その日/nonya
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- でこちゃん 
- 多紀 
- 北大路京介 
- ただのみきや 
- 殿上 童 
- 渡 ひろこ 
>裁かれない罪を自分の真ん中にしっかり抱え込んで
今の私に当てはまるフレーズです。
孝行したい時に親は無し…。
これは今の私の気持ちです。

親を亡くすということは、そういうことなのだな…と
あらためて思いました。。
- 夏美かをる 
私も3年前に父を亡くしました。海外住なので死に目に会えませんでした。お母様が最後に口にしたものが、きっとnonyaさんが差し出した苺だったのですね。nonyaさんのお気持ちは、必ずお母様に伝わっていると思います。自分も曲りなりに母になったので、分かります!
- 泡沫恋歌 
- 元親 ミッド 
- そらの珊瑚 
私にもいつか「その日」が来て
ちゃんとそれを受け止めなければいけないと思いました。
母は私に「親より先に逝くな」と言います。
その日まで頑張って生きなければと思います。

お母様、きっと幸せな最期であったのではないかと思いました。
- 芦沢 恵 
- 未有花 
- 乾 加津也 
- 梅昆布茶 
僕も今年母を送りました。
- まーつん 
- kauzak 
- るるりら 
- TAROぱっく 
- 窪田 
- AquArium 
突き刺さります。

いつまで経っても
なにがあっても
親は親でしかないのだと
思い知らされます。
- たま 
- 朧月 
こわいと思いました。
母と子は。
- イナエ 
- 三上あず 
- ……とある蛙 
- ボトルシップ 
- 吉岡ペペロ 
- 空丸ゆらぎ 
- salco 
 
作者より:
読んでくださって、ありがとうございます。

>渡 ひろこ さん
>夏美かをる さん
>為平 澪 さん
>そらの珊瑚 さん
>梅昆布茶 さん
>AquArium さん
>朧月 さん

温かいコメントや考えさせられるコメントを
ありがとうございます。
とても個人的な詩を書いてしまいました。
母は8年前に亡くなりましたが
いくつかの記憶はまだ鮮明に残っています。
いつかは書こうと思っていたのですが
やっと形にできました。


戻る Home
コメント更新ログ