水槽/春日線香
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 鵜飼千代子 
- Lucy 
- 暁い夕日 
日常のきりとりでしょうか。不思議な気持ちにいざなってくれます。布団と水槽が相まって、最後主人公が布団ではなく(実際は布団な
のですが)布団ではなく水槽に入ってしまった感が素晴らしく、
感動いたしました。
- 間村長 
- 詩徒(しと) 
- ryou 
- 空丸ゆらぎ・続 
- Lisaco 
- 長崎螢太 
- 青の群れ 
- 未有花 
- 田中修子 
不安定な安定、というか、なんだか、自分の記憶のすみにみたことのあるような風景のような。とても不思議で、すてきです。
- ネン 
- もとこ 
- 山人 
読みやすくシンプル。しかしとても魅力的。これは何なんだろう。
自分もこんな詩を目指すべきだよなぁ、とふと思いました。
- そらの珊瑚 
わたしにもありました、そういう水槽が。
- 由木名緒美 
- 宵闇 
- Rabbies Diary 
水槽は今でもきっとあるような気がしてきました。今風にいえばバランスドアクアリウムですね。

戻る Home
コメント更新ログ