私を閉じ込めないで/夏美かをる
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- Lucy 
渇望することの痛々しさと純粋さが描かれていると思います。、
- 梅昆布茶 
やばいです。
かをるさんにだけ内在するもの
エネルギー
コントロール
叙情。
心服です。
- ただのみきや 
なんとも怖くて魅力的です。
献身的独占欲。
でも単なる男女の関係ではなく詩作との関わりを感じました。
- 殿上 童 
- ヒヤシンス 
- 芦沢 恵 
- こひもともひこ 
ブラボー!
- 北大路京介 
- 宣井龍人 
こんにちは。良いですね。ドキッとしました(笑)。
- そらの珊瑚 
ネットで詩が読める時代、その功罪について問われたような気がしました。
紙の詩集の叫び、みたいです。
- たま 
「一冊の私」なのですね。日々、進歩してその分、増えてゆくページ。でも、生まれたときに定められたページ分しか生きられない。そんな「私」が、すでに見えているのでしょうか。
まだまだ白紙のページがたくさん残っていますよ。老け込まないように^0^
- 乱太郎 
- 為平 澪 
私を束ねないで
新川 和江さんの詩集の「私を束ねないで」
の現代版みたいでした^^
- keigo 
- nonya 
ちょっとビックリ(笑) 女性はこれが書けるから羨ましい。
- ドクダミ五十号 
私に貴女を、いいえ、貴方の言葉を抱き締める資格なんてありません。いくら愛していても無理なんです。告白します。愛しています。遠い距離が一層に思いを増幅致しますが、邪念はsりません。単に「素敵な女性とその言葉」を愛していると。
- 朝焼彩茜色 
- でこちゃん 
- tamami 
- ふわふわ 
- 泡沫恋歌 
新川和江さんの「私を束ねないで」を
彷彿させられました。
いい詩ですね。私は好きです!
- 石田とわ 
艶やか。きっと頁をめくるその指先はやさしいまでに愛撫するのでしょうね。わたしも今日詩集を一冊買いました。
- とよよん 
紙の詩集は柔らかなイメージでしたが、確かにそのような秘めた情熱を持ち合わせていそうですね。
- 元親 ミッド 
かっこいい!
- あおい満月 
 
作者より:
既に何人かの方々からはポイントをいただいていたのですが、修正させていただきました。すみません。具体的には、10、11行目を追加、また、ラストは

ゆっくり朽ちていくために
泉湧く深い森の中
私は生まれてきたのですから

となっていたのですが、対象をもっと絞ったほうがいいかなぁ…という気がしてきたので、‘詩集’という具体的な言葉を入れました。タイトルは『私は詩集』にしようかな〜とずっと迷っていたのですが、最初から種明かししてしまうのもなぁ〜と思って、あのようにしました。ああ、詩作って難しい…悩んでばかりです。精進します!

*****************************************

- 松岡真弓様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
修正前の作品を読んで下さったので、何について書いているのか、ピンとこなかったかもしれませんが、おっしゃいますように“渇望することの痛々しさと純粋さが描かれている”ということは確かです。いつもいつも松岡さんの深い洞察力に感服しております。

- 梅昆布茶様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
実生活での欲求不満を時々ぶつけたくなるんです(笑)。‘心服’などという、身に余るお言葉を頂き、大変光栄に感じると共に、これからも精進しなければ、と心が引き締まりました。丁寧に読み取って下さり、ありがとうございます。 

- 羽根様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
 
- ただのみきや様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
怖いと感じていただけて嬉しいです。そう、ちょっと怖い感じも出したかったのです。 
‘献身的独占欲’とはすばらしいまとめ!その通りです。そして、‘単なる男女の関係ではなく詩作との関わり’←修正前の作品をお読み下さったのに、この洞察はズバリ!的を得ています!

- 殿上 童様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- ヒヤシンス様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- 芦沢 恵様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 

- こひもともひこ様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
ブラボー!←とても嬉しいです。ありがとうございます。未だに‘詩集’と言わずに、読者の想像に任せたほうがいいのかな〜、って優柔不断に悩んでますが、この一言がこひもさんからいただけて、とても嬉しいです。

- 北大路京介様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。  

- 宣井 龍人様:こんにちは。この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
そして、コメントもありがとうございます。‘良い’と感じて下さって、大変嬉しいです。今はまだ夢の段階ですが、将来詩集を出版したいな〜、出すのならデジタルでなくて、紙の形で出したいな〜と思っております。 

− そらの珊瑚様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
私自身とても時代遅れのアナログ人間のため、新聞も本も詩集もやっぱり紙の形で読むのが好きです。紙の出版物が無くならないことを強く願っていまが、そのうち学校の教科書なんかも紙じゃなくなっちゃうかもしれませんね。

- たま様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
この詩に込められた私の思いまで丁寧に読み取って下さり、ちょっと恥ずかしいような、でも、とても嬉しい気分になっております。“生まれたときに定められたページ分しか生きられない。”−ああ、確かにそうですね。はっとしました。励ましをありがとうございます。歳と共に加速的に劣化する自分にがっかりすることの多い今日この頃ですが、せめて詩の中では、時に艶かしさを表現していきたいと思っております。

- 設定解除様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
再度お読み下さったご様子、感謝します。改訂されてよかった、というお言葉を賜り、ほっとしております。私としましては、対象となる言葉をそのまま作品に投入しないで、イメージで伝えることも詩の真髄かな〜と思って挑戦してみたのですが、力量・技量が足りなくて、対象がぼやけてしまったのでは、元も子もありませんね。改めて、詩作の奥深さ、難しさを感じました。まだまだ修行の身なので、これからも、楽しみながらも精進したいと思っております。
 
- 乱太郎様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- ねむのき様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
- はちすずめ様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- とわ子様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
 
- 為平 澪様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
新川さんのその詩は私の大好きな詩のひとつです。彼女の詩の足元にも及びませんが、色々と生きにくい毎日の生活から抜け出すことはできないけれど、せめて心は自由でいたい、という願いは共通なのかもしれません。

- keigo様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
 
- nonya様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
ちょっとビックリさせてしまいましたか!(笑) それはよかった!!!自分の詩作の傾向が同じパターンに陥らないようにしたいな〜と思っていたところなので、驚いていただけて嬉しいです!ばばあでも、妄想の中では艶かしくなれます(笑)!それでストレス解消???

-ドクダミ五十号様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
素敵な告白をありがとうございます。こちらに登録させていただいてから、2年以上経ちますが、それぞれの人生を歩みながら、真摯に詩作と向き合っている方々が多くいらっしゃることが分かり、以来自分の人生も詩もこちらで磨かせていただいております。これからも、皆様の詩を読んで勉強しながら、皆様の心に残る言葉を発せられるよう、精進したいと思いますので、よろしくお願いします。

- 朝焼彩茜色様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
- でこちゃん様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- tamami様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- マギリ様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
- 都リル様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 

- 泡沫恋歌様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
その詩は大好きな詩なので、この詩を作る時にどうしても意識してしまいましたが、同時に私なりの解釈で自由に書いてやろう!ということも念頭に置きました。気に入っていただけて、大変嬉しいです。現代のテクノロジーに全くついていけていない、おばさんの叫びの詩です!

- 十六夜KOKO様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
“艶やか”な詩といったら、KOKOさんの詩にはかないませんが、そう言っていただけて嬉しい限りです。私はやっぱり紙の臭いや手触りが好きなので、詩集は紙で読みたいです。KOKOさんはどの詩集を買われたのでしょうか?KOKOさんに読んでもらえるなんて、幸せな詩集です。

- とよよん様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
紙は木からできているので、なんというか切り取られた木の生命力が紙にこもっているような気もします。そしてその紙の上に言霊が置かれることにより、木の生命が再び目覚めるような…そんなイメージかもしれません。 

- 元親 ミッド様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 
かっこいい!-この一言、とても嬉しいです!おばさんがそんな風に言われることはないですからね。とっても、とっても嬉しいです。ありがとうございます。

- あおい満月様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。
- 佐藤太様:この詩をご評価下さり、ありがとうございます。 

訂正履歴:
10、11行目挿入。対象をはっきりさせたほうがいいかな?と思い直したので、ラストを具体的にしました。14-12-2 16:08

戻る Home
コメント更新ログ