水の都
ダーザイン

雨を連れてきた少女が
優しいソプラノで歌い
美しい夢を見た男たちは
花嫁の所在を探し求めて女たちを殴りつけ
少女は如雨露でうす桃色の野花に水をやり
男たちは銃砲店を襲撃し
花園には霧が立ち込めて湿性をおび
男たちはテロリストとなって失踪し
打ち付ける雨は激しさを増し
如雨露から流れ出る清い水も激しさを増し
青い馬がいたという風聞が巷に立ち
少女の桜色のワンピースはびしょ濡れで
大理石の舗石を激しく雨が打ち
男たちはスターリングラードの将兵たちの
くたびれた外套のように
雨に打たれて黙々と行軍し
雲間から光の帯が幾筋も射すと
路上には明色の海の気配が立ち現れて
青い馬は冠水した街路を駈け
水路と舗道の境界は消え
祝祭の気配を感じ取った住民たちは
真紅の旗を振りかざし
幾つもの顔が
パレードの執り行われる水路に沿った
アパートの窓に張り付いて
男たちは懲りることもなく
死の恐怖で鞭打つのだ
死の恐怖で鞭打つのだと女たちを殴りつけ
少女は冠水した街を
青い馬の背に乗ってゆっくりと進み
男たちは山荘に立てこもって総括し
花婿たるべく自己変革が足りないのだと
総括の果てに同志を次々と撲殺し
少女はアベマリアを歌い
男たちは駆けつけた警官隊を銃撃し
少女は銀のソプラノでアベマリアを歌い
警官隊はクレーン車に吊るした大きな鉄球で
山荘を打ち壊し
少女は天使の光輪を戴冠して
粛々と水の都を進み
子供たちが冠水した街路を泳ぎだす頃には
山荘にも海が迫り
地下深く埋められた男たちの葬列は
粛々と進み
水没したサンマルコ広場では
カフェラテを飲む花嫁たちが
夢敗れた男たちを見送ると
波の漂いのままに身を任せ
家々の赤い屋根へと
花びらのように散っていくのだ

やわらかい青空と
家々の舗石を浸す水が照らしあい
光の水路はすべての消え行く者たちを
えいえんの相の下に照らしだし
ゴンドラに立つ桜色のワンピースの少女は
両手を広げ
光の羽を広げ
優しい声の弔いの歌が
水の都に響きわたる

ネオベネチア
海の呼び声が聞こえる街


自由詩 水の都 Copyright ダーザイン 2006-09-29 00:58:01縦
notebook Home 戻る  過去 未来