絵日記に架空の過去の空を描く


その時は寺で侍を待っていた


寝たいんや 寝たいんやけど 熱帯夜


「正」の正しくない書き順制覇する


うかぶ言葉たちといっしょに歩いて ....
狂句も 滅茶苦茶も 飽きたや 
またいつか 旅の空で 明日かも
この影とともにあるいてきた景色


席替えで、私ときみが隣となる


虫さんがひかりにひかれてやってきた


暗闇でひかってる音楽に聞く


光らない星でしずかに本を読む
聴きながら寝たらライブの夢をみた


電車の音 ねむる顔しか知らぬひと


よるの水たまりは鉄みたいな色


星々をゆめから醒めた目で見てる
思い出はきれいにデザインされていた


悲しみに暮れていたからくれた飴


明らかに、その月日は明るかった
航海したことを毎回後悔する


真夜中を泳ぐチョウチンアンコウさ


頭上にも右手のなかにも星がある
{引用=この先もこれまでもみな猫の{ルビ洞毛=ひげ}※}

望むでも{ルビ希=ねが}うでもなく雲の蝉


尻取りをしたい宇宙の尻尾まで


雲ひとつぽっちゃり浮かんで{ルビ嗤=わら}わ ....
 フィクション 唐変木 ハクション
 俄雨 知恵が降るか 痴が降るか
 ボケ防止 邪魔はダメよ スカタンだー
 気が付いた 赤信号も 必要だ
 煩悩の 滅却など やなこった
早朝の時間の流れかたが綺麗

頭上では雲が迷子になっている

夕焼けの音色 瞳にのこるひと

夜の窓 自動販売機のひかり
狂っても 狂い足りない おいらだよ
宗教家 自己満足の 権化だな
かっとんだ 発想あるよ 量り売り
真冬でも 素足素足 気持ちいい
美味い物 遠慮しーしー 盗み食い
                     {引用=☆盆暗は凡句らららと詠めばよし}

 欠伸した猫からぴょんと秋の空


 初秋の胡坐に灯る夜光虫


 涙より鼻ちょうちんの秋の雲
 ....
{引用=善光寺の庭を散策した折に浮かんだ句}



救われず{ルビ兜虫=かぶとむし}獲る午前二時


「害虫を捕獲してます」さよかいな


つんのめる先に大蟻おっとっと


 ....
胃散のむ 考えすぎの 油蝉


滑稽な おとことなって 蝉のこえ


蝉時雨 ひたいは汗の 遊水池
 仕事場は 緊張感ゼロ ら~くちん 
 狂ってる 感覚大事 あいうえお
 野に咲く 心の種に 命ある
 虫刺され キンカンぬった 八丁目
 暑い寒い 調度良いのが おいら帯
  
しかしほら何もしないねお上とは

人の夢食べて生き延び詫びたくて

もはやもう人の素行は気にならず

腑に落ちた骨身に染みる痛みこそ

鈴虫の音は聞こえるが暑すぎて

コロナでも熱 ....
夜になると、きみの影はきえる

軽やかにちいさな虫が飛んでいく

かわいい風が吹いていてうれしかった

あかるくて自分の言葉がかくれてる
お酒飲む代わりに短歌を書いている

大抵の紙たちは底へ昏れていく

俳句やん俳句やんこれ俳句やん

植え込みの中身を下見してみる犬
怠け者 毎度褒められ ズル休み    
天に向かって つば吐けば 己に還る  
マジック タネ明かし するなよ〜
金銀銅 溶けて流りゃ 皆同じ
時代劇 プレスの折り目 光ってる
 飯食うの 噛むの面倒 飽きちった
 壊れてる 頭と感情 楽しいよ
 おいらから アホ出汁取れば 聖人だ
 ダイヤモンド 漬物石の方が 役に立つ
 4K8K 老眼なので 32K48だ
 
能力を熊力と書いたのは態と

まるで丸みたいにみえる八角形

黒歴史 たくさんの色が混ざってる

てのひらのなかにひらがなみつけた日

バス停でコントラバスを弾いている
また夏に微睡んでいる 流れている

空っぽでからっとしてる空の色

未来には果てなどなくて夢をみた

目を瞑る たくさんの場所がひかっている
 人間の 不要発明 お金だな
 職場で アホな事だけ 思いつく
 宝くじ 買ったその場で 捨てちった
 ポリグラフ はい、はい、はい、、は 嘘ざんす
、まだ来ない 3日遅れの 知能指数
 毎度毎度 サボって生きる 問題なし
 少年の 心失くした エロおいら
 じゃんけん 隣りあわせの 3すくみ
 さんま高い 開き直って 缶詰か
 金無し 地位無しで しがらみ有り
 もういらん カタカナ言葉 無味乾燥
 恐がるな 先取り不安 甘えだよ
 この世は 色んな人いて 面白い
 出したもの 好きにしていいよ あなた任せ
 怠け者 呼吸だけは してるみたい
真っ白な世界にセミの声がある

言葉たちがぼくらの中で暮らしてる

みたことのない風景を聴いていた

いつもよりくだけたきみが笑ってる

日々を流れた時間たちと、また会いたい
大変だ 右脳と左脳が 右往左往

自分の脳の中で道に迷ったの

記憶たちが桜のように舞っている
 被ったら やっぱり変だ ナースキャップ
 神様より 今生きている 人間だ
 女装した ゲゲゲの鬼太郎 皆逃げる
 満腹だ 明日も頼む メタボ腹
 いつからだ ただの物は 空気だけ
 バカン ....
過去からの光が夜空に座ってる

音速を超えて心にとどく歌

最高の景色が見れる高い場所

晴れた日に、いろんな色が降ってくる
 四面楚歌 反面教師の 味がする
 ひまわりや 今日は暑いと 熱中症
 通貨ちゃん 通過速いよ シャイかな
 一貫性 たまにはずす 面白さ
 野花の色 摘んでしまったら 死んだ色
 手伝うよ ....
 名前彫る 金の延べ棒 もういらん
 あさってと 指切りしたよ サンタさん
 かび臭い おいらの言葉 さもあらん
 神様 お化けよりも 弱いんだ~
 エロ詐欺師 言葉狩りされ 廃業だ
 
川柳
タイトル 投稿者 Point 日付
熱帯夜水宮うみ1*20/9/18 14:56
飽きたあい うえお020/9/11 22:45
ひかりとなる水宮うみ020/9/9 9:21
夢に映る日々2*20/9/8 19:56
月が暮れる3*20/9/5 2:25
この夜1*20/9/1 19:44
猫のひげ道草次郎3*20/8/30 9:57
狂句24あい うえお020/8/28 20:29
浮かぶもの水宮うみ2*20/8/23 20:00
狂句23あい うえお020/8/21 20:34
猫あくび道草次郎020/8/19 23:43
虫のイキ2*20/8/17 18:37
020/8/17 18:16
狂句22あい うえお020/8/14 20:55
自粛下の獏りゅうさん1*20/8/14 6:25
かるさ水宮うみ1*20/8/10 22:14
川沿いの木1*20/8/9 8:26
狂句21あい うえお020/8/7 10:48
狂句⑳020/7/31 20:47
見つける水宮うみ1*20/7/31 1:01
眠るとき1*20/7/29 23:07
狂句⑲あい うえお120/7/29 19:50
狂句⑱020/7/26 9:24
狂句⑰120/7/23 9:07
声に暮らす水宮うみ2*20/7/19 13:12
のー020/7/18 13:14
狂句⑯あい うえお020/7/17 20:19
どきどきがとどく水宮うみ2*20/7/15 17:36
狂句⑮あい うえお020/7/14 19:25
狂句⑭020/7/12 14:55

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 

【川柳】17音律「5.7.5」を基本とした川柳作品のみ受け付けます。川柳批評は散文のカテゴリへ。
0.5sec.