cer...19/4/24 10:52
決定不可能な狂気レタレタ1919/4/23 12:42
再度の怪阪井マチ19/4/21 2:32
 
伝統定型各種
…最新3文書 投稿者 日付
勝手にひとり半歌仙/表六句らどみ19/4/21 14:39
19/4/7 10:16
19/3/23 6:33
 
おすすめリンク
…最新3文書 投稿者 日付
「あちあしてい」と「謎の小説」nemaru19/3/26 14:58
★ 4月の状況ハァモニィベ...16/4/2 12:50
電子書籍作成のススメMACようへい15/12/26 12:36
 
携帯写真+詩 <…終了したカテゴリ
 
未詩・独白 <…終了したカテゴリ
 
広告
 




ブログパーツ

Home
2.04sec.