〇 {ルビ梧桐花=ごとうくわ}や紅{ルビ仄=ほの}さすもさゝゞるも

〇 向日葵や化けたる{ルビ姥=うば}と乙女らと

〇 子燕を列ねとまらせ天の橋

〇 {ルビ巫鳥=しとゝ}啼く涼やかな ....
{ルビ夕立雲=ゆふだちぐも}雨より少し先に来て

競馬負け{ルビ夕立=ゆだち}に馬券{ルビ濡=ぬ}らさるる

江戸の人{ルビ夕立=ゆだち}に橋を走りけむ

{ルビ老鶯=らうあう}のひと声に ....
{ルビ兜虫=かぶとむし}ジャングルで色{ルビ炸裂=さくれつ}す

{ルビ密輸入=みつゆにふ}買はば{ルビ捕=つか}まる{ルビ兜虫=かぶとむし}

友にやり明日{ルビま=も}うをらぬ{ルビ兜虫= ....
{ルビ街灯=がいとう}の影揺らしけり{ルビ兜虫=かぶとむし}

{ルビ兜虫=かぶとむし}{ルビ児=こ}に一撃で{ルビ討=う}ち取らる

{ルビ枕辺=まくらべ}に{ルビ児=こ}や今日{ルビ捕=と ....
姿なき蝉の声する庭樹かな

降るやうに日ならず鳴かむ油蝉

一風の青田を撫づる銀波かな

朝のうち畑の放水虹の立つ

裏座敷身を横ざまに油照
氷レモン少しすつぱき思ひ{ルビ出=いで}

待ち伏せて{ルビ恋文=こひぶみ}渡しかき氷

君が去り寂しく溶くるかき氷

{ルビ爽=さは}やかな風が吹きけりかき氷

かき氷仔犬ちりちり鈴 ....
梅の実がぽとりと落ちて初夏の庭

薔薇も散りただ青々と風わたる

赤い尾が涼しげに揺れ金魚鉢
眉を剃り 生えてくるのを 待っている 動かない ビルの上の 動く空 チャーハンを 焦がすくらいに 君が好き あめかぜに暦の色も洗われる


浴衣縫うミシンの音が昼の夢


一枚の紙に刷りたし松林


憂鬱の答えを得たりかすみ草


アイスコーヒーいつも半分信じてる
かき氷{ルビ大盛=おほもり}{ルビ包=つゝ}む小さき手

差し色やかき氷の絵美しき

{ルビ陽=ひ}に{ルビ溶=と}くや食べ残したるかき氷

かき氷{ルビ食=た}ぶる少女も{ルビ透=す}き ....
{ルビ極道=ごくだう}の白き{ルビ粉=こな}ふるかき氷

{ルビ練乳=れんにゆ}切れおチチかけたるかき氷

血祭りの食品売場{ルビ児=こ}に見せぬ

祭見に地球に迫る宇宙人

祭見て{ ....
青い空 白い雲 黒い心 赤い血 無為徒食されど賜る夏ひと日

無事暮らす人の情けや立ち葵

晴れ晴れと野道行く手に夏の蝶

梅雨明の闇夜に光る金の星

老鶯の葉擦れ残して飛び立てり
祭前四条通りを洗ふ雨

{ルビ山鉾=やまほこ}を{ルビ淡=あは}く染めたる{ルビ夕景色=ゆふげしき}

{ルビ山鉾=やまほこ}の{ルビ十=じつ}点{ルビ零=れい}の{ルビ辻回=つじまは}し
 ....
〇 早咲きの{ルビ常山木=くさぎ}の赤や雨上る

〇 {ルビ蝸牛=まひまひ}を知らず踏割る咎の音

〇 {ルビ宿酔=しゆくすい}や蜘蛛の{ルビ網=い}におく露{ルビ耀=かぎ}る

〇 驟雨 ....
{ルビ神輿=みこし}{ルビ担=かつ}ぐプリッとしたる{ルビ男尻=をとこじり}

{ルビ障子=しやうじ}越し{ルビ神輿=みこし}の影の通りけり

{ルビ荒神輿=あらみこし}子供{ルビ神輿=みこし ....
〇 隧道の風{ルビ蒼朮=さうじゆつ}を焚くかをり

〇 隧道の風涼しさに瘴氣秘む

〇 {ルビ敬禮=きやうらい}の足もと蚯蚓渡りけり

〇 番ひたる{ルビ蜾蠃=すがる}ついつい飛び去りつ
 ....
{ルビ絵団扇=ゑうちは}の{ルビ煽=あふ}げば泳ぐ魚かな

{ルビ絵団扇=ゑうちは}に絵師{ルビ描=ゑが}きたる四季の{ルビ景=けい}

月下美人見れば吹き飛ぶ眠気かな

{ルビ内輪=うち ....
梅雨空に瞬きの無し一つだに

さして良し悪しきもあらず夏木陰

器量良し選りて撮りたる合歓の花

花蜜を独り占めして梅雨の蝶
{ルビ絵団扇=ゑうちは}の時を越えたる江戸{ルビ息吹=いぶき}

{ルビ絵団扇=ゑうちは}に江戸の絵いまも残りけり

おかま蛍持ちたる玉は一つかな

{ルビ死団扇=しうちは}に{ルビ無縁仏 ....
〇 錆色の{ルビ栗花=りつくわ}の根方棘{ルビ靑=あを}し

〇 {ルビ羊蹄=やうてい}の代赭に涸るゝ涅槃あり

〇 勝蟲の{ルビ吾=あ}に添うて飛ぶ{ルビ溪=けい}の水

〇 電線に身を ....
ひとり旅蛍見えたる宿の窓

{ルビ砕=くだ}け散る窓に散る{ルビ薔薇=ばら}{ルビ映=うつ}りけり

鮎盗み僕がポリスに釣られけり

{ルビ暗殺者=あんさつしや}胸に一輪{ルビ薔薇=ばら} ....
〇 糠雨にたゞ{ルビ蹲=つくば}うて赤蛙

〇 {ルビ爾=な}が尻に{ルビ賜=た}びな{ルビ繼子=まゝこ}の尻拭ひ

〇 {ルビ雨露=うろ}集め堪へぬ風情に野蒜の實

〇 {ルビ蚯蚓=きう ....
〇 {ルビ黴雨茸=つゆだけ}の人を試すや二つ三つ

〇 {ルビ山梔子=くちなし}に鼻を寄すれば蟻出でぬ

〇 純白の時は短し{ルビ支子=しゝ}の花

〇 {ルビ捩花=ねぢばな}の直ぐなるさ ....
諸処方々鬼さんこちら夏の蝶

夏の雨アガパンサスの色染めぬ

古土のサフランもどき水を乞ふ

爪立ちて李捥ぎたり残り雨
小石コロコロ そんなこの頃 〇 廢屋の屋根に黑猫{ルビ黴雨曇=つゆぐもり}

〇 廢屋に人影見えて蚊遣の火

〇 立葵それぞれ背く一つ屋根

〇 番犬の尻のみ見つゝ{ルビ蒼朮=をけら}焚く

〇 {ルビ凌霄花=の ....
{ルビ老鶯=らうあう}の早朝鳴くや{ルビ燻=いぶ}し銀

{ルビ夏雨=なつさめ}に砂山作る子も去りぬ

{ルビ盲人=まうじん}が点字蛍で光見る

日射しより{ルビ出=い}づる暗号{ルビ探= ....
俳句
タイトル 投稿者 Point 日付
梧桐花孤蓬118/7/22 7:10
夕立の中に小鳥森田拓也6*18/7/19 14:14
兜虫 五句1*18/7/17 20:48
1*18/7/14 12:29
蝉と猛暑笹峰霧子4*18/7/13 14:55
かき氷 六句森田拓也1+*18/7/12 18:34
初夏の三句Lisaco3*18/7/10 8:26
菅井亮418/7/9 21:44
218/7/9 21:42
チャーハン218/7/9 21:42
◇心模様渚鳥3*18/7/9 14:47
かき氷森田拓也2*18/7/9 13:20
夏 変な五句2*18/7/7 18:08
カラフルワールド菅井亮118/7/7 16:56
梅雨明間近笹峰霧子4*18/7/5 15:24
夏 六句森田拓也2*18/7/5 10:42
颶風過ぐ孤蓬2+18/7/3 19:22
夏 六句森田拓也2*18/7/1 18:05
中安居孤蓬218/6/30 10:25
夏 七句森田拓也2*18/6/30 8:28
梅雨の憩い笹峰霧子3+*18/6/28 6:29
夏 六句森田拓也1*18/6/27 16:55
洎夫藍擬孤蓬1+18/6/26 20:37
夏 五句森田拓也2*18/6/24 10:42
水見舞孤蓬218/6/24 9:37
夏至3+18/6/22 20:28
梅雨の庭笹峰霧子5*18/6/22 13:41
小石菅井亮018/6/21 20:50
緋と翠孤蓬2+18/6/21 20:33
夏 六句森田拓也1*18/6/21 19:23

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【俳句】季語を含む17音律「5.7.5」の俳句と、その形式を崩した自由律俳句、無季俳句などの俳句作品のみ受け付けます。俳句批評は散文のカテゴリへ。
0.27sec.