君よ ひつぎに爪をお立てなさい
嗚呼 なんといびつに枯ればむ狂騒よ
爪音に滲む土のにおいよ
かなで落つるすべての草花と樹木の根のねいろよ
毟れたその爪よ 寂びた血で凝固したその爪よ
君よ ひ ....
重く重くぶれた日の或るひかり
カーテンのない窓辺には
マークと名づけた鉄線の花が一鉢
そのひかりを啄ばんでいる

今日お母さんの夢をみた
あたしを掬いあげてほほ笑んでいた
ああ、あたしは ....
逆巻いてゆく梅の旋毛の音
毛羽立ってゆく空の繊毛の音
双生の呼吸は必然と呼応し震えあって
楽想となりまだ鋭い風に乗る

独り春の闇を知らない
その冬化粧がだいぶ薄れた君の横顔
ふいに孤を ....
どん底(3)
タイトル カテゴリ Point 日付
爪音自由詩205/5/15 12:46
マーク自由詩005/4/17 20:23
露命自由詩205/4/3 17:50

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
0.07sec.