「ねえ、日曜日の夜中2時に突然知らない女の子が訪ねてきて「来週の日曜日に東京を救え」って言われても困るよ。
だいたい僕は」
「ごちゃごちゃうっさいわねえ。あんたキンタマついてんの?」
「女の ....
 二〇一七年、猟銃を返納し三十年弱続いた猟人生にピリオドを打った。煩雑な更新手続きと、厳しい警察の検査、高額な費用。そして何よりも獲物の減少で銃を置くことにしたのだ。
 銃との出会いは、人に勧められ ....
困っています。
この歳になって太宰治が耳にこびりついて離れないのです。
そう、あの小説です。あの、通俗小説のように、半ば開き直って、
鼻くそをほじくるような文体で書かれた『トカトントン』。
ト ....
1. 脳科学者youtuber 茂木健一郎
【野党が「桜を見る会」を批判しても支持率が上がらない事実からわかるネット時代の生き方】
https://www.youtube.com/watch?v= ....
いつのまにか十月は過ぎて、ぼんやりした十一月、年の瀬をつま先に感じて葱を刻んでいる。
ねーままはさ。はなのどこがそんなに可愛いの?って質問、いちいち真剣に考えて、ほっぺなところだよ。とかどんどん ....
市営公園の駐車場に停めた車の中、運転席で仮眠までにも至ってもいなかった。意識が散らかってまとまりがついていない。が、疲労感は限界に近づいていて体は熟睡を求めているに違いなかったが、さすがに車の中では眠 .... きのう、「サンタはいる」とコメントしたのですが、しばらくしてそのコメントを消しました。
やっぱり「サンタはいない」^^ が正解じゃないかと思い直したからです。
そりゃつらいですよ、かなしいですよ「 ....
 四日、私たちは不調の機械をだましだまし使いながら、なんとか山林のノルマ面積を整備した。午前中、少し遅くなったが終わらせたのだった。
 軽四のワンボックスのエンジンを掛け、ヒーターを最大にする。防水 ....
考えてもみてほしい。
月収13万の男の給与が突然100万になれば生活は一変するだろう。
しかし、100万の給与が、今度は月1億になったからといって、生活はそれほど変わるものでもない。
別荘を買お ....
中村さんを尊敬してはいたがどうもわからない。人間はどうして遠い地で〈善行〉を行うのか? どうして身近なことにその〈善行〉をそそげないのか? そこに善行の秘密がある。遠隔地で善行を行う人が自国の駅前の改 .... 中国などが国家戦略として
莫大な金額を投下して
量子コンピュータを開発している

その狙いは暗号解読だ

暗号解読により
すべての国の重要な
国家情報を盗み見ることができる

その ....
八雲立つ・・・で始まる最古らしい詩(和歌)を
初めて知ったのは小学生5年くらいだっただろうか

今でも大好きな詩だ

素戔嗚命が詠んだ
あの頃よりも人間は進歩していない

いや退化して ....
 自分事で恐縮だが、二〇〇九年一二月、メビウスリングに初投稿。一年後、二〇一〇年、現代詩フォーラムに初投稿。
すでに、九年が過ぎた。
 当初、現代詩フォーラムは一日三作投稿しても良いとされ(今でも ....
課題詩『秋の霧』対応随筆

夜勤明けの朝には霧が深く立ち込めていることが、しばしばある。僕の住む地域は盆地であり、すり鉢の底に水が溜まるように霧も溜まり濃い霧の中に町は沈む。視界も悪くなるので、自 ....
日本人の庶民の暮らし
つまりライフのことですけれども
オリンピック開くどころではありません
安倍父子はとうの昔から山口殿とは
お知り合いなのでありまして
やっと他界しやがったヤスこと
 ....
楽しい詩は、何度読んでも、楽しいのに

古本屋で昭和の商業詩誌を探し求めてみれば?
既に「現代詩は死んだ」と宣っているからね。
最近は詩だけの棚を置いている本屋が少ない。
平成からマイナーだ ....
 前回の続きみたいな感じになってしまうが、杉の木の伐採はあれから数日で終わり、今は別現場で杉の二十年生物の周辺を除伐する作業に入っている。今回は、せいぜいコーラ缶の太さが最大径くらいで、使う機械は刈り .... テレビの海外ニュースは香港のことは沢山伝えても、ウイグル弾圧のニュースは皆無のように思うけど、
人権擁護を死守するなら、ウイグルからの情報を流してほしいと思うけど、どうなんだろうな。
当たり前だけど、中国共産党としては先ずは香港を牛耳りたいよな。

可哀想なのは、大国に踊らされている若い人だ。

ズルいのは、中国市場を活用して資本主義市場経済で財を成す人々。
ズルは当 ....
3日前に言った「しあさってはクリスマスのひと月まえ」って、

あれ、おかしかったよねー。

あッ!
って、おもったでしょ?
私は、たった今、おもった。

あッ、今日、ひと月 ....
 パソコンの前には昨日の昼食の食器が取り残されている。午前中の仕事上の失敗で食欲は珍しくまったくなかったのだ。
 勤労感謝の日に出勤し、その日はガシガシ木を伐り、かなり仕事量をこなしたのであった。二 ....
最近、ハマってる
どんなに落ち込んでいても笑顔になれる
youtube動画。
それが「ピーチフラワー」シリーズ。
とにかく一歳児のyukiちゃんが
食って食って食いまくる
暴れん坊ぶりが
 ....
自由と牢獄は似たようなものだが、
違いがあるとすれば、
牢獄とは他者から与えられる自由であり、
自由とは自らが縛りつける牢獄である。

三流メロドラマを観ていてふと思いついたので
ここに書 ....
難解な曲が多いビートルズの中期の作品の中で、異色ともいえ
る、驚くほどシンプルなこの曲。「ハロー」「グッドバイ」、
「ストップ」「ゴー」、「イエス」「ノー」など正反対の言葉
を曲の最後まで繰り返 ....
昔、カラスの死体はなぜ無いか?
とかいう本があって
バカバカしいので見てもいない

なぜって?

そんなこと知っているから

猫も鳥も魚も赤とんぼも
生き物すべての自然死の死体が
 ....
記者として経験を積み、取材先が増えてく
ると名刺交換でもらった枚数が400~500
枚位になってきた。大企業だと幾つかの部
署に取材し、また部長に取材したり、課長
に取材したり、担当者に取材す ....
 専門誌は僕が所属する産業機械分野は発行
部数が最も多く順調だったが、ほかの分野の
3誌は部数が伸び悩んでいた。売上高は社員
が40~50人いるにも関わらず3~4億円(後に
入る音楽事務所は社 ....
友人が不思議そうに言っていたのを思い出している
秋に蛍みたいなのが飛んでいた、と
それは蛍だよ
怪訝な顔を見せるでもなく
返事をする友人の頭は予想以上に薄くなっていたのを覚えている


 ....
 記者としての仕事は、楽しくやりがいがあっ
た。駆け出しの若僧でも取材先では一人前と
して扱ってもらった。もちろん、それは僕の
実力ではなく通信媒体を持っているためで、
取材は業界内、ライバル ....
 取材先は、三菱重工業、小松製作所、住友
重機械工業などのメーカー、三菱商事、三井
物産、伊藤忠商事などの商社、代理店、リー
ス・レンタル会社、通産省といったところだっ
た。取材対象は社長はじ ....
散文(批評随筆小説等)
タイトル 投稿者 Point 日付
中村、東京を救う~田中修子ちゃんに捧ぐクソ短編~フッカーチャ...019/12/12 19:56
十二月の散文に満たない雑文②山人4*19/12/12 8:42
『トカトントン』一輪車2*19/12/12 5:17
最近の文章142*19/12/11 13:12
答えのことはるな419/12/9 18:34
思椎の森で化石になってしまった 散文編こたきひろし3+19/12/8 10:30
最近の文章15一輪車4*19/12/8 8:19
日記帳より山人2*19/12/7 9:09
人類の最期に文学が立ちはだかる一輪車5*19/12/6 18:31
最近の文章14319/12/5 1:35
暗号解読の国家戦略・量子コンピュータst419/12/4 11:36
八重垣は超えられない丘白月019/12/4 10:19
現代詩フォーラム山人5*19/12/4 6:28
秋霧の朝に帆場蔵人2*19/12/4 0:58
アベリンピックをぶっ壊せ!レタレタ192*19/12/2 19:46
楽しい詩は、何度読んでも、楽しいのにらどみ2*19/12/2 1:52
十二月の散文に満たない雑文①山人2*19/12/1 6:11
米国務長官、ウイグル弾圧で中国に「弾圧政策やめよ」と要求(産 ...らどみ119/11/28 22:57
「超富裕層」の人口、香港がNYを抜き世界一 東京3位(CNN ...1*19/11/28 18:41
逆ギレ、ここに極まれり秋葉竹319/11/26 21:28
早朝の苦いインスタントコーヒー2杯目山人3*19/11/26 6:31
ぶっ飛ぶ一歳児 yukiちゃん!一輪車419/11/25 18:47
最近の文章132*19/11/24 10:11
ビートルズ・「ハロー・グッドバイ」の謎st519/11/23 11:06
なぜ死体が無いか丘白月219/11/23 7:46
自分史(業界誌記者時代5 ー 名刺500枚)日比津 開019/11/21 3:34
自分史(業界誌記者時代4 ー 組合活動)019/11/19 8:47
晩秋の夜山人6*19/11/18 7:35
自分史(業界誌記者時代3 ー やりがい、反響)日比津 開219/11/17 16:20
自分史(業界誌記者時代2 ー 記事)119/11/16 18:53

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 

【散文(批評随筆小説等)】散文詩は禁止。散文詩は自由詩のカテゴリへ。
0.32sec.