居酒屋にて
帆場蔵人

揚げ過ぎたコロッケ食っとるんや

キャベツなんて高過ぎて買えんしな
なぁ、野菜くれんか、屑でええから
えッ、無理なんやろ、わかっとんや 

そんなもんやから
あのキャベツ畑に
行ったんや、死体でも
転がってそうな夜やった

あそこらは昔、コレラの患者がようさんでて
ひい爺さんは焼き場からあぶれた死体の前で
脅しの番をしとったんや、親族でも近寄らせん

生きとるんか死んどるんか
ビクビクしてたんやないか
番に立つ爺さんが一番怖い

もうそんなん、皆んな忘れて、あの角の地蔵さんが
おどしの地蔵さんて言われて病い快癒の御利益しか
覚えてないんやからなぁ、世間なんてそんなもんや

カラス除けのビニールが、パラパラ
畑の夜を叩いて、地面に顔出しとる
キャベツが黙ってこっちをみとった

なぁ、お前らも世間なんてそんなもんや思うやろ
狩られて出荷されて喰われるだけ、ひとつぐらい
俺がもうて何が悪いんや、何しても変わらへん

キャベツの首をひとつ、ふたつ狩り、みっつ目を
手にして顔を上げたときにな、菜の花がみえた
菜の花は綺麗やなぁ、蝶々がようさん、俺も
あんなかの一匹やったかもしれん、いまや
蛾やけどな、一匹逸れて、我をはってな

空を飛べたんはいつの事やったやろなぁ
蛾がぱっとお月さんに当たって消えたら
背筋がな、ピシャリと伸びてしもたんや

グェ、グェェグェッェェェ、ッ、ッッ……

蛙がないたんか、手から落ちたキャベツが
足を打って俺がないたんか、わからへん
キャベツというキャベツがこっちをみとる
葉に隠された眼、あれは、誰の眼なんや

堪忍や、堪忍やで、堪忍や……

なんやお月さんに叱られとる気がして
もうがむっしゃらに走って逃げたんや
ほんで22円のコロッケ、食べとんや、なぁ
兄さん、悪いことはやっぱりできへんもんやな

ハゲ鷲みたいな爺さんは
ひとのビールを飲み干し
ゲップしてひとの手羽先
骨までしゃぶるしゃぶる

キャベツ食べ放題、
終了のお知らせが貼られ
注文をしてないコロッケが
まぁるい月みたいに置き去られ
齧れば三日月がみえる

揚げすぎたコロッケ食っとんや、水槽の蛙が
げぇぇぇこ、爺さんはいつの間にか、いない


自由詩 居酒屋にて Copyright 帆場蔵人 2021-05-16 22:24:05縦
notebook Home 戻る  過去 未来