秒針は砂漠の中にとけていく


夜行バスのように星を抱える人


いつも、この手は温かさ放ってる


やわらかいカーテンと世界がゆれる
青色の携帯電話で撮った空


風のように心がまだ動いてる


雲のあいだを歩いてる人と犬


立ち止まっては朗らかに青く澄む
実感から生まれた空のはしっこ


意味もなく地味に一味を探してる


知らないよ 一字一句の一の字も


思考の渦を泳いでる金魚の眼
タワレコのCDの匂い吸いにいきたい


ピックじゃなくパンツを投げるミュージシャン


まったく輝いていない謎の明かり


スーパースターが光速で飛んでいく
触の日に虚実交じりて歌合戦 星光るタンスの奥に猫の国




風の夜メロンの飴を売りに来る




ねじれてる瞳の中のお菓子箱




裁縫を教わる度に消えてゆく




梅雨のこと傷つけ ....
抽斗で抽象的な像になる


雨上り 昼下りの坂道下る


記憶から見ると光になる笑顔


目を瞑るように箱の中をあるく
虚無感と実感混ざって複素感


歩くという行為がわたしの家だった


良い酔いの宵、いよいよよ よよいのよい。


時計みたいなメトロノームだけ鳴っている
水槽に流れるおだやかな時間


他者だったことを忘れて声になる


春色の初夏 黒板へ吹いた風


思い出せない想い出を持っている
ベランダの風が本体の人だった


あの時代自体が次第に時代劇


甘いお菓子は
甘い記憶になった


過去と陸続きの海が鳴っている


評論がひょろーんと長く伸びていく
立ち止まり止まらない川を見ていた


太陽のおかげで日蔭ができている


風が吹きクジラのように動く影


自転車と同じ速度の夏が来る
誰もいない町に佇んでいる言葉


つめたさに目覚めた朝の冷めた夢


有限の湯気が光になっていく


ここにない声を再生している風


何もないただ大切な季節だった
夕焼けが寝転んでいるニ年前


何も知らないから知らない場所にいる


俯くと五臓六腑も俯いた


夕暮れが立ち上がるまで影と待つ
校庭の日かげで涼しい風浴びた


いつまでも響く十七音だった


雪解けのように時間が解いた問い


読んだ人それぞれにうまれるフィクション


その週に周囲の鯛を調べたい
 ....
 
「ポエムしか勝たん!」と言ってみたものの
 
 
 今まさに試されている現フォ愛
 
一秒ごとに散っていく桜たち


雨粒のひとつひとつに町がある


絶滅した場所に手紙を書いている


ワカメたち一秒ごとに増えていく


数年の呼吸 だれかとともにいた
 
 閑古鳥只今ポエム自粛中
 
 
 現フォにも要請来たの?無観客
 
心地いい五線譜の上 止まる時間


あの時には桜は咲いていたのかな


誰かが眠ったこと考えている
人の瞳にだけ映っていた幻


からっぽが呼吸している無風の箱


各々のどうしようもなく遠い個々


花畑みたいな色の花が咲く
きみがぼくに付けたぼくより大きい傷



夕焼けの有限の星で眠った



隙間から、ひかりが声を発してる



月の宛先は腕の先 つめを切る
存在しないものばかり浮かぶ窓


新作の昔話を書き上げる


すいめんに水だった雲ゆれている


飲食禁止の貼り紙食べるヤギ
嘘なんかいつもついてる四月馬鹿

入社式先輩風で風邪をひく

花粉症霞んでるのは目か空か

春の雷見て見ぬふりの自己嫌悪

誕生日もうロウソクは増やさない
この声がとおくの場所で鳴っている



赤や黄や緑が春に揺れている



思い入れのある思い出の出入口



春の蟲轟々と蠢く車



満月がめちゃくちゃキラーンて ....
吐く息や言葉で景色がくもっていく



あなたの知らない朝にあなたを知る



喫茶店 メロンソーダ色の記憶
          自由律、再投稿
{引用=いろいろ至らない所がありますが、}


 どうでも良 いけど、ねえ、髪 切らないの?


 馬鹿ね。アタ シたちオバサン とオッサンよ

 ....
草木たち 話に花を咲かせてる



星はひとみたいに滅んでまた星に



「ないっすか? ナイスな椅子は」「ないっすね」



かき氷みたいな色の穏やかさ



人 ....
悠久のおしりが放つ悠久の屁 悲しみを抽象的にした言葉



ノリノリで私は駄菓子を食べている



本来の未来が見本でやって来た



句点の先にある空を見つめてる。
川柳
タイトル 投稿者 Point 日付
この手があった水宮うみ1*21/5/30 16:15
青く流れる3*21/5/29 23:07
泥だんご転がした021/5/28 0:36
光の香り1*21/5/26 15:43
ひっかけ(今日は何の日?)足立らどみ4*21/5/26 4:00
ささやきがやさしいふるる9*21/5/24 23:41
心像水宮うみ1*21/5/23 14:32
足した日々のこと2*21/5/22 21:57
鰓呼吸3*21/5/19 19:41
うんとほんとう2*21/5/16 19:14
轟々と煌々と動く2*21/5/14 16:32
バス停の透明3*21/5/11 15:42
夕焼けのタイトル5*21/5/11 15:40
うまれる2*21/5/11 15:39
「ポエムしか勝たん!」と言ってみたものの。花邑吠ゆる021/5/6 6:15
今まさに試されている現フォ愛。121/5/1 5:56
自然数水宮うみ2*21/4/28 13:02
閑古鳥只今ポエム自粛中。花邑吠ゆる021/4/28 5:40
現フォにも要請来たの?無観客。121/4/28 5:07
ときどきとまる水宮うみ4*21/4/23 13:39
見たい7*21/4/20 21:23
つめあと2*21/4/17 17:02
昔話2*21/4/14 17:50
君も僕も四月TwoRiv...4*21/4/13 19:43
巡る蠢く春めく水宮うみ021/4/10 22:52
何も言わない空が眩しい3*21/4/5 19:16
蕎麦屋にて墨晶2*21/4/3 5:51
花の輪水宮うみ4*21/4/2 16:51
悠久古本屋ETF...221/3/31 9:38
点る水宮うみ2*21/3/26 11:05

Home 戻る 最新へ 次へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 

【川柳】17音律「5.7.5」を基本とした川柳作品のみ受け付けます。川柳批評は散文のカテゴリへ。
0.36sec.