くだらねぇ、と叫べば
帆場蔵人

バイオリンが弾いてみたかった

しらねぇよバカやろー、と犬に言われ
そりゃそうだわ、と泣いているからね
もう駄目なんだろうと始発とすれ違う

なんでもありませんよ、と千回繰り返してる
二枚舌のバイリンガル、バイオリンが弾きたい
出来心のつぶやき、今夜は月が綺麗ですね、なんて
どいつもこいつも眼を泳がせてちゃんとみてみろよ
ちゃんと罵って馬鹿にしてくれよ、なぁ、犬よ
バイオリンを弾いてみたかったんだ、なぁ

わ、おん……と月に叫んでみたんだ
バイオリンよりよほど似合ってたよ
二枚舌を引っこ抜いて、そうしてさ
バイオリンが弾いてみたかった、と
わおん、わ、おぉん、と叫んだのさ

負け犬だろうさ、だけれどさ
叫べば叫ぶそれだけでバイオリンの
あの音にそれはどこか似てたのさ

終電のアナウンス、しらねぇやバカやろー
すれ違うように雲が晴れて月が綺麗ですね
バイオリンを弾いてみたかった、それだけ


自由詩 くだらねぇ、と叫べば Copyright 帆場蔵人 2021-05-30 20:10:44縦
notebook Home 戻る  過去 未来