すべてのおすすめ
人ひとりの命は地球より重いというのは
だいぶ重いね、重すぎだろう

人命を鴻毛の軽きにしてというのは
だいぶ軽いね、軽すぎだろう

せめて、体重分くらいは
目方増やしていきましょう

 ....
小市民的な幸せもいいけれど
雑魚の醜さも忘れないでください

一般人は無罪ではないと
僕、思うわけです

あれをして一般人と言われてしまうと
多く苦情が出る

冤罪だ、やめてくれと
 ....
死に方について考える
病院にいて面会もようせず
天井を見つめたまま死ぬ
どんな気持ちなんだろうと
怨念がおんねん

皆、あたりまえに
そういう死に方をしている
死ぬときは
畳の上で死 ....
詩を恥ずかしいと見る向きがある
リア充には

リア王ならそうは言わんだろうが
まぁいいだろう

僕には詩しかなかった
こんなに恥ずかしい人生になった以上

変態といってなんだというの ....
えぐい話が続く
えぐみとか、誰が求めているのですか

需要があるんですよ
凌辱ものとかあるでしょう

そんなものは求めとらんよぉ
熱闘消毒してみましょう

煮てみましょう、焼いてみま ....
涙の数だけ弱くなります
傷ついた分だけ狂暴になります

そうでしょう
それが人の性分

名もなき花はない
もし名前がなかったら
名前をつけてやる

大発見だ
かねてから
懸念していたことが
懸念していた通りに
それでも
助けたい

風船が
萎むように
あっという間
また
膨らまそう

人生は放物線
って垂直落下
してるでしょ
 ....
全然めでたくない正月がありまして
形ばかりの春が来まして

もうちょっと上げて行きましょう!
上がるわけあるかいや

気を揉んだってしょうがない
Let it be の精神で

そん ....
三十年
家に籠って暮らすのは不自然だ
しかしそれとて
生まれる以上に不自然ではない
奇跡はいつも起こっている

和姦がない
わかんない
いいよ、そんな言うならさ
セックスなんていらな ....
死にゆくときはことごとく厳しい

元気なときは生き方指南でほらも吹きまくったが

今は口数も少な、魂の信仰もないのでただ苦しい

私は幸せだったし、今も幸せだと思えるならいい

幸せ分 ....
雪が降り、はしゃぐ子どもと泣く大人

そこで子をぶっ飛ばしたら虐待だ

まず親がそして医療がとどめ挿し

殺伐とした世の中じゃいけません

回復し庭を見ながら雪見酒
従順さで囚人の憂いは免れぬ
自由を求め、逡巡するな
散々説かれ
陰惨な世に野垂れ死に

どうしようもなく
相手が悪いと
今、諦観す
百年残る普遍性……
三日前の投稿も
覚えていない
鮮度が命
刺身か

新しくなくても
いいと思うんです
井戸があったら
言っても詮無い
事だったが

一番は
一番責任が重い
 ....
芸能人と一般人だと
だいぶメンタリティ違うだろう

だってステージ下で
ピギーッて鳴くんだぜ

いえ、ピギーッとは鳴かないかと
しかし傲慢にもなる

だから芸人であるまえに
人間で ....
わ~い
自動ドアだぁ
裏で奴隷が
歯車を回す
人力で

わ~い
デジタルだぁ
裏で社畜が
データを入力
手作業で

この街がネオンで彩られるころ
あの街の空には爆弾が降り
 ....
安心したから眠いのだ

女から意気地なしとなじられて

意気地を振るう場面があったか

育児も振るわないってわけ

慢心したから責められる

暖かいから眠いのだ

蚊が飛んどる ....
これでいいのだ

言えばぶっ飛ばされそうな
木枯らしが吹く
秋の夕

僕は掛け値なしに
いいやつだった
それを知れただけで
俺たちは
満足なんだ

でも生活の問題は
据え置 ....
安全な
ところから
何を言う
わかりようもない
戦地の気持ち

はたして
ここは
安全か
裏路地に
死屍累々

熊も
わかってる
人が弱ってること
プーの面影も
テディ ....
父はお爺さんだ

戦中戦後の食糧難を思い
グルメだなんだと聞くと胸が悪くなると書いていた
食べるものが無ければ何だって、何だって……と

父の母のお婆ちゃんは
それをいい文章だとほめてい ....
女憎しのミソジニーに対して
おまえだってかーちゃんから生まれて
まんま作ってもらってるんだろ
と書いてる人がいた
かーちゃんが憎かったのだと思う

テレビはいつも度し難い
ロシア、中国を ....
あんまり失敗とか思わない
目指すものは? 人間的完成とするならば

精神病の荒廃状態をも知り得た
弱者に寄り添いなお立ち続けるという意味で

それに雨風をしのげて寝る床がある
追い詰めら ....
でも言ってましたよ~
病院で息子さんを亡くされた異国のお母さんが
まるで中世ですって

そこがジャ〇プの怖いところで
人権意識がないからな
人としてこんなのはいけないという一線を
平気で ....
曲がり方、昔は左今は右

過去に目を瞑るものは現在においても盲目になると
特攻隊を美化できる精神性とはいかなるものか

僕は今を見る
今も手もなく騙されて
コロコロ殺されてるのでは

 ....
アスファルトにフライパン置いて
目玉焼き焼けちゃうんですって
た、試してみたい
世間の奇人の評判を?
まぁいいだろう

暑い
しかし人間には耐性がある
こうして暑さに身を慣らせば
ど ....
ある社会で爆発的に精神病者の数が増えたというなら
何か問われなければならない、どうか

わりといいかげんにできてるんですねぇ、診断というのは
ごめんなさいね、ごめんなさいね

魔女、マジョ ....
お酒を飲んだときは、政治と宗教の話はしない
と書いたことがある
受け取られ方としては
前半部分は吹っ飛んだのである

「最近の若い者は」という落書きがピラミッドにもあった
と書いたことがあ ....
僕だって箱入り息子でしたのに

自戒もない改悛もなく慈悲もない

弱き者、汝の名ばかり女なり

生前に言えない君はまた屈す

偶像は人に被せし幻想を
人間は皆エゴイストだ
皆、自分が可愛いのだ

ワクチンにしても
母の身を案じているのではない
己の身を案じているのだ

つまり母に先立たれれば
僕は孤立無援
生きる能もない

そ ....
AIは文も書けるし絵も描けるしで
最近、覚醒した感があるな

隔世の感ですかな
いやまぁ、そうだけど

しかしまことしやかに
間違ったことも言うな

気にするな
知ったかの人間と思 ....
冷酷な奴だよと傍、聞こえてき

彼の何を知っているというのだか

いないとき悪口言う人信じるなと

いないから言うんじゃないか悪口は

対面で言えますか君、悪口を

言ったらばもう ....
ひだかたけしさんのりゅうさんさんおすすめリスト(57)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
目方の味方- りゅうさ ...自由詩3*24-6-1
荒らしにコフ- りゅうさ ...自由詩3*24-5-24
終活メモ- りゅうさ ...自由詩4*24-4-17
うしししし- りゅうさ ...自由詩2*24-4-13
料理できたら- りゅうさ ...自由詩3*24-3-27
さがサーガ- りゅうさ ...自由詩2*24-3-19
UFOにお願い- りゅうさ ...自由詩3*24-3-9
英会話レッスン- りゅうさ ...自由詩4*24-3-2
冷戦- りゅうさ ...自由詩3*24-2-19
病床の坊さん- りゅうさ ...自由詩424-2-11
雪と親子- りゅうさ ...川柳324-2-6
戦況- りゅうさ ...自由詩1*24-1-27
曇天に思うこと- りゅうさ ...自由詩5*24-1-20
著名人レシピ- りゅうさ ...自由詩3*24-1-12
クリスマス- りゅうさ ...自由詩8*23-12-23
暖冬に- りゅうさ ...自由詩1*23-12-17
隙間風- りゅうさ ...自由詩4*23-11-29
渦の中- りゅうさ ...自由詩4*23-11-5
父の思い出- りゅうさ ...自由詩5*23-11-2
時事を読む- りゅうさ ...自由詩4*23-10-4
キズモノ- りゅうさ ...自由詩3*23-9-30
精神医療は- りゅうさ ...自由詩2*23-9-3
曲がり方- りゅうさ ...自由詩123-8-20
酷暑の夕に- りゅうさ ...自由詩3*23-7-16
意味の節の外- りゅうさ ...自由詩123-7-8
貝になりたい- りゅうさ ...自由詩4*23-5-24
落花流水- りゅうさ ...川柳2*23-5-17
親不孝とは- りゅうさ ...自由詩2*23-5-1
口説けども- りゅうさ ...自由詩2*23-4-22
王様の耳は- りゅうさ ...川柳4*23-4-17

Home 次へ
1 2 
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する