独り寝の夜を閉ざして雪は降る

寒いときゃじっと身を丸め子宮のなか

分かっているふりして寄り添い抱き締める
舞い狂う雪に別れは予感され

家族消え家は壊され雪野原

夢の果て終わる間際の雪しんしん
命果つ夢の終りに残る雪

{ルビ我=われ}に影のばしタンポポ一つ咲く

咲くと散る二つの{ルビ椿=つばき}夢で見る

明日あらば舞ふ蝶の絵を仕上げたし

{ルビ西門=サイモン}とガ ....
誰も居ぬ公園過る猫の顔

砂の城作っては壊す子がひとり

手袋のベンチに一つ凍っており
やはらかく初雪を置く芝の庭

初雪にしんと静まるワンルーム

エアコンを消して独り雪見酒
{ルビ己=おの}が色{ルビ水面=みなも}に映り{ルビ散椿=ちりつばき}

割るゝまで色を忘れずシャボン玉

風に声かけられ{ルビ廻=まは}り{ルビ風車=かざぐるま}

ぶらんこを揺らし深夜 ....
               
〇 赤ぐろき一輪のつと寒椿

〇 山ぎはの入日の{ルビ名殘=なごり}寒の浦

〇 梅の{ルビ與=むた}苺早咲き{ルビ山路=やまぢ}暮る
冬去りぬ{ルビ名残=なごり}に白き風残し

あの日より{ルビ凍雲=いてぐも}のごと時止まる

鳥過ぎて{ルビ小=ち}さき風{ルビ浴=あ}び{ルビ冬山路=ふゆやまぢ}

{ルビ寒雀=かんすゞ ....
独り在ることに触れいく冷気かな

気は動き沈黙のうちに充ちるもの

陶然と我独り在り静かなり
君去りて粉雪に{ルビ閉=し}む汽車の窓

{ルビ翅=はね}割らぬやうに{ルビ摘=つま}みつ{ルビ凍蝶=いててふ}を

押し葉なりみたび生{ルビ得=う}る落葉かな

{ルビ澄=す}まし顔 ....
成人の日の予備校の授業かな 雪小径 落つエロ本の あらわかな 今日{ルビ限=ぎ}りの映画のやうに終はる冬

降りにけり{ルビ掃=は}けど我が名を消す枯葉

{ルビ夜鴉=よがらす}も{ルビ黙=もく}し{ルビ流石=さすが}に除夜の鐘

初夢やいまも喫茶で ....
たつた今氷柱光となるところ 白鳥の舞い踊る岸雪は降り

神走る跡を追い追い御神渡り(おみわたり)

若菜落ち暗渠に響く人の声
雪舞へり{ルビ鷺=さぎ}の{ルビ白羽=はくう}の生む風に

並び咲く{ルビ侘助=わびすけ}ひとつ先に落つ

尾を出して猫眠りたる{ルビ炬燵=こたつ}かな

冬薔薇が香り異国の人の墓

 ....
窓をあけ やってきたのは 風ベイビー 元日によろしくお願いする片恋



たとえれば揺れてる独楽が生きること


初風を感じず大海ゆく帆船


初あかね真っ赤な血の香がにじむ夢




門松は大きなお家の玄関 ....
大年の停泊船の汽笛かな 大年に離れて暮らす我が子想う

晦日にも富士は茜に染まる威容

大年のざはめき寄せるワンルーム
熱燗に一年を汲み飲み干すよ



恋萎れアロエの花が咲いてるよ


足踏みし登場待つよ亥の子たち


マフラーの真っ赤に意味を与えるよ




近畿ではちくわぶの意味わか ....
のぼる坂道 続く道
見える爪先 続く道
ググるより グレてる俺を 探し出せ! 誕生日 白い雲に ありがとう 〇 {ルビ栴檀=せんだん}や目にけざけざと鈴の音

〇 {ルビ菝葜=さるかけ}の葉は飴色に日は{ルビ温=ぬく}し

〇 {ルビ萩=はぎ}咲きし道やはさうな{ルビ芒=すゝき}の穂

〇 遊具 ....
34 それは14の 乙女かな 〇 人採らぬ熟柿に目白{ルビ十=とを}ばかり

〇 身の丈の熟柿の{ルビ虛=うろ}に目白入る

〇 {ルビ石蕗=つは}の葉に紫式部埀れかゝる

〇 をちこちに{ルビ櫨=はぜ}{ルビ鏤=ちり ....
笑ゐ賭けコトバの呼氣へ血がかよう

相蒲団ゆびがこえさす星の宵

ヤき回る刹那に瀝ぐ夕黄金

愛の素地ユーモアセンス聖妻の

同じ旅コトバはどの星どの宇宙(そら)も

穢(え)自体 ....
沈黙を白く照らして冬の月

寒月や卒塔婆の梵字流れゆく

ワンルームマンションに独り月氷る
月よ月 ここは日本の 東京です
俳句
タイトル 投稿者 Point 日付
独り寝の夜ひだかたけし4+*19/2/16 2:32
雪野原(改訂)5+*19/2/15 19:27
Where The River Goes森田拓也4*19/2/14 23:04
記憶の公園にてひだかたけし4+19/2/13 19:18
初雪4+19/2/9 20:40
俳テンション森田拓也13*19/2/7 12:30
孤蓬219/2/1 20:07
エンディングテーマ森田拓也10*19/1/28 3:46
独り在るひだかたけし6+*19/1/17 19:33
夢のしずく森田拓也11*19/1/17 5:27
成人の日chihar...2*19/1/15 16:10
冬の風物詩パン☆どら1+*19/1/12 0:59
終わらぬ映画のように森田拓也12+*19/1/7 22:04
氷柱chihar...3*19/1/6 20:26
神走るひだかたけし4+19/1/2 20:37
冬のかけら森田拓也10+*19/1/2 17:52
菅井亮219/1/1 14:32
新年の詩でことほげるなら秋葉竹219/1/1 1:28
大年chihar...1*18/12/31 20:12
大晦日に三句ひだかたけし4+18/12/31 18:40
年の瀬の詩です夜秋葉竹318/12/31 12:14
続く道118/12/30 23:15
ググるより菅井亮118/12/30 14:36
誕生日118/12/30 14:05
松飾る孤蓬318/12/29 17:47
34菅井亮118/12/29 16:21
櫨赫然孤蓬218/12/27 18:35
talisman♪善最ぴっきゐ1+18/12/27 17:14
冬の月ひだかたけし5*18/12/26 19:44
菅井亮118/12/24 22:29

Home 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

【俳句】季語を含む17音律「5.7.5」の俳句と、その形式を崩した自由律俳句、無季俳句などの俳句作品のみ受け付けます。俳句批評は散文のカテゴリへ。
0.25sec.